HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

いきいき活用事例

千葉

オレンジ芋のブランド化

千葉県菓子工業組合・高橋弘之 組合長

千葉県菓子工業組合・高橋弘之組合長

ビワやピーナツよりも生産されているサツマイモにこだわった

 千葉県産のサツマイモを使ったオレンジ色のスイートポテト。2007年2月から実施される千葉県の観光誘致を図るデスティネーションキャンペーンの効果もあり、発売から売れ行きは順調。「秋に収穫して冷凍保存している芋のペーストが夏にはなくなってしまうかも」(高橋弘之千葉県菓子工業組合会長)とうれしい悲鳴を上げる。

 「ビワやピーナツよりも生産されているのに、いまひとつお菓子材料としては注目されていない千葉県産のサツマイモを使いたかった」(同)とこだわりを見せる。千葉県産のサツマイモはベニアズマと名付けられている。ブランド力があって、生産量と値段の変動が少ないベニアズマに目を付けた。

 サツマイモを使った菓子や食品は全国で作られている。独自色を出すために北米原産のオレンジ芋の使用を思いつく。鮮やかな色彩が食欲をそそり、物珍しさが消費者の好奇心を刺激すると予想した。偶然オレンジ芋が千葉県香取市の農家で生産されているのを知り、早速取り寄せた。

 甘みや舌触りなど何度も組合員で話し合った結果、ベニアズマとオレンジ芋を50%ずつ配合することに決まった。千葉県産ということで千葉県の旧国名である総(ふさ)を取って「総そだち」という製品名に。しかし商品化にめどがつき始めたころ、菓子店舗を経営するほかの組合員から不安の声が漏れだした。

 「自社で現在作って販売しているサツマイモのお菓子とバッティングしてしまう」と顔を曇らせたという。この結果、共同開発メンバーのうち、何人かがメンバーを外れた。

 また、ペースト状にしたオレンジ芋を保存する冷凍庫がない店舗もあり、原料調達の不安も同時期に出始めた。原料の調達から冷凍保存までを商社に任せることで安定供給の道を確保したが、「コストの問題もあり、冷凍庫を買って自ら原料調達したいのが本音」と漏らす。

千葉県内全域で製造・販売し、浸透を図る

 開発当初に千葉県中小企業中央会から20万円の補助を受けた。現在は地場の食材を使った商品の開発を促す県主催の食料産業クラスターに参加し、開発費用の半額補助を申請している。「冷凍庫を買うなどのインフラを整備して、同商品を作る店舗を増やしていきたい」と意気込む。

 目標売上高は初年度3,000万円。「千葉の土産品のほか、贈答品として定着してほしい」と県民に浸透する大切さを強調する。開発メンバー19社の大半は菓子製造業者。直販しているのは2社のみで、流通ルートを使って県内の大手スーパーや百貨店などでの販売することがほとんど。「賞味期限が14日しかないから作ってすぐに売れる直販が理想だが…」と話す。

 強みは千葉県菓子組合の19社が参加していることだ。北は野田市から南は館山市までが同一規格の均質な商品を作る。県内の限定された地域の商品ではなく、県内全域で製造し販売しているため、商品がいち早く浸透することが期待される。「ベニアズマだけでなく千葉の食材を加工して、同商品をシリーズ化したい」と意欲を見せる。

 「まだまだ知名度の低いオレンジ芋のブランド化が、今後の展開の鍵を握る」と予測。緑黄色野菜の栄養素に代表されるβカロチンが通常のイモよりも多く含まれており、健康に良いことをアピールするセミナーを計画している。地域資源を活用したからには、まず県内の消費者に、優れた商品性を広めることが先決という認識だ。

欧州のデザインとの出会い

スイートポテト「総そだち」

スイートポテト「総そだち」

【コメント】高橋弘之組合長
安定的な原料調達を

 地元農産物の地域資源を活用する場合、農業や水産業などにかかわる人たちとの信頼関係が大切だ。意識や価値観が違って、思うように動いてくれないことも多い。

 生産者にとっては天候や季節による生産状況の変動は当然だが、加工して販売する側は時期など言っていられない。天候によって原料が計画的に調達できない場合も想定するべきだ。販売数も未知数なうえに、原料調達状況も不確定。事前の段取りが非常に重要になってくる。

 広島のもみじまんじゅうや京都の八つ橋などは地域ブランドを活用した例。原料は地場以外で調達しているから、多くのルートを確保して安定的に生産できている。地元の食材を使うことだけが、地域ブランドのある商品になるとは限らない。さまざまな状況を理解してから取り組んで欲しい。

会社概要

団体名:千葉県菓子工業組合
住所:千葉市中央区栄町41-3
業種:菓子製造・販売
電話:043-225-0153
URL:http://www.chuokai-chiba.or.jp/kashi/index.html