HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

経済産業公報

大分県

多様な滞在型・観光交流型のウェルネス産業の創出
NPO法人ハットウ・オンパク

町中の秘湯巡りの風景

町中の秘湯巡りの風景

 別府市が最も隆盛を誇ったのは昭和40年代後半から50年代前半。別府温泉は、厳密には「浜脇」、「別府」、「亀川」、「鉄輪」、「観海寺」、「堀田」、「柴石」、「明礬」の8つの温泉郷からなっており、地元では「別府八湯(はっとう)」と呼んでいます。当時は、九州をはじめ、全国から修学旅行の団体など、年間1,200万人もの観光客が訪れていました。

 その後、日本人の旅行スタイルの変化などから、団体旅行の減少を主な要因に、大型ホテルが建ち並ぶ歓楽型の団体客を中心とした温泉地・別府から観光客は減少してしまいました。

 近年の別府市の宿泊者数は、年間約400万人(ピーク時は600万人)。そこで、別府観光を復興しようと、NPO法人「ハットウ・オンパク」の代表理事を務める鶴田浩一郎氏(ホテルニューツルタ社長)らが取り組んだのが「ハットウ・オンパク(別府八湯温泉泊覧会)」です。

ヨガ&ヒーリングスパの風景

ヨガ&ヒーリングスパの風景

 平成13年から年2回開催している「ハットウ・オンパク」は、「別府温泉で元気+綺麗になる」をテーマに「健康」や「美」、「癒し」、「食」などを切り口にして、別府の特徴ある地域資源を紹介・活用した多種多様なプログラムを提供するものです。鶴田社長は、別府の将来像を「地域固有の文化に根ざした保養滞在型温泉地にし、温泉ウェルネス産業の創出」と提唱しています。

 平成19年春(5/11〜6/3)に開催したハットウ・オンパクでは、「原点回帰、新たな出発」をテーマに、約100種類のプログラムを実施しました。今では、別府の観光になくてはならない存在となっています。

 ハットウ・オンパクは、別府のノウハウを全国の温泉地に提供し、滞在型の温泉地づくりを目指す温泉地間の交流を拡げていくことを目指しています。例えば、北海道の函館では「はこだて湯の川オンパク」がハットウ・オンパクの支援・協力のもとで、平成18年10月に開催されました。今後、ハットウ・オンパクでは、オンパクプログラムの充実とともに、長野県や福島県の温泉地との交流など、取組みの拡大を計画しています。


[経済産業公報掲載日]2007年06月07日

会社概要

社名:NPO法人ハットウ・オンパク
住所:大分県別府市楠町17-5別府商工会館1F
電話:0977-22-0401
URL:https://www.onpaku.jp/com/

関連リンク