本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

地域産業資源活用事業計画の認定

宮城県

[気仙沼市]

気仙沼の幸を振舞う「ゑびす振舞い」プロジェクト~気仙沼食文化の発信のための小規模事業者による高付加価値水産加工品等の販路開拓とブランド確立~

気仙沼の幸を振舞う「ゑびす振舞い」プロジェクト~気仙沼食文化の発信のための小規模事業者による高付加価値水産加工品等の販路開拓とブランド確立~ さんま、かつお、めかじき、さけ等を原料に気仙沼市内の水産加工業者等が製造する加工品を、「ゑびす振舞い」という統一ブランドの元に販売することで、全国への販路開拓と気仙沼ブランドのイメージ確立を目指す。統一ブランド化により訴求力を高め、中小製造業者単独では難しかった全国への商品展開が可能になり、各社の売上拡大に寄与するものである。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 さんま、かつお、めかじき、さけ【農林水産物】
申請事業者 株式会社フカコラ美人

(認定日:2016年2月 3日)

[多賀城市、仙台市]

宮城県産有機JAS米の「米ミルク(ライスミルクパウダー)」を活用した健康食品等の開発・製造・販路開拓とブランド化

宮城県産有機JAS米の「米ミルク(ライスミルクパウダー)」を活用した健康食品等の開発・製造・販路開拓とブランド化 宮城県内で栽培された有機JAS米をアルファ化粉砕技術で「米ミルク」(米粉)に加工し、健康食品・一般食品・菓子原料等として活用、サプリメントや食品・飲料・調味料として商品化し、販路開拓に取り組む。
「米ミルク」の改良と商品ラインナップの充実により両社の収益に貢献する事業にするとともに、宮城県産米の消費拡大とブランド価値を高めることを事業の目標とする。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 米【農林水産物】
申請事業者 株式会社かね久、株式会社はつらつ

(認定日:2016年2月 3日)

[仙台市]

宮城県産和紙「柳生和紙」などを使用したグリーティングカード等ペーパーウェア製品の開発・販売事業

宮城県産和紙「柳生和紙」などを使用したグリーティングカード等ペーパーウェア製品の開発・販売事業 近年では貴重な資源となっている柳生和紙を中心とした宮城県産の手漉き和紙を素材に、活版印刷を施したグリーティングカード及びペーパーウェア製品開発に取組み、海外及び国内での販路開拓を目指す。
本事業取組により、減少傾向にあった柳生和紙の、ビジネスベースでの生産量拡大の契機となることで、宮城県内手漉き和紙業の活性化に寄与することが期待される。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 柳生和紙【鉱工業品】
申請事業者 今野印刷株式会社、有限会社オガタ、仙台印刷工業団地協同組合

(認定日:2016年2月 3日)

[気仙沼市]

気仙沼産カキの旨みを活かした「オイスターチャウダー」等の商品化とブランド構築

気仙沼産カキの旨みを活かした「オイスターチャウダー」等の商品化とブランド構築 宮城県有数のかきの産地である気仙沼産かきの旨みを活かし、ワカメや魚介類等の地元食材も使った「オイスターチャウダー」を開発・製造し、ギフト市場や百貨店等への販路開拓に取り組む。この取り組みにより、気仙沼産かきのブランド化を図りかき自体の価値を向上させるとともに、消費量・生産量の拡大を図り、震災により失われた販路を取り戻すことを目標とする。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 かき【農林水産物】
申請事業者 インベンターズ株式会社

(認定日:2015年10月21日)

[登米市]

「あおばの恋」等宮城県産小麦を活用した女性向け新テイストパスタ&パスタスイーツの新ブランド開発

「あおばの恋」等宮城県産小麦を活用した女性向け新テイストパスタ&パスタスイーツの新ブランド開発 麺用小麦の中力粉を用い、製麺業として培ってきた手延べ技術等麺づくりのノウハウを活かし、新テイストパスタ及びパスタスイーツ(麺体焼き菓子)の製品開発と新ブランド開発に取り組む。宮城 県産の麺用小麦「あおばの恋」を主要原料として活用することで、宮城県登米市のご当地スイーツ及びご当地麺をアピールし、洋スタイル×和味という新たな商品領域を展開する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 小麦【農林水産物】
申請事業者 マル二食品株式会社

(認定日:2015年2月 2日)

[気仙沼市]

まるずわいがにを活かした、手軽に本格かに風味が出せる調味料等の開発・製造・販路開拓とブランディング

まるずわいがにを活かした、手軽に本格かに風味が出せる調味料等の開発・製造・販路開拓とブランディング 従来は殻付やむき身として流通していた「まるずわいがに」を、多用途で本格的なかに風味調味料「フュメ・ド・クラブ」として高付加価値化し、様々な商品化を行うとともに、直販および自社店舗での販売、百貨店ギフト、高質スーパー、レストランや飲食業等に向けた販路開拓を行うことにより、かに専門店としての「かに物語」のブランド確立を図る。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 まるずわいがに【農林水産物】
申請事業者 株式会社カネダイ

(認定日:2014年7月 7日)

[仙台市]

仙台箪笥のデザインと機能性を活かした造作家具等のある住空間の提案と“monmaya+”ブランドの確立

仙台箪笥のデザインと機能性を活かした造作家具等のある住空間の提案と“monmaya+”ブランドの確立 仙台箪笥の技能と素材の機能性の高さを活かした、箪笥だけにとらわれない、小物から造作家具、建具まで現代の生活に適合した住空間に関わる新製品を “monmaya+”という新ブランドを中心に展開し、これまでにない価格帯によって従来とは異なる購買層を取り込み、仙台箪笥の特長を活かした新製品の開発と販路開拓に取り組む。 [ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 仙台箪笥【鉱工業品】
申請事業者 株式会社門間箪笥店

(認定日:2013年10月16日)

[気仙沼市]

“キレイ”を発信「日本一・アンチエイジングな街・気仙沼」を実現するための気仙沼産フカコラーゲン等を活用した健康美容食品等の開発と販売

“キレイ”を発信「日本一・アンチエイジングな街・気仙沼」を実現するための気仙沼産フカコラーゲン等を活用した健康美容食品等の開発と販売 気仙沼に水揚げされるさめから抽出するコラーゲンを活かした、フカコラーゲンゼリー、スープ、菓子類等を開発し、全年齢層の女性をターゲットにした美容健康商品作りを進め、「フカコラーゲンの専門店」としてのブランド確立を図り、美容・健康の街という新たな気仙沼のイメージを発信するとともに、震災からの復興に資することを目指す。 [ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 さめ【農林水産物】
申請事業者 株式会社フカコラ美人

(認定日:2013年10月16日)

[気仙沼市]

三陸産さんま等を利用した常温保存可能な加工品開発と顧客に直接語りかける販路の確立

三陸産さんま等を利用した常温保存可能な加工品開発と顧客に直接語りかける販路の確立 三陸産さんま等を原料に、当社独自の高温高圧加工・滅菌技術により常温で流通・販売・保存可能な新たなさんま等加工品を開発、ブランド化とダイレクトマーケティングで販路を確立することで収益性を高めて甚大な被害を受けた東日本大震災前より強靱な事業を構築する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 さんま、かき、ホタテ【農林水産物】
申請事業者 株式会社斉吉商店

(認定日:2013年2月 4日)

[塩竈市]

“塩竈旬感マグロ”の新たな加工・流通システム開発とブランドの確立

“塩竈旬感マグロ”の新たな加工・流通システム開発とブランドの確立塩竈港に水揚げされる生鮮マグロを素材に鮮度・食感を保持する冷凍マグロ加工・流通システムで、限りなく生鮮マグロに近い状態でオンデマンドにより顧客にお届けする“塩竈旬感マグロ”のブランドを確立する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 まぐろ【農林水産物】
申請事業者 有限会社ヤマコ武田商店

(認定日:2012年10月 1日)

[女川町]

かき(牡蠣ガラ)を活用した法面緑化材の開発と販路開拓

かき(牡蠣ガラ)を活用した法面緑化材の開発と販路開拓 ・道路建設などで行う法面工事において、その保護を目的に緑化材を吹き付けて安定を図っている。同社では、緑化材に伐木材を破砕した木材チップや牡蠣ガラ等を配合し、品質の向上と未利用資源の有効利用を図る新たな緑化材及び緑化工法を開発した。
・一方、宮城県は、かきの生産量が約4.5万トンと全国2位の産地であるが、このうち約8割が牡蠣ガラとして発生し、現状ではその大部分が有効活用されていない。
・本事業では、地域の未利用資源である牡蠣ガラを緑地保全や緑化推進の資材として有効活用する新しい「W&Sソイル」及び「W&S緑化工法」を確立し、販路開拓を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 かき【農林水産物】
申請事業者 佐藤工業株式会社

(認定日:2011年2月 8日)

[塩釜市]

松島湾産アカモクを活用した商品開発と販路開拓

松島湾産アカモクを活用した商品開発と販路開拓 ・アカモクは、日本各地の沿岸に自然繁茂している海藻であるが、宮城県内では食用としてはあまり利用されていなかった。こうした中、同社は、2004年から松島湾内のアカモクを加工し、「おさしみぎばさ」として製品化している。
・本事業では、厳選したアカモクを常温乾燥し、独自の海藻加工技術により「アカモクの佃煮」や「みやぎの黒藻塩」といったアカモクの成分や特徴を最大限活かした商品を開発し、販路を開拓する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 アカモク(ギバサ)【農林水産物】
申請事業者 株式会社シーフーズあかま

(認定日:2011年2月 8日)

[石巻市]

「剥きたて食感365日・生食用・冷凍ハーフシェルオイスター」の開発・販売とブランド確立

「剥きたて食感365日・生食用・冷凍ハーフシェルオイスター」の開発・販売とブランド確立  宮城県内の特定海域で養殖されるかきを活用し、生細胞を破壊せずかつ品質劣化を抑制する独自の冷・解凍技術により、剥きたての再現を可能にした商品「冷凍ハーフシェルオイスター」を開発する。現状の「生食殻付きかき及び剥き身かき」の需要が10月〜3月に限定されているのに対し、本商品は、それ以外の時期を主な販売期として販路を開拓する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 かき【農林水産物】
申請事業者 三養水産株式会社

(認定日:2010年2月10日)

[石巻市]

「三代目 猪又屋のむきたて牡蠣」シリーズの開発・ブランド化

「三代目 猪又屋のむきたて牡蠣」シリーズの開発・ブランド化  宮城県は、全国第2位のかき生産地であり、その大部分が冬季に生鮮・生食用のむき身かきとして販売される。同社は、取れたて・剥きたての鮮度を保持した生食用冷凍むき身かきを商品化している。本事業では、これを原材料として「かきの水煮缶」など消費者利便性を高めた料理食材等の応用商品を開発し、直販・通販を中心に新たな販路開拓に取り組む。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 かき【農林水産物】
申請事業者 合同会社猪又屋

(認定日:2010年2月10日)

[仙台市]

専門店の職人技である牛タン焼き技術を、ご家庭で容易に再現できる、新しい牛タン「冠舌」(かんたん)の開発とブランド化

専門店の職人技である牛タン焼き技術を、ご家庭で容易に再現できる、新しい牛タン「冠舌」(かんたん)の開発とブランド化 (株)陣中の独自加工技術を使用し、肉を手間ひまかけて前処理することにより、柔らかいのにかみごたえがある食感を実現した牛タン製品「冠舌」を開発。今後、「冠舌」をシリーズ化し持ち帰り商品のラインナップを充実させ、販路拡大や「冠舌」ブランドの浸透を図る。
[ 紹介記事計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 牛タン【鉱工業品】
申請事業者 株式会社陣中

(認定日:2009年6月30日)

[塩釜市]

"やさしいはおいしい"世界初軟化加工技術を用いたカツオ魚肉商品の開発及び販売

日本有数の水揚げ量を誇る塩竃漁港に水揚げされる栄養素が豊富で脂がのった'戻りガツオ'を活用し、当社が有する軟化加工技術を用いて魚肉商品を開発・販売する。カツオの身は、熱を加えると硬くなり、これまで主に刺身や鰹節などでしか食されていなかったが、熱を加えても硬くならないようにする独自の加工技術を用いて、切り身加工品やカレー、ソースなど消費者ニーズにあった加工食品を開発し、販路開拓を図る。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 カツオ【農林水産物】
申請事業者 株式会社阿部亀商店

(認定日:2009年2月17日)

[本吉郡]

南三陸産ホタテ・かきを使ったパイ包み等の洋風創作料理の製造・販売

南三陸産ホタテ・かきを使ったパイ包み等の洋風創作料理の製造・販売当社で蓄積してきた水産加工技術を活かし、南三陸地域の海産物(ホタテ、かき)を原材料として、滅菌海水によりろ過循環させた衛生管理と無添加による加工方法を用いて、パイ包み等の洋風創作料理の商品開発を行う。主にケータリング用惣菜としてホテル等宿泊施設や宴会場などの事業者向けに販路拡大を図る。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 ホタテ、かき【農林水産物】
申請事業者 株式会社ヤマウチ

(認定日:2008年7月 4日)

[石巻市]

鯨の特性を活かした新たな食品の開発と販路拡大

鯨の特性を活かした新たな食品の開発と販路拡大 当社においては昭和32年11月創業以来、鯨肉を利用した「鯨大和煮」の缶詰を初め、「鯨ベーコン」「鯨竜田揚げ」等の商品を、全国に供給してきた。20年前に捕鯨が禁止されて以来、鯨食文化が徐々に衰退してきたが、当社は、鯨食文化を継承して行くという強い意志の中で、鯨肉の加工を継続してきた。美味く貴重なタンパク源でもある日本人が太古より慣れ親しんでいる「鯨」。鯨食文化を広める為にも、鯨肉をより食べやすくし高タンパク、低カロリーの特性を活かし、鯨肉100%の鯨ハンバーグをはじめ、鯨を活用した新たな商品開発を行い、当社の得意とする缶詰製造技術を活かし、全国に販路拡大を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 鯨【農林水産物】
申請事業者 株式会社木の屋石巻水産

(認定日:2008年2月15日)

[栗原市]

安全・安心を確立した菌床栽培しいたけ100%を原材料とする加工食品の製造及び販売

安全・安心を確立した菌床栽培しいたけ100%を原材料とする加工食品の製造及び販売 安心・安全な当地しいたけ(重金属非含有広葉樹のオガ菌床を使用し農薬・殺虫剤を使用しない方法で栽培)のみを原材料とする加工食品として、乾しいたけ、佃煮、お菓子の商品開発を行うとともに、ブランドの確立を図り、首都圏への進出を皮切りに、最終的に全国展開(一部海外)を目指す。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 しいたけ【農林水産物】
申請事業者 農事組合法人水鳥

(認定日:2007年10月12日)

[気仙沼市]

日本で初めて「魚肉100%の無添加無着色生・燻製ハム/ソーセージ」の開発・製造

日本で初めて「魚肉100%の無添加無着色生・燻製ハム/ソーセージ」の開発・製造 宮城県気仙沼港に水揚げされる良質なかつお、まぐろ等の素材を活用した、無添加、無着色の魚肉100%生・薫製ハム/ソーセージを開発し、DHA、コラーゲンが豊富な低コレステロール食品として、健康指向の強い消費者等をターゲットに販路拡大を図る。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 かつお、めかじき【農林水産物】
申請事業者 株式会社フジミツ岩商

(認定日:2007年10月12日)

[石巻市]

畜肉ハンバーグと同じ食感が出せる、お魚ハンバーグ(サバ)の開発・販売

畜肉ハンバーグと同じ食感が出せる、お魚ハンバーグ(サバ)の開発・販売 石巻三陸産のDHA.EPAの豊富な石巻産さばを原料とした、サバ味噌ハンバーグ(略称サバ味噌バーグ)の開発を行う。主要顧客として生協、学校給食等を想定しながら、更なるニーズの把握に努め、展示会等を通じて、新たな顧客開拓を行なう。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 さば【農林水産物】
申請事業者 株式会社遠藤商店

(認定日:2007年10月12日)

このページの先頭へ