HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

経済産業公報

石川県

磁器とガラスを融合した「九谷和グラス」誕生
清峰堂 株式会社

ペアワイン・冷酒セット

ペアワイン・冷酒セット

 清峰堂株式会社は、石川県能美市で九谷焼の製造卸販売をしており、今年で創業43年です。「九谷焼を通して世相をみてきた」と社長はいいます。

 絢爛豪華なイメージの九谷焼は、もともと記念品や贈答品として人気を博していました。バブル景気、企業の創立記念や永年勤続の記念品などとして、大きな花瓶が何百個、何千個と売れました。ところがバブル経済が崩壊、これらの注文は激減し、九谷焼業界全体が火の消えた状態になりました。

 同社は頭を切り替え、「期待される九谷焼の持つ世界を生かしつつ、これからの生活様式に合う商品開発」が急務と考えました。そんな矢先、ワインブームなどで「多様化した食のスタイルに合う食器がほしい」という声がありました。それまでは、金属の足と九谷焼磁器を接合したワイングラスを製造販売していましたが、今度は「外側からワインの色も楽しめ、しかも和の空間でも調和がとれるグラス」を作ろうと商品開発に取組みました。

 最初は金属を接着する方法で試みたものの失敗。試行錯誤の日々数年、磁器とガラスの表面を特殊処理することで、接合部に強度と安定性を兼ね備えた商品がようやく完成しました。そして、「さらに確固たる特長を持たせよう」という意見を社員が抱き、足部分の絵付けは全て「手描き」にこだわり、ガラスは東京の地場産業「江戸吹きガラス」にこだわりました。商品名は、当初の商品コンセプトにちなんだ「九谷和グラス」と命名。今、その名は少しずつではありますが、確実に広がっています。

 2006年10月、グッドデザイン賞(新領域デザイン部門)受賞という嬉しい知らせに社員が沸きました。そしてそれは、世に広がり出す大きなきっかけにもなりました。現在、ワイングラスなど7種類ですが、ニーズに応え幅広く展開していきたいといいます。また、生産体制の見直しにより、現在年間約7,000個の販売数を30,000個までに拡大し、海外への進出も考えています。同社が、誰よりも「九谷和グラス」の可能性を楽しみにしているのです。


[経済産業公報掲載日]2007年06月14日

会社概要

社名:清峰堂(株)
住所:石川県能美市新保町48
電話:0761-57-2133
URL:http://www.seihou-do.com/

関連リンク