HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

いきいき活用事例

兵庫

鞄産地でネットを通じた独自商品開発にチャレンジ

バッグワークス・高島茂広社長

バッグワークス・高島茂広社長

独自ブランド発信のファクトリーショップへ一新

 バッグワークス(兵庫県豊岡市、高島茂広社長)はバッグ、ケースなどの鞄、袋物製造、販売業者。従業員8人で売上高約1億円と、鞄産地の豊岡では中堅どころ。創業55年だが、高島商店として法人化してから51年目を迎えたばかり。

 1973年に豊岡市内を北流する円山川沿いに造成され豊岡鞄団地(豊岡鞄工業センター)へ進出。2000年に現社名へ変更している。2004年秋には、台風による円山川の水害で事務所、工場の機能が停止してしまうが、復興への取り組みの中で翌年には本格的に「バッグワークス・ブランド」製品を開発、発信していくためのファクトリーショップへ装いを一新した。あわせて2007年春にはインターネットのホームページを進化させ、双方向通信にウエート置く「ウェブ2.0」ベースのシステムを立ち上げ、ユーザーと直結しての独自製品開発にチャレンジしている。

 豊岡鞄のルーツは、円山川の淀みや周りの湿地帯に自生する「コリヤナギ」を使った柳行李などの杞柳(きりゅう)製品。1000年を超える歴史があり、奈良正倉院に伝えられる「柳筥」(柳行李)は豊岡のある但馬地方から上納されたものと言われる。

 柳行李は軽く容量性や通気性、耐久性などに優れて、衣類などの保存容器として重宝された。江戸時代には京極藩の保護奨励策もあって原料手当てから生産者、産地問屋を経て大阪、江戸などへ出荷される杞柳製品の製造、流通ルートができあがる。明治に入りトランク型の「行李鞄」が登場。これが近代的な豊岡鞄へとつながっていく。昭和に入ると鞄素材として木綿やパルプ繊維を硬化した「堅紙(ヴァルカナイズファイバー)」が主流を占めるようになり、ファイバー鞄の隆盛は戦後まで続く。その後は塩化ビニールレザー、キャンバスなどの布帛類、合成皮革といったさまざまな新素材が加わってくる。

 戦後の高度成長時代に豊岡の鞄産地も急速に発展した。とくに塩化ビニールレザーなどで製造された輸出用の鞄は1968年の最盛期までに年率50%近い伸びを示し、仕向け地としては米国向けが80%以上を占めていた。しかしその後は急激な円高、オイルショックなどで需要が停滞。輸出の減少は国内需要へ切り替え、生産コスト削減のため中国などでの生産も始まって産地全体としては、東京、大阪、名古屋と並ぶ4大鞄産地の一角を守ってきた。ただ産地問屋が産地メーカーに代わって中国などで生産した製品の取扱量を増やすに従い、材料商、メーカー、卸・貿易業者と産地ぐるみ一体となった分業体制は崩れてくる。

産地ぐるみの分業から独自の生き残り模索

独自ブランド製品のパソコンバッグ

独自ブランド製品のパソコンバッグ

 産地メーカーも力のあるところは直接、大阪などの問屋や小売店と取引するようになるが、問屋などに比べ比較的小規模な企業が多いメーカーには廃業するところも多かった。いずれにしても生き残りのため、産地外問屋のルートを開発して相手先商標(OEM)生産や独自ブランドの製品を開発、独自販売ルートを開拓にしていくなど必死の努力が求められることになった。

 こうした苦境に追い込まれた産地メーカーの中でバッグワークスは、ホームページに活路を見出した。1996年ごろから取り組みを始めたのが、徐々に企業などからの特注鞄の受注につながり始め、約10年たってようやくネットを通じた各種業務用ケースの受注生産が軌道に乗ってきた。加えてパソコンバッグなどで独自ブランド展開のきっかけもつかみ始めており、新たなウェブ2.0システム立ち上げでこれを本格化しようというもの。

【コメント】高島茂広社長
地域ブランド認定をわがものに

作業場の様子

作業場の様子

 伝統工芸品の柳行李から始まった古い産地の中で、われわれメーカーは唯一産地問屋を通じてだけユーザーとつながっていたといっていい。ユーザーの好みや意向、デザインや素材の流行などを知るにも、基本的に問屋さんへ任していた。バブル絶頂期に約350億円あった出荷高が3分の1近くまで落ち込むまで、ユーザーの顔が見えてないのに気づかなかったのはうかつだった。私が理事長を務める兵庫県鞄工業組合は2006年11月に地域団体商標(地域ブランド)として「豊岡鞄」の登録認定を受けた。これは2001年から取り組んだデザイン塾事業などを通じて盛り上がったユーザーに直結する独自ブランドづくり、品質保証への思いが結実したものだ。当社としてはこの地域ブランドと両立する形でユーザー参加のブランド製品づくりのシステムを考えている。他のメーカーにしても産地ブランドをどう自分のものにしていくかは課題だろう。

会社概要

会社名:バッグワークス株式会社
住所:兵庫県豊岡市九日市上町767−4
業種:鞄製造業
電話:0796-29-3344
URL:http://www.bagworks.co.jp