HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

いきいき活用事例

群馬

独自技術と伝統工芸を融合させただるま型マウス

アクテブライズ・高橋佳樹社長

アクテブライズ・高橋佳樹社長

脱下請け目指し自社製品開発

 張り子の「縁起だるま」発祥の地とされる少林山達磨寺(群馬県高崎市)。この達磨寺から10キロメートルほど離れた高崎市中里見町に本社を構えるのがアクテブライズだ。

 創業は2005年1月。電子基板の製造、照明器具の組み立て業務が全事業の約8割を占める。残り2割がオリジナル製品の企画、製造、販売。「この先、下請けの仕事だけでは厳しい。生き残るにはメーカーになることが必至」と高橋佳樹社長は話す。

 起業時に開発を進めた製品は球体の(パソコン用)USBマウス。特徴的なのは、その形状だけではなく機能にある。一般的なマウスは、その底面をマウスパッドなどに接触させて操作する。同社が目指したのは、マウスを持ち上げ、任意の方向に傾けるだけでカーソルの移動が可能なものだ。

 しかし、その回路の開発には苦労がつきなかったという。特に開発の最終段階で「デスクトップ型のパソコンでは支障なく作動したが、ノートパソコンではマウスが認識されないという問題が生じた。後にモニターのバックライトが干渉して、不具合が発生していることがわかったのだが、これを排除する技術が難しく、公設試験場に聞いても解決できなかった」(同)。

 ついに独自の回路「空間方向感知システム」が完成した時には、取りかかりから3カ月が過ぎていたという。

たまたま目に入った「だるま」

生産量の8割が高崎市産という、だるま(写真は「ダルマウス」に使われるタイプとは別)。

生産量の8割が高崎市産という、だるま(写真は「ダルマウス」に使われるタイプとは別)。

 回路は完成したが、それを搭載するマウスの形状については、球体以外にもアイデアがつきなかった。その一つがパソコンのヘビーユーザー層に人気のあるアニメキャラクターだった。しかし金型製造だけに500万円かかるという見積もりを受け、創業初年度で資金繰りに苦しく、断念せざるを得なかった。

 そうした中で「たまたま目に入った」(同)のが、だるまだった。「七転び八起きのだるまのイメージと、マウスの操作方法が一致した」(同)というひらめきもあり、だるま型マウス「ダルマウス」の製造を決めた。

 偶然にも高校時代の友人が、だるま製造業者であったことから、話を持ちかけ快諾された。高橋社長は「だるまをだるま用途以外に製品化する、つまりだるまの高付加価値化を求める業者は少なくないのでは」と話す。こうした業者の思惑と高橋社長のアイデアが合致し「ダルマウス」の誕生となった。

 05年8月に「ダルマウス」の販売を自社のホームページ(HP)で開始した。時を同じくして、県の工業振興課が報道機関に同社についてのプレスリリースを配布したことから、地元紙に取り上げられるようになった。

 また高橋社長がPC関連のウェブページに商品情報を提供、掲載されたことを契機に「社員しか見る人がいなかったHPのアクセスが、1日で1万件以上になった」(同)。それ以後、新聞、雑誌、テレビなどの取材依頼が途切れることはなく「最低でも月に1度は取材されている」(同)という。

 肝心の販売状況だが、これまでの売り上げ個数は総計で約300。「損益分岐点は年間2400個」(同)で、売れ行きは好調とは言えない。そこで現在はHPに加え、店頭販売を実現するべく、販路を開拓している。しかし卸売業者と価格的な折り合いが付かず、今後は製造工程を改善することなどでコストを見直す方針だ。

 受験生やデイトレーダーの開運グッズとしてのブランディングも図りながら、拡販を目指している。

【コメント】高橋佳樹社長
奇をてらい過ぎてはいけない

プラスチック製ではなく、本物のだるまを使用した「ダルマウス」(1万800円)

プラスチック製ではなく、本物のだるまを使用した「ダルマウス」(1万800円)

 地域資源の活用についてアドバイスすることを非常にせんえつに思います。それでも私から申し上げるとしたら、それは奇をてらい過ぎるような、過剰なインパクトを商品に求めてはいけない、ということです。

 わたしの場合、標準の「ダルマウス」(高さ9センチメートル)のほかに、あくまでもマスコットとしての位置づけで「ダルマウス極太」(同18センチメートル)を作りました。

 おかげさまで多くの報道機関が取材に来ますが、その多くはマスコットにすぎない極太タイプに注目する傾向があり、結果的に、肝心の商品である標準タイプがかすんでしまっているような気がします。

 そうした経緯から、標準タイプがメーンの商品であるという印象を持たれるように、急きょ商品名を変えるなどしました。

会社概要

会社名:アクテブライズ株式会社
住所:群馬県高崎市中里見町1209−1
業種:電子機器製造
電話:027‐374‐6090
URL:http://www.darumouse.com