HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

経済産業公報

千葉県

自活して産業・文化・情報化の拠点に
枇杷倶楽部

枇杷倶楽部

枇杷倶楽部

商品のラインナップ1

商品のラインナップ1

商品のラインナップ2

商品のラインナップ2

 枇杷倶楽部は、房州びわの名産地、南房総市富浦町に位置し、平成5年11月の開設以来、「産業と文化、情報の拠点」となることをめざし、特産の枇杷加工事業と商品開発、体験型観光農業による南房総の集客アップを積極的に目指し、地域振興に邁進してきました。

 枇杷倶楽部は、富浦特産で大粒の『枇杷(びわ)』にちなみ、また、たくさんの出会いのある『倶楽部』となる願いが込められ、命名されました。

 初夏の味覚である特産のびわを使った商品開発では、今まで使われていなかった市場に出荷されないキズびわを農家から買い取り、びわの半割、スライス、ピューレの3種類の1次加工処理を施した原料を使い、今ではびわ関連グッズは40アイテムを超えています。

 また、周辺の味覚狩りや食事、体験などを受注する着地型の「一括受発注システム」を構築し、年間4千台のバスツアー誘致を成功させ、花摘みやイチゴ狩りを楽しむ早春の南房総観光の足がかりを築きました。

 さらに、鮮度の高い地域情報を継続的に発信し、「みる度に変わるページ」を目指して、広域的な観光情報サイト「南房総いいとこどり」を開設し、昨年の年間アクセス数は175万件を超えました。このほか、地域の文化人が講師となり、様々な人生観を共感するひとときを楽しむ枇杷倶楽部茶論、地域の方が文化の場を発表するギャラリーなど、文化活動も地道に取組み、地域の文化人の登竜門となっています。

 地域の捨て石となり周辺地域への波及効果を強く意識して事業展開した結果、全国道の駅グランプリ2000で最優秀賞を受賞いたしました。今後は、南房総エリアの道の駅との連携事業を拡大し、広域的な観光プロモーション活動や着地型旅行商品開発、道の駅に訪れたお客様を地域内に導く里の駅のシステム化など、今後も地域の捨て石となって地域振興に取り組んでいきたいと思います。


[経済産業公報掲載日]2007年04月12日

会社概要

社名:枇杷倶楽部
住所:千葉県南房総市富浦町青木123-1
電話:0470-33-4611
URL:http://www.yamagatakoubou.jp/j/index.html

関連リンク