HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

経済産業公報

佐賀県

地元の商社・窯元との共同作業によるプロジェクトチーム「匠の蔵」
株式会社 百田陶園

至高の焼酎グラス

至高の焼酎グラス

至高の徳利&盃

至高の徳利&盃

 約400年の歴史を持つ有田焼の産地、佐賀県有田町。大有田焼振興協同組合によると、有田・伊万里地域を中心とした陶磁器産地の生産出荷額は、ピークだった92年の約661億円から、05年では約210億円と当時の約32%にまで落ち込んでいます。

 こうした中、取組みの発起人となった株式会社百田陶園の百田憲由社長の「地域の資源と技術を活用し、時代に合わせたものにしていかないと産業として成り立たない」という切迫した思いから、有田焼卸団地協同組合青年部を中心とした、地域資源の有田焼を使った新たな取り組み「匠の蔵」が生まれ、現在、成果を上げつつあります。(「匠の蔵」の"匠"は窯元、"蔵"は陶磁器商社を指します)

 従来の「窯元は製品を作るだけ」、「陶磁器商社は製品を売るだけ」という業界内の役割分担・固定観念を捨て、共同作業によるプロジェクト「匠の蔵」シリーズが誕生しました。機能性にこだわり、消費者が好みによって選択できるよう、デザインや価格を広く設定したところが、有田の取組みとしての新しさのひとつになっています。

 05年11月に発売を開始した「至高の焼酎グラス」は、07年5月末時点で14万個を売上げるヒット商品となっています。グラスは共通の形とし、6窯元が独自性ある絵付けを行い、有田焼卸団地協同組合の会員である23商社が販売を担当しており、売れ行きは現在も好調さを維持しています。

 06年11月には、「至福の徳利&盃」を発売しました。杜氏からの意見や電機メーカーの助言を取り入れ、電子レンジで温めることができる商品としました。現在、12窯元が参加しています。

 現在、次なる商品シリーズの開発にも着手しており、「商品のネーミングを含め、何事も先入観を持ち込まないこととしており、新商品のシリーズ化を通じて、ブランドを長く維持し続けたい」(同)と意気込んでおり、今後、販路拡大を通じて全国的な認知度向上を狙っています。


[経済産業公報掲載日]2007年08月09日

会社概要

社名:(株)百田陶園
住所:佐賀県西松浦郡有田町赤坂 有田焼卸団地
電話:0955-42-2519
URL:http://momota-touen.jp/

関連リンク