本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

地域産業資源活用事業計画の認定

山口県

[下関市]

ふぐの王様と言われる「トラフグ」本来の食感や味を活かした新商品開発および販路開拓

ふぐの王様と言われる「トラフグ」本来の食感や味を活かした新商品開発および販路開拓 同社は、下関市に本社を置く水産加工会社であり、業務用や一般消費者向けに「ふぐ」加工品のほか下関漁港で水揚げされる水産物の加工品を取り扱っている。素材の持つ本来の旨みと鮮度を重視した商品づくりをポリシーとして取り組んでいる。
本事業では、刺身として食される「トラフグ」の身を原料に、「トラフグ」本来の食感や味を最大限に活かした商品開発に取り組み、全国に向けた販路開拓を進める。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 ふく【農林水産物】
申請事業者 株式会社山賀

(認定日:2015年7月 6日)

[下関市]

醤油を活用した新たな調味料の商品開発及び販路開拓事業

醤油を活用した新たな調味料の商品開発及び販路開拓事業 保存食として食されていた「さばの塩辛」をそのまま食する用途ではなく、ペースト化することにより新たな調味料として用途拡大し、和食文化に限らず、食文化の多様化にあわせ、イタリアン・中華向けにも商品を開発する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 醤油【鉱工業品】
申請事業者 株式会社大津屋

(認定日:2015年2月 2日)

[全域]

「白麹」を使用した酸味に特徴がある新たなテイストの清酒開発および販路開拓

「白麹」を使用した酸味に特徴がある新たなテイストの清酒開発および販路開拓 同社は、明治4年に創業し、岩国市の観光名所である錦帯橋を表す「五橋」のブランドで清酒を製造する山口県を代表する老舗酒造会社である。
本事業では、同社がこれまで培ってきた醸造技術を活用して、一般的な清酒製造では使われてこなかった「白麹」を使用し、酸味に特徴がある新たなテイストの清酒を開発し、販路開拓に取り組む。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 やまぐちの酒(清酒)【鉱工業品】
申請事業者 酒井酒造株式会社

(認定日:2014年10月15日)

[山口県全域]

山口県の銘酒「獺祭」の酒粕を使った魚等の粕漬け商品の開発および 販路開拓

山口県の銘酒「獺祭」の酒粕を使った魚等の粕漬け商品の開発および 販路開拓 同社は、昭和15年に下関市の唐戸市場で創業した海産物製造・卸小売会社であり、厳選した商品にこだわる経営姿勢を貫いている。一方、本事業で活用する山口県の銘酒「獺祭」は、山田錦のみを原料米とし「純米大吟醸酒」に特化した最高級ランクの酒として、国内外までブランドが確立しており、フルーティな味わいが特徴である。本事業では、銘酒「獺祭」の製造過程で産出される酒粕を活用して、こだわりの酒粕商品を開発し首都圏等を中心に全国に向けた販路開拓に取り組む。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 やまぐちの酒(清酒)【鉱工業品】
申請事業者 株式会社林商店

(認定日:2014年7月 7日)

[山口市]

「大内塗」の技術を活用した新しい生活の器「山口陶漆器」や「インテリア商品」「小物雑貨」等の新商品開発及び販路開拓事業

「大内塗」の技術を活用した新しい生活の器「山口陶漆器」や「インテリア商品」「小物雑貨」等の新商品開発及び販路開拓事業 山口県の伝統的工芸品である「大内塗」は、約600年前に栄華を誇った大内文化から受け継がれており、漆器や大内人形で有名である。しかしながら近年売上高の減少や職人の高齢化等により産地を取り巻く環境は厳しくなっている。
本事業では、これまで培ってきた漆塗りの技術を活用して「萩焼」と「大内塗」が融合した新しい生活の器「山口陶漆器」や、拭き漆技法による「インテリア商品」、大内人形をベースにした「小物雑貨」等を開発し、新たな販路の開拓・拡大に取り組む。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 大内塗【鉱工業品】
申請事業者 有限会社中村民芸社

(認定日:2013年10月16日)

[萩市]

活イカの町「須佐」から発信する高級イカ「ケンサキイカ」を活用した商品開発及び販路開拓事業

活イカの町「須佐」から発信する高級イカ「ケンサキイカ」を活用した商品開発及び販路開拓事業 同社が立地する「須佐」は、イカ一本釣り船団が一年中イカを追い続ける「活イカの町」として知られている。同社は、この須佐で活イカ料理を提供する料理店としてメディアなどでも取り上げられ、全国各地からの観光客の来店も多い。
本事業では、高級イカとして珍重される鮮度の良い「ケンサキイカ」を活用して、活イカ料理店のノウハウをもとに一本釣り漁師との連携などにより、こだわりのケンサキイカ加工商品を開発し販路開拓を目指す。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 須佐男命いか、萩のけんさきいか【農林水産物】
申請事業者 有限会社梅乃葉

(認定日:2013年7月 8日)

[岩国市]

コンニャク製造技術を活用した「マジックマンナンペースト」や「むきエビ形状コンニャク」等の商品開発、用途開発および国内外への販路開拓事業

コンニャク製造技術を活用した「マジックマンナンペースト」や「むきエビ形状コンニャク」等の商品開発、用途開発および国内外への販路開拓事業 大正13年創業のコンニャク製品製造会社であり、高品質でこだわりの製品製造に注力している。また、海外進出や新商品開発にも積極的に取り組んでおり、これまで培ってきたコンニャク製造技術を活用し、新しいスタイルの「マジックマンナンペースト」や「むきエビ形状コンニャク」「ホタテ貝柱形状コンニャク」を開発することができた。こうした商品の用途開発や商品改良を進めるとともに新たな商品開発を行い、国内のみならず海外に向けた販路開拓・拡大を図る。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 コンニャク【鉱工業品及び鉱工業品の生産に係る技術】
申請事業者 株式会社原田食品

(認定日:2012年10月 1日)

[下関市]

下関市の地域資源である「クジラ」「ふぐ」「レンコダイ」「ウルメイワシ」を活用したレトルト加工等による商品開発および販路拡大

下関市の地域資源である「クジラ」「ふぐ」「レンコダイ」「ウルメイワシ」を活用したレトルト加工等による商品開発および販路拡大 大正8年創業の水産物加工・販売会社であり、特に「クジラ」については全国でも有数の取扱高を誇る老舗企業である。ここ数年レトルト加工を活用した商品開発を進めノウハウを蓄積してきた。これまで冷凍・冷蔵商品がほとんどであった「クジラ」もレトルト加工により常温での流通・販売が可能となる。「クジラ」をはじめ下関市の地域資源である「ふぐ」「レンコダイ」「ウルメイワシ」を活用し、レトルト加工等による商品開発を行い、販路拡大を目指すものである。
[ 紹介記事 | 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 クジラ、ふぐ、レンコダイ、ウルメイワシ【農林水産物】
申請事業者 マル幸商事株式会社

(認定日:2012年10月 1日)

[下関市]

下関市の地域産業資源を活用した「ふく魚醤」「くじら醤油」「うに魚醤」や「関連商品」などの開発及び販路開拓

下関市の地域産業資源を活用した「ふく魚醤」「くじら醤油」「うに魚醤」や「関連商品」などの開発及び販路開拓 当社は、創業137年の歴史を持つ老舗醤油製造会社であり、天然醸造にこだわった醤油や味噌、調味料、食酢などの製造を行っている。
本事業では、下関の地域資源として知名度が高い「ふぐ」「クジラ」「うに」を活用し、(独)水産大学校と共同で「ふく魚醤」「くじら醤油」「うに魚醤」及びその「関連商品」を開発し、全国へ向け販路開拓・拡大を目指すものである。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 ふぐ、クジラ、下関うに【農林水産物】
申請事業者 ヤマカ醤油株式会社

(認定日:2010年2月26日)

[下関市]

トラフグの皮を活用したコラーゲンたっぷりの「美肌とらふぐスープ」や「トラフグ関連商品」の開発及び販路拡大

トラフグの皮を活用したコラーゲンたっぷりの「美肌とらふぐスープ」や「トラフグ関連商品」の開発及び販路拡大 当社は、日本一のフグの集積地である下関南風泊市場に隣接して立地し、研究開発型食品製造業を目指すフグの加工食品製造業者である。これまでに、独自技術により「トラフグエキス」や「とらふぐ魚醤」などトラフグを活用した商品開発を行ってきている。
本事業では、これまでに培ってきた加工技術をもとに、そのほとんどが産業廃棄物となっているトラフグの外皮の海洋性コラーゲンを活用し、トラフグの旨みとコラーゲンたっぷりの「美肌とらふぐスープ」等の商品を開発し、全国への販路開拓・拡大を目指す。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 ふぐ【農林水産品】
申請事業者 株式会社河久

(認定日:2009年9月30日)

[萩市]

「萩焼」の風合いを活かした実用的な高強度・低吸水性陶器の商品開発及び販路拡大

「萩焼」の風合いを活かした実用的な高強度・低吸水性陶器の商品開発及び販路拡大 「萩焼」は、焼き上がりの土の柔らかさとその吸水性から貫入に特徴があり、茶人の間で「茶馴れ」、「萩の七化け」と珍重されてきた。反面、こうした特徴は、現代の生活様式のニーズに合った、一般の和食器としての普及においては課題となっていた。
こうした課題に対応するため、これまで2年間にわたり産学官連携による研究開発事業を行ってきた。本事業では、この研究成果をもとに「萩焼」の風合いを活かした実用的な 高強度・低吸水性陶器の商品開発および販路拡大を目指すものである。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 萩焼【鉱工業品】
申請事業者 有限会社萩陶苑

(認定日:2009年9月30日)

[山口市][山口県萩市]

萩焼窯元との共同開発による「空気清浄機能を兼ね備えた香りと灯りを楽しむ香炉"リュース"」の商品開発および販路開拓

萩焼窯元との共同開発による「空気清浄機能を兼ね備えた香りと灯りを楽しむ香炉 「萩焼」の製造技術を活用した香りと灯りをテーマにした芸術性豊かな香炉に「白金触媒」による空気清浄機能を付加した、これまでにない香炉"リュース"を開発・商品化し、国内および海外への販路拡大を目指す。
[ 紹介記事計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 萩焼【鉱工業品】
申請事業者 株式会社ライフ

(認定日:2009年6月15日)

[周南市]

風味調味料の生産技術を活用し、山口県の特産品や山口県ゆかりの素材を使った地域の香りがする「ぶちうまいシリーズ」商品の開発および販売拡大

風味調味料の生産技術を活用し、山口県の特産品や山口県ゆかりの素材を使った地域の香りがする「ぶちうまいシリーズ」商品の開発および販売拡大 永年培ってきた「風味調味料の生産技術」を活用し、山口県の特産品的な素材やゆかりの素材を使った地域の香りがする「ぶちうまいシリーズ」商品を開発し、ブランドの浸透を図るとともに全国に向け販売を拡大する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 風味調味料【鉱工業品】
申請事業者 株式会社シマヤ

(認定日:2008年9月12日)

[岩国市]

コンニャクを活用した健康志向食品の開発および販路拡大

コンニャクを活用した健康志向食品の開発および販路拡大 コンニャクの特性を活かした健康志向食品を開発し、全国への販路拡大を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 コンニャク【鉱工業品】
申請事業者 錦町農産加工株式会社

(認定日:2008年6月13日)

[萩市]

「萩の竹」を活用したデザイン性の高い竹製高級家具の開発および販路拡大

「萩の竹」を活用したデザイン性の高い竹製高級家具の開発および販路拡大 「萩の竹」は堅く粘りがあるという特性があり、それらの特性を活かした、これまでにない高いデザイン性を持つ竹製高級家具の開発および販路拡大を行う。
[ 紹介記事計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 萩の竹【農林水産物】
申請事業者 TAKE Create Hagi株式会社

(認定日:2008年6月13日)

[下関市]

本場下関の「天然国産真フグ」を活用した下関ブランド商品の開発及び販路拡大

本場下関の「天然国産真フグ」を活用した下関ブランド商品の開発及び販路拡大 「天然国産真フグ」の特徴を活かした「本場下関直送"天然国産真フグ"セット商品」を開発、販路開拓に取り組む。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 ふぐ【農林水産物】
申請事業者 株式会社蟹屋

(認定日:2007年12月 7日)

[下関市]

「あんこうプロジェクト」水揚げ高日本一のあんこうの肝を素材とした下関地域ブランドの商品開発及び全国展開による事業化

「あんこうプロジェクト」水揚げ高日本一のあんこうの肝を素材とした下関地域ブランドの商品開発及び全国展開による事業化 水揚げ日本一であるあんこうを活用した、「あんきもの味噌漬」の販売促進及びブランド力向上を図るとともに、下関発のブランドとしての更なる新商品開発を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 あんこう【農林水産物】
申請事業者 (有)ビーイン・ミュージアム

(認定日:2007年10月12日)

[宇部市]

「小野茶」を利用した「緑茶葉石けん」、「小野茶入緑茶菓子」等の開発

「小野茶」を利用した「緑茶葉石けん」、「小野茶入緑茶菓子」等の開発 「小野茶」特有のカテキンを多く含む特性を活かし、女性や子供、健康志向の消費者をターゲットとした「緑茶葉石けん」、「小野茶入緑茶菓子」などの新商品を開発し、域外への販路拡大を目指す。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 小野のお茶【農林水産物】
申請事業者 株式会社山口茶業

(認定日:2007年10月12日)

[山口市]

観光宿泊拠点・湯田温泉オリジナルブランド構築事業

観光宿泊拠点・湯田温泉オリジナルブランド構築事業 歴史・文化を体験できるボランティアによる散策コースの観光ガイドや、温泉入浴指導員による湯田温泉オリジナル入浴法の教授、健康食の提供などを行う、団塊世代をターゲットとした新たな旅行商品を開発し顧客開拓を目指す。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 湯田温泉【文化財・観光資源】
申請事業者 湯田温泉旅館協同組合

(認定日:2007年10月12日)

[萩市]

観光資源である「萩まちじゅう博物館」の歴史的特徴のひとつである、江戸末期に廃絶した萩硝子を復活させ、萩観光の魅力を高める。

観光資源である「萩まちじゅう博物館」の歴史的特徴のひとつである、江戸末期に廃絶した萩硝子を復活させ、萩観光の魅力を高める。 江戸末期に生産されていた「萩切り子硝子」復刻品を商品化し、首都圏の高級品志向の顧客をターゲットに販路開拓を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 萩まちじゅう博物館【文化財・観光資源】
申請事業者 萩ガラス工房(有)

(認定日:2007年10月12日)

[萩市]

地域産業資源である夏みかんに橙をブレンドした無添加・健康飲料「飲む橙酢」の開発

地域産業資源である夏みかんに橙をブレンドした無添加・健康飲料「飲む橙酢」の開発 食の安全や健康意識が高い都市部の主婦やシニア層をターゲットとして、夏みかん汁に橙酢を混合した「飲む橙酢」を開発し試販してきたが、今後更なる需要開拓のための市場調査や商品改良により、販路の確立を目指す。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 夏みかん【農林水産物】
申請事業者 株式会社柚子屋本店

(認定日:2007年10月12日)

このページの先頭へ