本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

地域産業資源活用事業計画の認定

滋賀県

[甲賀市]

信楽焼の焼成手法を改良して開発した生活環境浄化機能を有する多孔質陶器を 用いた商品の開発・製造・販売

信楽焼の焼成手法を改良して開発した生活環境浄化機能を有する多孔質陶器を 用いた商品の開発・製造・販売 多孔質素材としての信楽焼の特徴を活かしながら焼成手法を改良し、多孔質で、環境浄化機能(水質浄化、空気清浄、消臭等)を有する陶器を開発・製造し販売する。当地区特有の多孔質陶土(ロット土)を活用し、特殊な焼成技術で多孔質陶器に枯草菌などの有用微生物を含有させ、生物的分解能力で水質を浄化させる機能や、炭酸カルシウムを用いてPHを安定させる機能、ゼオライトを用いてアンモニアを吸着する機能、炭素材料を用いた空気清浄、調湿効果のすべての機能を多孔質陶器に含ませることを可能にした新素材商品である。
これらの機能を付加し、観賞魚、園芸、生け花等の容器の水質浄化、玄関周り等の居住空間等の消臭・調湿などの各用途に合わせた製品を開発・製造販売する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 信楽焼【鉱工業品】
申請事業者 有限会社かね馬

(認定日:2014年10月15日)

[守山市]

琵琶湖ブランドを活用したオリジナルウェディングサービスの開発・販売・提供

琵琶湖ブランドを活用したオリジナルウェディングサービスの開発・販売・提供 滋賀の森が育んだ木のチャペルでの挙式、地元素材を活かした祝宴、装花およびクルージングでのサプライズ入場など、特別な一日の全てのシーンを「琵琶湖の物語」で彩るウェディングプラン。琵琶湖が育む滋賀県産の無農薬の和ばらや、農作物などの様々な地域資源を環境保護の視点からも厳選して活用し、「琵琶湖の再生」に貢献する新しいビジネスモデルの構築を目指すものである。~本事業による効果~琵琶湖に思い入れのある滋賀県の生産者と連携したウェディングサービスの提供により、県外に住む滋賀県出身者の「ふるさとウェディング」の需要の掘り起しにも繋がり、地域活性化に貢献できる。 [ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 琵琶湖【観光資源】
申請事業者 株式会社ホロニック

(認定日:2014年2月 3日)

[彦根市]

籾殻を利用した施設園芸用暖房機の開発・製造・販売

籾殻を利用した施設園芸用暖房機の開発・製造・販売 ・本事業では、主として重油暖房機を使用する施設園芸農家を対象に、追加設置することで重油暖房機の運転量を減らし重油コストが削減できる「籾殻暖房機」の開発・販売を行う。この籾殻暖房機は、籾殻を「籾殻圧縮固形化装置」(以下、「圧縮固形化装置」という)により圧縮固形化した燃料を使用することで効率的な運搬・燃焼を実現している。
・籾殻燃料を安定供給するためにはこの「圧縮固形化装置」の地域導入も必要となるため、カントリーエレベーターやライスセンターへの設置にも取り組み、籾殻を使った新たな地域エネルギー循環システムを構築する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 はん用機械器具【鉱工業品】
申請事業者 関西産業株式会社

(認定日:2013年10月16日)

[高島市]

着地型観光「水と生きる近江高島 知的探求心とパワーチャージの旅」の開発・提供

着地型観光「水と生きる近江高島 知的探求心とパワーチャージの旅」の開発・提供 ・本事業では琵琶湖周辺の風景や、水辺の静かな暮らし、その歴史・文化、伝統産業などを観光資源として活用し、体験観光、スローライフツーリズム等のサービスを開発し、新しい余暇の過ごし方の提供を目指す。
・サービスプログラムの例としては「船頭が語り部となり小舟で湖上を散策するプログラム」、「語り部が同行し歴史ある街並みや水辺の暮らし、食文化等について体験・見学するウォーキングツアー」、「高島の伝統産業の匠の指導のもと行う、ものづくり体験プログラム」、「各プログラムと宿泊を組み合わせた滞在型旅行商品」など。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 琵琶湖、白鬚神社、高島市海津・西浜・知内の水辺景観、高島市針江・霜降の水辺景観【観光資源】
申請事業者 有限会社白浜荘

(認定日:2013年7月 8日)

[大津市、守山市、長浜市]

滋賀県産大豆100%による「ゆば」と製造過程で得られる「凝縮豆乳」と「おから」を使用した「ゆば入り豆乳おから団子」と応用商品の開発と販売

滋賀県産大豆100%による「ゆば」と製造過程で得られる「凝縮豆乳」と「おから」を使用した「ゆば入り豆乳おから団子」と応用商品の開発と販売 滋養食「ゆば」と、その製造過程で発生する凝縮豆乳とおからを組み合わせて、新しい介護食「ゆば入り豆乳おから団子」を開発、販売する。これまで凝縮豆乳やおからは飼料としての活用方法しかなかったが、凝縮豆乳は普通の豆乳に比べてタンパク質や炭水化物などの栄養成分が多く含まれているため、これらを原料として有効活用する。味噌汁やシチュー、鍋物など幅広い料理に容易に使用できるうえ、大豆の健康成分や豊富な食物繊維は体に優しく便通にも良い商品である。その他の応用商品として豆乳ゆばポタージュや、豆乳ゆばスイーツなどの開発も予定している。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 湯葉(ゆば)【鉱工業品】
申請事業者 株式会社比叡ゆば本舗ゆば八

(認定日:2012年10月 1日)

[草津市]

超高耐熱熱可塑性樹脂のインサート射出成形技術を用いたリレー部品の開発・販売

超高耐熱熱可塑性樹脂のインサート射出成形技術を用いたリレー部品の開発・販売 ハイブリッド車のモーター電源用パワーリレー部品(電磁継電器)の製造に、超高耐熱性の熱可塑性樹脂を原材料に用いたインサート射出成形技術を新たに確立させることで、従来商品の課題であった小型化、軽量化、コストダウンを実現したリレー部品を開発し、ハイブリッド車や電気自動車等の次世代自動車分野での事業化を目指す。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 プラスチック製品【鉱工業品】
申請事業者 株式会社矢島製作所

(認定日:2012年10月 1日)

[愛知郡愛荘町]

“洗える麻わた”を用いた敷きパッドと多用途パッドの開発・製造・販売

“洗える麻わた”を用いた敷きパッドと多用途パッドの開発・製造・販売 当社は平成20年に自社開発した、“洗える麻わた”(特許申請中)を活用した各種2次加工製品の試作開発を行っている。その中でも特に、洗える敷きパッドは、省エネや健康志向の社会背景をベースに市場の反応も良く、本事業で更なる低容量化シートの開発や現行シート(42g/㎡~200g/㎡)の改良、繊維の新しい積層工程などの製造技術開発と、竹繊維や葦繊維などの他素材を混合した 新しい"洗える麻わた"の開発も含め、縫製技術の安定や適正な生地素材選択などの商品品質向上に取組み、市場に受け入れやすい価格や日常の扱い易さなどの生活者ニーズを実現させた、洗える敷きパッドと多用途パッドの開発・製造・販売の事業計画である。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 湖東麻織物(近江上布)【鉱工業品】
申請事業者 滋賀麻工業株式会社

(認定日:2012年6月20日)

[甲賀市]

信楽焼の技術を活用した「インテリアモジュールタイル」とその応用製品の開発・製造・販売

信楽焼の技術を活用した「インテリアモジュールタイル」とその応用製品の開発・製造・販売住宅産業の新しいパラダイムをターゲットにした製品企画として、生活者個々の暮らしに合わせた住空間や湿度調整、臭気や雑菌の抑制などの快適さを提供する「インテリアモジュールタイル」とその応用製品を開発・製造・販売する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 信楽焼【鉱工業品】
申請事業者 株式会社丸九製陶所

(認定日:2012年2月 3日)

[草津市]

異方向性特性を持つ金属製弾性体による新たな測定方式を採用したタイヤバランサーの開発および販売

異方向性特性を持つ金属製弾性体による新たな測定方式を採用したタイヤバランサーの開発および販売・タイヤ製造ラインに係る各種計量機器の需要が伸びる中、顧客からの要望により、タイヤ製造ラインに係る各種計量機器の幅を拡げるべく、異方向性特性を持つ金属製弾性体(金属ばね)を活用した新たな発想による測定方式を採用したタイヤバランサーの開発に着手。高精度、設置容易性、メンテナンスの容易性の特徴を有する新製品の事業化の見込みが得られる段階まで到達した。
・今後は、その完成度を高めるとともに、国内市場のみならず、最近成長著しいアジア圏を中心とした海外市場への販路拡大を目指す。
[ 紹介記事 | 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 金属製品【鉱工業品】
申請事業者 近江度量衡株式会社

(認定日:2012年2月 3日)

[大津市]

リン酸鉄リチウムイオン電池用の黒鉛新製品「黒鉛導電性塗料を塗布したプライマーコート品」の開発・製造・販売

リン酸鉄リチウムイオン電池用の黒鉛新製品「黒鉛導電性塗料を塗布したプライマーコート品」の開発・製造・販売長年培ってきた黒鉛加工技術を生かし、新エネルギーの備蓄デバイスの主力であるリチウムイオン電池の電極へ活剤を塗工するための前処理に使用する「水溶性導電性塗料」と「水溶性黒鉛導電性塗料をを電極に塗布したプライマーコート品」を新規開発し、同プライマーコート品として製造・販売を行う。
[ 紹介記事 | [ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 炭素・黒鉛製品【鉱工業品】
申請事業者 日本黒鉛工業株式会社

(認定日:2012年2月 3日)

[甲賀市]

信楽焼の技術と窯元の暮らしを活かした体験型観光「創造と癒しの郷SHIGARAKIプログラム」の開発・提供

信楽焼の技術と窯元の暮らしを活かした体験型観光「創造と癒しの郷SHIGARAKIプログラム」の開発・提供 ・地域の陶芸家や窯元と連携のもと、信楽の自然や歴史文化、生活文化、旬の料理、そして地場産業である陶器産業を体験型観光の資源として、また、当地域の陶芸作家、茶華道の家元、地元料理人が有する技術、山間部に暮らす生活や自然との共生の知恵などを素材として体験型観光に活かすことで、従来の単なる体験や陶芸教室ではなく、利用者の創造力や生活の向上を目指した新しい観光サービスとしてプログラムを開発する。
・陶芸体験だけではなく、信楽焼の歴史講義や窯出しまで体験できる本格的な陶芸体験、茶器、花器創作体験コースを実施する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 信楽焼の窯元、陶芸の森【観光資源】
申請事業者 有限会社小川亭

(認定日:2011年9月30日)

[大津市]

PVA(ポリビニルアルコール)を活用した、手術練習用血管モデル、臓器モデルの開発・製造・販売

PVA(ポリビニルアルコール)を活用した、手術練習用血管モデル、臓器モデルの開発・製造・販売 ・近年、外科的手術から体に負担の少ない内視鏡、カテーテル、ステント等の内科的手術に移行しており、関連機器の開発が行われている。開発された機器の使用に対応した医師の技術向上が必要となっており、シミュレーターの開発が求められている。
・現在の訓練用シミュレーターは手技を重視した練習用モデルとなっており、練習用モデルの素材にシリコンやゴム等を使用しており、その素材に人体近似性は殆どないのが実情である。
・歯科技工技術を活用してPVAを利用した口腔モデルや歯形の製作を行っているが、その技術が血管や臓器モデルのシミュレーターの製作にも応用できることが確認できたため、本事業にて下記の製品を開発し、製造・販売に取り組む。
(イ)手術等練習用各種血管モデル開発
(ロ)血管モデルを内蔵するシート型臓器モデル開発
(ハ)立体的(3D)臓器モデル開発(肝臓・腎臓・胆管等)
[ 紹介記事 | 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 プラスチック製品【鉱工業品】
申請事業者 有限会社聖和デンタル

(認定日:2010年9月30日)

[草津市]

大型部品の加工能率に優れた「高精度内面研削用単一軸型長尺スピンドル」の開発・製造・販売

大型部品の加工能率に優れた「高精度内面研削用単一軸型長尺スピンドル」の開発・製造・販売 ・昭和40年の創業以来、工作機械で最も重要な構成部品であるスピンドルユニット(回転主軸)を設計・製作し大手工作機械メーカー等に販売してきた。
・現在工作機械は、航空機・船舶・風力発電設備等に対応する「超大型化」と、電子半導体・光学部品等に対応する「微細化」の2極化が進んでおり、そのような状況の中で超大型化へのニーズに対応すべく、平成18年より内面研削用単一軸型スピンドル(特許出願中)の開発に取組み、平成19年には300mmまでの製品を開発した。
・本事業では、長さ600mm前後の内面研削用『単一軸型長尺スピンドル』の開発・製造・販売に取り組む。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 金属製品【鉱工業品】
申請事業者 大久保精工株式会社

(認定日:2010年9月30日)

[守山市]

画像処理用LED光源で培った光学技術を活用した「ポータブル分光検出器」の開発・販売

画像処理用LED光源で培った光学技術を活用した「ポータブル分光検出器」の開発・販売 ・平成8年に画像処理用LED照明事業に進出し、検査に使用する画像処理装置用のカメラの照明に特化し、半導体検査装置などの最先端分野に向けて製品を供給している。
・本事業では、13年間にわたり画像処理用LED光源で蓄積してきた光学技術を応用して、従来にはない新たな分光分析装置「ポータブル分光検出器」(注)の開発を行う。
(注)従来の汎用的な分光光度計は機能として特定の波長の数値について絶対値を測定するための装置であるが、ポータブル分光検出器は数値の絶対値の測定を目的とするのではなく、相対的な数値の比較、検出から「あるorない」「OKorNG」といった判定を行うための装置である。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 電子機器【鉱工業品】
申請事業者 株式会社イマック

(認定日:2010年9月30日)

[近江市、彦根市、愛荘町]

近江上布伝統の「羽根巻き捺染」技法を活用した類似性のない麻絣商品の開発と販路開拓

近江上布伝統の「羽根巻き捺染」技法を活用した類似性のない麻絣商品の開発と販路開拓 ・これまで近江上布の手織り着尺(和服1枚を仕立てるのに必要な反物)や座布団等を製造し、京都の問屋、大阪のアパレル卸業者を中心に製品を納品し事業を広げてきたが、近年アパレル関係は中国からの輸入に依存するようになったことから、個人消費者向けの直販事業と小売店への販売事業に取り組んでいる。
・本事業では、近江上布伝統の製法である「羽根巻き捺染」の技法と、独自で開発した3種類の織物を同時に織布することが出来る広幅織機を用い、コストダウンと小ロット対応、納期短縮による消費者や小売店のニーズに合った高品質の麻絣商品の開発と販路開拓を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 湖東麻織物(近江上布)【鉱工業品】
申請事業者 大西新之助商店

(認定日:2010年6月15日)

[東近江市、彦根市、愛荘町、豊郷町]

麻を基調とした麻五重織商品の企画・開発及び販路開拓

麻を基調とした麻五重織商品の企画・開発及び販路開拓 ・湖東地域に永年にわたり培われてきた近江上布の技術を活用し、非常に困難とされてきた麻五重織による寝具類(シーツ、肌掛け布団、枕カバー、座布団カバー、ひざ掛け)を開発する。
・開発する製品は、肌触りがよく、空気層が厚く、軽い素材の特性を基調として、天然繊維との交織や柿渋染等の加工を加えることで全シーズンに対応した製品とする。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 湖東麻織物(近江上布)【鉱工業品】
申請事業者 株式会社おおまえ

(認定日:2010年2月16日)

[甲賀市]

低吸水の信楽焼大物水周り商品(花器・水鉢、手洗い鉢、雨水貯留タンク)の開発・製造・販売

低吸水の信楽焼大物水周り商品(花器・水鉢、手洗い鉢、雨水貯留タンク)の開発・製造・販売 ・陶器は吸水性を有しており、水を入れておくと時間の経過とともに漏れ出してくるという欠点がある。そのため、水を入れて使用する商品には、表面にシリコーン等の樹脂でコーティング処理することで防水性を高めているが、この作業が生産の長期化・コスト高等生産者の大きな負担となっている。
・本事業では、陶土の配合と生産方法を見直すことで吸水率の低減を図り、土味を維持した信楽焼大物陶器を開発・製造・販売する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 信楽焼【鉱工業品】
申請事業者 有限会社重蔵窯

(認定日:2010年2月16日)

[彦根市、米原市]

防爆対応エアモーター式ハンディベーンポンプと制御用自動停止弁の開発・販売

防爆対応エアモーター式ハンディベーンポンプと制御用自動停止弁の開発・販売 ・当社は、地場産業である彦根バルブのバルブ部品やバルブ本体を製造してきた。数年来、産地全体の生産高も縮小してきているため、地場の集積技術を活用し、世界に通用する付加価値自社ブランド製品の開発・販売を目標としてきた。
・本事業では、バルブ製造技術を活用し、安価な小型・防爆対応ポンプ「エアモーター式ハンディベーンポンプ」と、同ポンプ使用時に安全に送液を停止させる「制御用自動停止弁」を開発・販売する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 彦根バルブ【鉱工業品】
申請事業者 アクアシステム株式会社

(認定日:2010年2月16日)

[大津市]

雄琴温泉の効能と琵琶湖湖畔の自然、歴史、文化を活かした通い型湯治サービス「おごとヘルスツーリズム」の開発・提供

雄琴温泉の効能と琵琶湖湖畔の自然、歴史、文化を活かした通い型湯治サービス「おごとヘルスツーリズム」の開発・提供 ・本事業では、他の温泉地にはない健康増進や体質改善など「健康」をキーワードとした付加価値の高い新サービスの開発・提供を行う。
・「入浴・食事・運動」をテーマとして、新たな温泉の入浴方法、ノルディック・ウォーキング(注)を中心とした運動プログラム、近隣の食材を用いた料理メニューをプログラムに取り入れる。
(注)ノルディック・ウォーキング:2本のポールを持ってクロスカントリースキーのように行うウォーキングで、フィンランドで発祥したものを言う。フィットネス+ヘルスケア要素の強いウォーキングとして普及している。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 雄琴温泉【観光資源】
申請事業者 おごと温泉旅館協同組合

(認定日:2009年10月28日)

[近江八幡市]

高級希少木材と木珠生産の技術を活用した「オリジナルレアウッドアクセサリー」の開発・販売

高級希少木材と木珠生産の技術を活用した「オリジナルレアウッドアクセサリー」の開発・販売 ・本事業では、当社独自の加工技術と木珠の生産技術を応用して、高級希少木材(注)、カーボン及び金属などの異素材の組合せによるオリジナルアクセサリーを開発する。
・「加工技術の改良」、「デザイン性の向上」、「異素材との組み合わせ研究」についての課題を解決し製品化を図る。
(注)高級希少木材:白檀、パープル、リグナムバイタ、アイアンウッドなどの木材を総称している。これらの輸入は困難になりつつあるが、当社では10数年の生産量に相当する原材料を先行輸入して蓄積している。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 木珠(木製数珠)【鉱工業品】
申請事業者 株式会社カワサキ

(認定日:2009年10月28日)

[東近江市]

麻織物技術を活かし高機能繊維等で新規織物の開発と、加工・販売

麻織物技術を活かし高機能繊維等で新規織物の開発と、加工・販売 ・近年開発された高機能繊維の原糸特性は、共通して高強力、低伸度、高弾性で、さらに個々に特有の特性を有している。
・本事業ではそれらの特性を最大限に活かした新規織物を開発する。
・具体的には、当社の持つ麻織物技術を活かしながら「遮熱効果、快適性」を高め、高性能・高機能消防服用生地の開発を行う。
・また、軽量、耐切創性、耐摩擦性、水分をほとんど吸収せず湿潤時の物性変化がない等の特性を有するポリアリレート繊維を使用した、軽量テント用織物の開発を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 湖東麻織物(近江上布)【鉱工業品】
申請事業者 近江織物株式会社

(認定日:2009年10月28日)

[甲賀市]

信楽焼(陶器)の土味に、欠けにくい磁器の良さを取り込んだ食器の開発・販売

信楽焼(陶器)の土味に、欠けにくい磁器の良さを取り込んだ食器の開発・販売 ・食器は歴史が浅いが、独特の風合いから一部の高級料理店などでは好まれて使用されている。その一方で「欠けやすい」、「吸水率が高くカビが生えやすい」といった土もの(陶器)の欠点があり、業務用として広く普及するには至っていない。
・陶土の配合(独自の土のブレンドに加え、アルミナの配合)と生産方法(焼成温度を高く設定)の見直しにより、従来の信楽焼の欠点を克服した器を開発し、食器として全国に販売していく。
[ 紹介記事計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 信楽焼【鉱工業品】
申請事業者 株式会社藤陶

(認定日:2009年7月 1日)

[湖南市]

近江米を使った脱脂米糠(スフェロゾーム高含有)の開発・販売

近江米を使った脱脂米糠(スフェロゾーム高含有)の開発・販売 ・製米過程で発生する米ぬかを再利用し、スフェロゾームを多く含んだ脱脂米ぬか(肥料添加剤)の開発・販売に取り組む。
・スフェロゾームとは穀物の糠等の植物細胞中に含まれる直径2〜5ミクロンの球状の小器官で、非水溶性の農薬等を吸着し取り組む性質をもっている。農薬を吸着後は微生物分解により無害化される。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 近江米【農林水産物】
申請事業者 園田商事株式会社

(認定日:2009年7月 1日)

[高島市]

高島市伝統の綿織物技術を活用した特殊加工麻糸の開発及び製造、販売

高島市伝統の綿織物技術を活用した特殊加工麻糸の開発及び製造、販売 ・高島の地域資源である綿織物技術の内、長年培った梳毛紡績技術にサイジング加工技術を取り入れ「作業性の良い」「安定した高度な品質」の特殊加工麻糸を開発する。
・原糸(素材)を綿から麻へと転換することにより、資材向電線結束糸、工業用ミシン糸、手工芸糸、高級肌着用、特殊織物等々麻加工糸を新たに開発する。また、天然素材の良さにこだわり自然環境に配慮した製品作りを行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 高島綿織物【鉱工業品】
申請事業者 吾光株式会社

(認定日:2009年7月 1日)

[守山市]

自社ブランド「和奏」の確立並びにハニカム構造を活用した服飾雑貨商品の開発・販売

自社ブランド「和奏」の確立並びにハニカム構造を活用した服飾雑貨商品の開発・販売 ・地域資源である布帛・ニット縫製品に、長年にわたり地域で培われた縫製技術を活かし、ハニカム構造にユニバーサル・デザインを施した服飾雑貨商品の開発、販売を行う。
・また、ハニカム構造の新商品開発により自社オリジナルブランド「和奏(わかな)」を確立する。
[ 紹介記事計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 布帛・ニット縫製品【鉱工業品】
申請事業者 株式会社清原

(認定日:2009年7月 1日)

[甲賀市]

自然回帰農法による「朝宮茶」を使用した信楽高原紅茶の開発と販売

自然回帰農法による「朝宮茶」を使用した信楽高原紅茶の開発と販売 ・近年、日本茶の需要は拡大しているが、1番茶を摘み取った後の夏場の2番茶はやや渋みが強く味が悪いなどのため、売上は拡大しておらず、その対策が課題となっている。
・高品質の朝宮茶の2番茶を活用し、国産紅茶を開発・販売する。
[ 紹介記事計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 朝宮茶【農林水産物】
申請事業者 かたぎ古香園

(認定日:2009年7月 1日)

[甲賀市]

ペット愛好家の思いに応え、ペットロス等の心の拠り所となる信楽焼陶器の開発・販売

ペット愛好家の思いに応え、ペットロス等の心の拠り所となる信楽焼陶器の開発・販売 ・地域資源である信楽焼を活用して、ペットロスの痛みを心の拠り所とするアクセサリーや壺、照明、壁掛けモチーフ、レプリカ等の手元供養商品を開発・販売する。
・取り扱う遺灰のトレーサビリティーを確保するために製造方法等の独自性を確立する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 信楽焼【鉱工業品】
申請事業者 L・ボーン株式会社

(認定日:2009年7月 1日)

[東近江市]

業界初のカムレバーロック式水道用急速空気弁の開発販売

業界初のカムレバーロック式水道用急速空気弁の開発販売 本事業では、使用者のニーズを反映した業界初のカムレバーロック式急速空気弁の開発・生産を行う。カムレバーロック式とすることにより、維持管理作業の短縮が可能である。またフロート弁体の形状を変形することにより傾斜にも耐え、施工の柔軟性を確保出来る製品となっている。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 彦根バルブ【鉱工業品・技術】
申請事業者 協和工業株式会社

(認定日:2008年2月15日)

[長浜市]

和装地「浜ちりめん」の織・撚糸加工技術を生かした、洋装対応の新素材開発と高級ドレスの製造販売

和装地「浜ちりめん」の織・撚糸加工技術を生かした、洋装対応の新素材開発と高級ドレスの製造販売 長浜は、250年以上の歴史を有する絹織物の産地であり、中でも「浜ちりめん」は和装の生地として最高級の品質を誇る。絹・白生地という半製品から脱却し、世界に誇れる"ジャパニーズシルク洋装用素材"として進化させるため、白生地の質感・風合いを活かせるウェディングドレス、素材を活かすパーティドレスへの展開を図る。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 浜ちりめん【鉱工業品・技術】
申請事業者 (有)騒人

(認定日:2007年12月14日)

このページの先頭へ