HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

今、売れてます/藤崎本店−オリジナル中元セット「『仙台の美味』組み合わせ」

 仙台市青葉区の百貨店・藤崎本店の特設会場では、お中元の受注が佳境を迎えている。イチ押しは地元仙台の名産食料品を集めた同店オリジナルの「仙台小箱」と「仙台ゆらり」。仙台の名産品といえば、笹(ささ)かまぼこや牛タン、海産物―と種類が豊富。
 そんな仙台の「おいしいものをちょっとずつ、食べきりサイズで」(広報)贈るというもの。贈り先の趣味、趣向に合わせて名産品の組み合わせを自由に選べる。「相手のことを考えながら選ぶ楽しさ」(同)が人気のポイントだ。
 「仙台小箱」は19品の名産品から選ぶ。3品選べる三段と、5品の五段の2種類を用意。人気の名産品は「白謙の蒲鉾」(笹かまぼこ)や仙台銘菓「萩の月」が定番。気仙沼の「ふかひれスープ」といった珍味も受けがある。包装にも工夫を凝らす。箱を重箱のように重ね、再利用可能なささ色の風呂敷で包む。
 贈り先がお酒好きの人なら「仙台ゆらり」がお薦め。仙台の地酒6種類の中から2種類と、名産品を9品の中から2品選べる。お酒は「浦霞」や「一ノ蔵」が人気。「届いたその日から、仙台の名産品をさかなに晩酌が楽しめる」(広報)。
 「仙台小箱」は06年に発売して大好評だった。全国の百貨店で類似商品を生んでいる。今年は昨年の3倍の3万個の売り上げを見込む。
 【イチ押し製品】
 ●仙台小箱 三段(3675円)
 ●仙台小箱 五段(5775円)
 ●仙台ゆらり(4935円) 


【2007年7月30日 日刊工業新聞社】