HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

いきいき活用事例

東京

「モダンな伝統工芸」の江戸切子を目指す

有限会社熊倉硝子工芸・熊倉隆一社長

有限会社熊倉硝子工芸・熊倉隆一社長

江戸切子とランプ

 熊倉硝子工房のショールーム「華硝」につながる玄関を照らすのは、シェードが江戸切子でつくられたシャンデリア。中に入るとワイングラスや焼酎グラスと並んで、瑠璃(るり)色、紅色などの江戸切子ランプが出迎える。繊細なカットを施していながらガラス特有のごつごつとした感触がなく、明かりがやさしさを帯びている。

 江戸切子は天保5年(1834年)に江戸大伝馬町で発祥した。透明なガラスの上に色を付けたガラスを重ね、籠目や魚子(ななこ)といった紋様の彫刻を施しているのが特徴だ。幕末に黒船で来航したペリー提督が、その技術に感嘆したというエピソードが残っている。江戸切子の工房は江東区・墨田区に多い。これにはかつては運河が発達していたため、製作に使う燃料や材料を運びやすかったという背景がある。同工房では江戸川区で製造されたガラスを用いており、熊倉隆一社長は「自信をもって『東京』を発信したい」と語る。

 江戸切子というと"伝統工芸"がイメージされがちだ。しかし熊倉社長は、伝統を尊重しつつもその枠にとらわれない江戸切子を追求していると話す。シャンデリアやランプと江戸切子との融合もそのような試みの一環と言える。一見不思議な組み合わせにも思えるが熊倉社長は「新しいのではなく当たり前のこと」と言い切る。「世界に1つだけしかないもの」とのコンセプトでジュエリー製作にも取り組んでいる。「華硝」や東京のギャラリーのみならず海外でも作品展を開き、現代の江戸切子の魅力を広く知らしめている。

最低限の人数で最高品質を目指す

手作業で精巧なカットが施された江戸切子ランプのシェード

手作業で精巧なカットが施された江戸切子ランプのシェード

 約20年前まではOEM(相手先ブランド生産)中心だったが低価格化を求める業者の方針に疑問を抱き、直販に切り替えた。決して廉価ではないにも関わらず、住宅街の一角にある「華硝」に足を運び製品に触れ、丁寧な説明を聞いて購入していく若者は増えている。大手企業からも海外出張の土産物などとして引き合いが多い。"edokiriko"をアドレスに取り入れたホームページを業界でいち早く開設し、通信販売にも力を入れている。

 同工房の製品の特徴は、全工程を人の手によって仕上げていることだ。磨きの作業には硫酸などの劇薬を使う方法もあるが、手磨きにすることで色の鮮やかさや強度、カットの鋭さが保たれる。また独自に考案した紋様3点を意匠登録しており、その一つ「米つなぎ」を活かしたワイングラスは今夏、トヨタ自動車のCMに起用された。

 同工房に限らず江戸切子の工房は後継者不足とは縁遠く、むしろ就職希望者が多いため断っているケースが多い。スタッフは7人程度と小規模だが「最低限の人数で最高品質の製品を生み出している」と熊倉社長は自負する。「大きくなる必要はない。小さくても最高と言える企業はあるし、小さいことがステータスになることもある」。中国産などの廉価な江戸切子が出回っている現状にも「影響はない」という。鉛を一切用いないなど環境にも配慮している。これからも「すごい物をすごい値段で売っているすごい店」(熊倉社長)を貫き続ける構えだ。

【コメント】熊倉隆一社長
次に続いてこその伝統工芸

工房には若いスタッフが多い

工房には若いスタッフが多い

 江戸切子の長所は「分かりやすい美しさ」。知識がなくても、純粋に「わぁ、綺麗」と感動して若者や海外からの客が買っていく。今の若者は目が肥えており、お墨付きや知名度ではなく、自分の心に響くか否かでモノの価値を判断している。英文のホームページや説明書を設け、英語が話せるスタッフもいる。いつでもどこの国でも応じられるだけの技術や準備はあると思っている。それは新たなチャレンジを忘れず、感性を研ぎ澄まし「本物」を追求しているからだ。時代は変化しており、過去を受け継ぐだけの伝統工芸を目指すのでは衰退してしまう。次に続いて初めて伝統と言える。

会社概要

会社名:有限会社熊倉硝子工芸(店舗:株式会社 江戸切子の店華硝)
住所:東京都江東区亀戸3-49-21
業種:江戸切子の製造
電話:03-3681-2585
URL:(熊倉硝子工芸)(華硝)