本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

地域産業資源活用事業計画の認定

島根県

[出雲市]

島根米を活用したライスバーガーの販売

島根米を活用したライスバーガーの販売 地域産業資源「島根米」の基幹品種・コシヒカリの特徴である「炊き上がりが軟らかく、冷めても食味が変わらないこと」を活かして、冷凍流通可能なライスバーガーを製造・販売していく。
主に出雲大社など観光地界隈の店舗で販売をするほか、ネット販売、催事販売にも取り組む。既存の地域の名物よりも認知度は低いものの、真新しさや食べ歩きが可であることから差別化でき、一定の市場を確保することが期待でき、新たな需要を開拓していく。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 島根米【農林水産物】
申請事業者 有限会社二幸

(認定日:2016年2月 3日)

[奥出雲町]

エゴマの未利用資源(絞り滓)を活用した、加工食品・美容用品向け加工原料の開発・販売

エゴマの未利用資源(絞り滓)を活用した、加工食品・美容用品向け加工原料の開発・販売 エゴマに含まれるαーリノレン酸は、エゴマ油の絞り滓にも含有しており、今まで未利用資源であった絞り滓を原料に「パウダー」「乳化液」「ペースト」を商品化し、食品業界(特に健康食品業界)、美容業界に向けた加工原料として販売していく。奥出雲町産エゴマの認知度を高めることにより、エゴマ農家・地元食品製造業者等への波及効果が期待される。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 エゴマ【農林水産物】
申請事業者 株式会社佐藤工務所

(認定日:2015年10月21日)

[大田市]

さばの塩辛をベースにした調味料の開発・販売

さばの塩辛をベースにした調味料の開発・販売 保存食として食されていた「さばの塩辛」をそのまま食する用途ではなく、ペースト化することにより新たな調味料として用途拡大し、和食文化に限らず、食文化の多様化にあわせ、イタリアン・中華向けにも商品を開発する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 さばの塩辛【鉱工業品】
申請事業者 有限会社岡富商店

(認定日:2015年2月 2日)

[出雲市]

「魚の一夜干し」の技術を活用した、多様な用途で簡便調理が可能な食材の開発・販売

「魚の一夜干し」の技術を活用した、多様な用途で簡便調理が可能な食材の開発・販売 一夜干しの製造技術に加え、独自技術である「冷蔵熟成」を行うことにより、食材としての旨味が増し、素材本来の美味しさを味わうことができる。調理に適した水分量であるため、焼く、煮る、揚げる、炒める、蒸すなど、多様な用途で簡便調理を可能とした下ごしらえ済みの食材を開発する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 魚の一夜干し【鉱工業品】
申請事業者 有限会社渡邊水産

(認定日:2015年2月 2日)

[全域]

清酒生産技術を活用した、ハイボール等カクテル専用酒(純米酒)の開発・販売

清酒生産技術を活用した、ハイボール等カクテル専用酒(純米酒)の開発・販売 島根県の清酒は、東北地方に比べ、酒造好適米の使用率の高さ、温暖な気候によるモロミの深い発酵によって、濃い味わいの酒が醸造されてきた。その代表例として、調味酒として出雲地方の郷土料理を支えてきた地伝酒(じでんしゅ)がある。
本事業では、地伝酒に代表される、味わいが濃い酒造りを行ってきた島根県の清酒生産技術の特性を活かし、炭酸水で割っても味わいが残るハイボール等カクテル専用酒の開発・販売を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 清酒【鉱工業品】
申請事業者 米田酒造株式会社

(認定日:2014年10月15日)

[奥出雲町、全域]

仁多米コシヒカリと清酒製造技術を活用した、どぶろく及び甘酒の開発・販売

仁多米コシヒカリと清酒製造技術を活用した、どぶろく及び甘酒の開発・販売 地域資源である仁多米、特に仁多米コシヒカリは食味が良い良質食米として、一定の知名度を確保してきた。
本事業では仁多米コシヒカリのブランド力を活用しつつ、「硬質米」という酒造りに適した仁多米の特性と、同社が培った清酒技術と設備を活かし、スッキリとした飲み口を特徴に持つ、どぶろく及び甘酒の開発・販売を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 仁多米、清酒【農林水産物、鉱工業品】
申請事業者 奥出雲酒造株式会社

(認定日:2014年2月 3日)

[雲南市]

「出雲そば」の製麺技術を活用した、特殊フリーズドライ麺、レンジアップ出雲生そばなどの開発及び拡販

「出雲そば」の製麺技術を活用した、特殊フリーズドライ麺、レンジアップ出雲生そばなどの開発及び拡販 同社が培ってきた出雲そばの製麺技術を活かして、新たな製麺商品の開発、販売を行う。
「特殊フリーズドライ麺」においては、出雲そばの伝統的な乾燥方法である「寒晒し」の製法を用いた、自社独自の「二段階熟成冷凍」の乾燥技術を開発、活用する。これにより、独特の食感(コシ)を生み、麺のうま味を凝縮することが可能となる。あわせて、保存料・着色料・化学調味料を添加しない麺づくりを実現する。
「レンジアップ出雲生そば」では、「出雲そば」ならではの手打ち麺の香りやうま味、麺のコシ等の魅力を活かすため、自社独自の製造工程及び容器の機能的な工夫に取り組む。また、電子レンジ等での簡単な調理により、誰もが手軽に本格的な出雲そばを味わえることを目指していく。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 出雲そば【鉱工業品】
申請事業者 株式会社出雲たかはし

(認定日:2013年7月 8日)

[松江市、浜田市]

島根県沖の魚などを活用した発酵熟成干物(奉書干し)製品の開発及び販路開拓

島根県沖の魚などを活用した発酵熟成干物(奉書干し)製品の開発及び販路開拓 本事業は、「魚の一夜干し」の製造工程において、従来の「塩漬」工程ではなく、同社が培った漬物技術である米麹、酒粕等を使用した「氷床洗い」工程とすることと、乾燥工程で奉書紙を使用し品質向上とストーリー性を付加することで、従来の一夜干しと差別化を図った「奉書干し」製品の開発及び販路開拓を行う。本事業で取り組む発酵熟成干物は、米麹や酒粕などの本来の旨みに加え、魚のタンパク質が酵素で分解されて、旨み成分であるアミノ酸が多量に生成されるので、旨さに加え、やわらかさを有する商品となる。その上、添加物、漂白剤、着色料、保存料等を使用しないので昨今の消費者の健康志向に合致しており、市場性は高いと見込める。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 魚の一夜干し【鉱工業品】
申請事業者 有限会社土江本店

(認定日:2013年7月 8日)

[出雲市]

製茶技術を活かした「野菜茶」などの開発・販売

製茶技術を活かした「野菜茶」などの開発・販売 ・出雲地方におけるお茶文化は、松江藩の藩主・松平治郷(不昧)公の影響により、城下にも広まることとなった。現在においても、島根県は全国有数のお茶の消費地となっている。
・近年、商品の低価格化の進展や、リーフ茶の販売減少等により、お茶業界を取り巻く環境は厳しくなっている。
・本事業では、同社が受託製造にて蓄積したお茶製造における焙煎・ブレンド技術を活かして、「茶の木」以外の野菜等を原料とした新しいお茶を自社ブランド商品として展開していく。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 お茶【鉱工業品】
申請事業者 株式会社ひかわ

(認定日:2013年2月 4日)

[出雲市]

国内最古級車両「デハニ50形」の体験運転など一畑電車を活用した新しい観光プログラム展開事業

国内最古級車両「デハニ50形」の体験運転など一畑電車を活用した新しい観光プログラム展開事業 観光客増加を図るべく、国内最古級車両である「デハニ50形」(昭和初期製造)の現役引退後の活用策として、体験運転プログラムを考案した。本事業では、体験運転をはじめとして、観光資源として「一畑電車」を活用した観光プログラムを開発し観光客増加を目指し、地域経済の活性化を図る。
[ 紹介記事 | 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 一畑電車【観光資源】
申請事業者 一畑電車株式会社

(認定日:2012年2月 3日)

[大田市]

魚の一夜干しの技術を用いたイカや白身魚・青魚などの柔らか海産物燻製シリーズの開発・製造・販路開拓

魚の一夜干しの技術を用いたイカや白身魚・青魚などの柔らか海産物燻製シリーズの開発・製造・販路開拓 ・株式会社和田珍味は大正12年に創業。ふぐの加工品を中心に一夜干しの技術を培ってきた。
・当社がこれまで培ってきた魚の一夜干しの製造技術により素材別・素材の状態別に水分調節を行うことができるため、他社にはない柔らかさを出すことが可能。
・本事業では、燻製商品としてはあまり商品化されていない魚を使用。素材に応じて一夜干しの時間(乾燥時間)を調整し、燻煙法を使い分けた燻煙処理を行うことで柔らかく素材の旨味を引き出した商品を提供する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 魚の一夜干し【鉱工業品】
申請事業者 株式会社和田珍味

(認定日:2010年2月26日)

[出雲市]

出雲醤油をベースにした、和風ソース、お吸い物の素、だし醤油など醤油加工品の製造、販売

出雲醤油をベースにした、和風ソース、お吸い物の素、だし醤油など醤油加工品の製造、販売 ・当社は「醤心」(心で醸す醤油であるという意)、「醤楽」(醤油にて楽しむ心であるという意)のコンセプトのもと、新商品開発に注力し、さまざまな醤油・ドレッシングの開発をおこなってきた。
・多くの醤油醸造業者が専用醤油からぽん酢、ドレッシング等へ商品を拡大する中、更なる差別化を図るべく「とろみ」を活用した商品開発に着想を得た。
・本事業では、出雲醤油の特徴である「とろみ」、「甘み」を活かしながら、より「とろみ」を増した「和風ソース」、「お吸い物の素」などの醤油加工品の開発、製造、販売を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 醤油【鉱工業品】
申請事業者 有限会社古代柱醤油醸造元

(認定日:2010年2月26日)

[出雲市]

緑茶浸漬製法を用いた有機米の発芽玄米加工品等の開発・販路拡大

緑茶浸漬製法を用いた有機米の発芽玄米加工品等の開発・販路拡大 ・三和農産は昭和60年から、有機農法による稲作を行ってきた。現在は栽培のみならず、米加工品の製造まで一貫して行っており、栽培・製造双方にて有機JASの認証を受けている。
・栄養価が高いとされる発芽玄米の製造に関して、3年前に島根県農業技術センターと共同で、緑茶を活用した浸漬製法を開発した。
・この緑茶浸漬製法によって、GABA(ギャバ:高血圧抑制等の効果があるとされる)等のアミノ酸の流出量を、他社商品に比べて抑えることが可能となった。
・これまで米単独の販売が主体であったものの、本事業にて加工品事業へシフトすることで、農業経営の安定化を図っていく。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 島根米【農林水産物】
申請事業者 有限会社三和農産

(認定日:2009年9月30日)

[仁多郡]

製麹技術を使用した調味料用甘酒(仮称)の開発・販売

製麹技術を使用した調味料用甘酒(仮称)の開発・販売 ・醤油作りで用いられる製麹技術を使用し、米麹で製造する甘酒を調味料用として開発した。
・この甘酒を使用すると、肉や魚の旨味をより引き出せる等の効果が期待できることから、高級惣菜向けの加工調味料等として販路開拓を行う。
・また、代替甘味料として製菓業界へ販売することを目指す。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 醤油【鉱工業品】
申請事業者 有限会社井上醤油店

(認定日:2009年9月30日)

[大田市]

製材のコストダウン、製材品の品質を向上させる世界初装着式挿し刃帯鋸ビジネスの展開

製材のコストダウン、製材品の品質を向上させる世界初装着式挿し刃帯鋸ビジネスの展開 ・製材機に用いる帯鋸(おびのこ)は、国内外ともに従来溶着ステライト刃(レアメタルを使用したコバルト・タングステン・クロムの合金)が主流であった。
・当社は産学官連携による地域資源活用型研究開発事業により、特殊鋼を用いた、世界初の挿し刃装着式帯鋸の開発に成功した。この挿し刃は、異質の特性を有する靭性材と耐摩耗材の金属粉末を2色粉末射出成形技術を用いて製造したものである。
・この挿し刃により製材のコストダウン、製材加工品の品質向上が可能となり、これらのメリットを製材工場に訴求していく。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 特殊鋼製品【鉱工業品】
申請事業者 有限会社岩崎目立加工所

(認定日:2009年9月30日)

[雲南市]

国内開発ブドウ品種「小公子」を使ったワインの改良・新規開発・販路拡大

国内開発ブドウ品種「小公子」を使ったワインの改良・新規開発・販路拡大 「シャルドネ」などの欧州系ブドウ品種が主体であるワイン業界において、他のワイナリーとの差別化を図るため、本事業にて、国内開発ブドウ品種「小公子」ぶどうを使ったワインを開発・販売をおこなう。具体的には既存商品であるスタンダードワインに加え、プレミアムワイン、デザートワイン、スパークリングワインを新規開発し、純国産にこだわったオリジナリティのある「小公子」ワインを確固たるブランドとして確立させていく。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 ワイン【鉱工業品】
申請事業者 有限会社奥出雲葡萄園

(認定日:2008年9月12日)

[大田市]

地域に根ざしたアパレルブランド「根々 ねね」の開発・団塊ジュニアの心に触れるものづくり

地域に根ざしたアパレルブランド「根々 ねね」の開発・団塊ジュニアの心に触れるものづくり 天然素材を使った手作り感覚のぬくもりのある衣服・服飾雑貨を、団塊ジュニアーとその家族向けに「根々ねね」ブランドとして企画販売する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 天然素材衣服【鉱工業品】
天然素材服飾雑貨【鉱工業品】
申請事業者 株式会社石見銀山生活文化研究所

(認定日:2008年6月13日)

[出雲市]

常温で生の旨みが味わえる宍道湖産しじみの加工食品の新規開発及び販路開拓

常温で生の旨みが味わえる宍道湖産しじみの加工食品の新規開発及び販路開拓 常温で生のうまみが味わえる大和しじみの加工食品の開発・改良と販路開拓をする。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 しじみ【農林水産物】
申請事業者 株式会社河村食材

(認定日:2008年6月13日)

[海士町]

隠岐・海士町の地域資源の白いか(ケンサキいか)、いわがき「春香」を活用した加工商品シリーズによる「隠岐・海士 島風便」ブランドの確立と販路拡大

隠岐・海士町の地域資源の白いか(ケンサキいか)、いわがき「春香」を活用した加工商品シリーズによる「隠岐・海士 島風便」ブランドの確立と販路拡大 マーケティング調査等を行い、既存商品の改良、隠岐・海士町の歴史背景を考慮した地域性、物語性のあるパッケージングの改善や新たな加工商品の開発を進め、隠岐・海士町ならではの本物の素材と味をまるごとお届けする思いを込めた「隠岐・海士島風便」ブランドの確立を目指す。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 ケンサキイカ、隠岐のいわがき、海士のいわがき「春香」【農林水産物】
申請事業者 株式会社ふるさと海士

(認定日:2008年2月29日)

[出雲市]

出雲特産・「西浜にしはまいも」を活用した「神感しんかん・いも代官シリーズ」加工食品の新規開発及び販路開拓

出雲特産・「西浜にしはまいも」を活用した「神感しんかん・いも代官シリーズ」加工食品の新規開発及び販路開拓 島根県出雲地方を代表する特産品のひとつである「西浜いも(さつまいも)」と県内企業が開発した氷感技術※を活用し、新商品((1)いもスティック、(2)いもがゆ、(3)おから入りいもクッキー)の開発を行い、西浜いものブランド化と需要開拓に取り組む。※氷感技術とは、食材に静電場を与えることにより、保存期間を延長したり、熟成させる技術。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 西浜いも【農林水産物】
申請事業者 株式会社かみありづき

(認定日:2007年12月 7日)

[松江市]

伝統工芸「八雲塗」の技法を活かした漆器の販路拡大及び新用途開発

伝統工芸「八雲塗」の技法を活かした漆器の販路拡大及び新用途開発 「八雲塗」の漆器製造技術を活かし、高級万年筆やパソコン用品、携帯電話用品、食器、カーアクセサリー等をターゲットとする新たな需要を開拓する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 八雲塗【鉱工業品・技術】
申請事業者 株式会社山本漆器店

(認定日:2007年10月12日)

[浜田市]

浜田市三隅町産の西条柿を100%使用した「柿酢」の商品化及び販路拡大による事業化

浜田市三隅町産の西条柿を100%使用した「柿酢」の商品化及び販路拡大による事業化 アミノ酸、ミネラル等が豊富な柿酢について、健康志向やこだわり食材志向の消費者をターゲットに、商品パッケージ等のさらなる改良を行い、首都圏の百貨店等を中心に販路拡大を行うほか、柿酢を利用したドレッシング原材料への需要開拓を図る。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 西条柿【農林水産物】
申請事業者 日本海酒造株式会社

(認定日:2007年10月12日)

[大田市]

香り豊かな島根のバラ「さ姫」を活用した清酒・飲料・食品の販路拡大と新商品開発

香り豊かな島根のバラ「さ姫」を活用した清酒・飲料・食品の販路拡大と新商品開発 香り豊かなバラ「さ姫」を活用したお酒を改良するほか、バラを活用した清涼飲料水やジャム、菓子など大都市圏向けの新商品を開発し、高級料理店・ホテルなどをターゲットとした新たな需要の拡大を図る。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 バラ【農林水産物】
申請事業者 (代表事業者)一宮酒造(有)
(共同申請者)さんべ食品工業株式会社

(認定日:2007年10月12日)

[江津市]

有機桑を活用した健康食品の開発と販路拡大

有機桑を活用した健康食品の開発と販路拡大 桑茶、桑塩のオリジナル商品に加え、菓子類やペットボトル飲料など消費者が日常的に購入しやすい新商品を開発し販路拡大を行う。また健康志向ニーズに対応し、原材料にこだわる健康食品メーカー向けOEM商品として、有機栽培桑を原料とした栄養機能食品等の受注拡大に取り組む。
[ 紹介記事計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 桑【農林水産物】
申請事業者 (有)桜江町桑茶生産組合

(認定日:2007年10月12日)

このページの先頭へ