本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

地域産業資源活用事業計画の認定

熊本県

[全域]

竹の特性を活かした竹製ボード等の健康建材の開発及び需要開拓

竹の特性を活かした竹製ボード等の健康建材の開発及び需要開拓 本事業は、地域産業資源「竹」の特徴である成長の早さや硬さ、断熱・吸音性能、湿度調整機能などの特性を利用して、住宅建築での壁及び床の下地材としての利用や家具等を主たる目的としたパーティクルボード等の建築材料の開発、生産、販路開拓に取り組む。
放置竹林となって荒廃が進む課題に対して、「竹プロジェクト」として地域をあげ需要を拡大する事により、課題解決の貢献を目指す。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 竹【農林水産物】
申請事業者 バンブーマテリアル株式会社、バンブーフロンティア株式会社、ハイアス・アンド・カンパニー株式会社、株式会社タケックス・ラボ

(認定日:2016年2月 3日)

[菊池市]

菊池水源の湧水を活用した「炭酸氷」の開発と販路開拓

菊池水源の湧水を活用した「炭酸氷」の開発と販路開拓 全国名水100選にも選ばれる「菊池水源の湧水」に、気液混合技術と氷結技術を組み合わせ、今まで商品化されなかった「炭酸氷」の商品化に成功。一般の氷に代わる新しい割材として、また夏場に食される氷菓の新食感商品として、全国に販売展開する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 菊池水源の湧水【鉱工業品】
申請事業者 株式会社 KIYORAきくち

(認定日:2016年2月 3日)

[全域]

「やまえ栗」100%使用した「栗」菓子のシリーズ化と、新商品開発事業

「やまえ栗」100%使用した「栗」菓子のシリーズ化と、新商品開発事業 やまえ栗(和栗)は大粒でほっこりとした甘みが特徴である。近年、JR九州のクルーズトレイン「ななつ星」やJALのファーストクラスのデザートとして使用されるなど注目を集めている。本事業では、やまえ栗の健康効果を全面的にPRした栗商品「栗きんとん」のシリーズ化を図る。また、新たな商品として、マロングラッセタイプの渋皮煮の開発や販路開拓に取り組む。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 くり【農林水産物】
申請事業者 有限会社やまえ堂

(認定日:2015年10月21日)

[熊本市]

新たな製造技術によるS型断面形状こんにゃく及び加工品の開発・ 販路開拓

新たな製造技術によるS型断面形状こんにゃく及び加工品の開発・ 販路開拓 近年健康ブームの影響はあるが、こんにゃくは煮たり焼いたりすることにより味をつけるが、においと手間がかかることで消費低迷を招いている。しかし熊本市の水道水は、世界的にも稀な地下水だけでまかなっている。その水を利用し、弊社が開発したS型断面形状こんにゃくの技術製法を使い、業務用のサラダこんにゃく用として、また高温加熱プレス加工することによりおつまみとして手軽に食べるこんにゃくで新たな消費拡大につなげる。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 こんにゃく【鉱工業品】
申請事業者 合資会社鳥丸八十七商店

(認定日:2015年2月 2日)

[全域]

熊本産大麦を活用した食物繊維たっぷりのグラノーラ等の開発と販路開拓

熊本産大麦を活用した食物繊維たっぷりのグラノーラ等の開発と販路開拓 食物繊維を多く含む熊本県産大麦の押麦をそのまま焼き上げ、香ばしい香りとサクサクとした心地よい食感で飽きのこない美味しさのグラノーラなど、大麦をより美味しく、より食べやすくした加工食品の開発と販路開拓を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 麦【農林水産物】
申請事業者 株式会社プレシード

(認定日:2014年10月15日)

[全域]

食との相性で食卓を華やかに彩る“低アルコールスパークリング日本酒“の開発および販路開拓

食との相性で食卓を華やかに彩る“低アルコールスパークリング日本酒“の開発および販路開拓 オレンジのような華やかな香りを出す701号酵母などと独自の醪製法により製造した低アルコール日本酒に発泡性を付与し、酸度が高く淡麗ですっきりして若い女性にも愛飲していただける料理との相性を大切にした「低アルコールスパークリング日本酒」の開発と販路開拓を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 清酒【鉱工業品】
申請事業者 花の香酒造株式会社

(認定日:2014年10月15日)

[全域]

熊本県産牛乳を原料とした、低温熟成製法による熟成式オメガ3ヨーグルトの開発・販路開拓

熊本県産牛乳を原料とした、低温熟成製法による熟成式オメガ3ヨーグルトの開発・販路開拓 熊本県産の朝搾りたての濃厚な牛乳を使用して、乳成分の良さの違いを、ノンホモジナイズド(ノンホモ)製法により表現することで、上部にクリームの層を形成する2層式のヨーグルトを製造。また、独自の熟成法により、出来立てはミルキーで甘く次第に熟成していくといった特徴を持つ、熟成式のヨーグルトを作り上げた。本事業では更に、DHA・アルファリノレン酸(以下、オメガ3と記載)を強化した牛乳を使用することで、熟成式オメガ3ヨーグルトを開発し、販路を開拓する事業を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 牛乳・乳製品【農林水産物・鉱工業品】
申請事業者 オオヤブデイリーファーム

(認定日:2014年10月15日)

[全域]

熊本県産大麦を活用した大麦麹飲料及び、大麦麹食品の開発・販路開拓

熊本県産大麦を活用した大麦麹飲料及び、大麦麹食品の開発・販路開拓 熊本県の地域資源である「麦(麦のうち大麦を活用)」を麹菌によって糖化することで従来のビールや焼酎・みそといった昔ながらの用途だけでなく、携帯型のスポーツドリンク等の飲料や需要が伸びてきているスティック野菜パンにつける無加糖のディップソースなどの新たな用途への活用が可能となった。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 麦【農林水産物】
申請事業者 橋本醤油合資会社

(認定日:2014年7月 7日)

[南小国町ほか]

“黒川温泉街=一旅館”と見据えた、黒川温泉滞在型健康増進&美容プログラムの開発と販路開拓

“黒川温泉街=一旅館”と見据えた、黒川温泉滞在型健康増進&美容プログラムの開発と販路開拓 7種類の泉質を持つ黒川温泉の特徴を活かした「温泉入浴プラン」に、糖尿病等の生活習慣病向けブルーサークルメューや美肌効果のある地産地消料理の「食」、及び温泉街散策や森林浴等の「運動」を組み合わせた、専門家の指導監修及び産学官連携による「健康増進プログラム」と「美容プログラム」の2つの新たな滞在型温泉プログラムを、黒川温泉の旅館が一体となって開発し、販路開拓と広報PRにより新規需要を開拓する。また、顧客満足度向上と温泉街活性化のため、新黒川温泉入湯手形や湯るーとクーポンの新たな着地型商品も開発する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 黒川温泉、阿蘇くじゅう国立公園【観光資源】
申請事業者 黒川温泉観光旅館協同組合

(認定日:2014年2月 3日)

[宇城市、熊本市、 八代市、氷川町]

熊本県産蓮根にナノバブル水を活用した商品の開発、製造及び販路開拓

熊本県産蓮根にナノバブル水を活用した商品の開発、製造及び販路開拓 熊本県産蓮根のモチモチした食感をナノバブル水を活用することで食感の良いシャキシャキ感を出す。さらに従来規格外とされ商品価値の低いサイズの蓮根も利用して、見た目や味をかえた熊本県では初めての「カラフル蓮根」を開発して蓮根の消費拡大を図る。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 レンコン【農林水産物】
申請事業者 株式会社小田商店

(認定日:2013年10月16日)

[南阿蘇村]

「エコバッグ式」宅配サービス用南阿蘇天然水の販売事業

「エコバッグ式」宅配サービス用南阿蘇天然水の販売事業 世界最大のカルデラとブナの原生林が育んだ南阿蘇の天然水を非加熱で、しかも新フィルム容器「エコバッグ」と専用のエアレス構造ウォーターサーバーを組み合わせたエコバッグシステムにより提供する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 地下水【鉱工業品】
申請事業者 ジェイウォーター株式会社

(認定日:2013年7月 8日)

[山鹿市]

古式麹蓋製法による熊本県産発芽玄米を使用した麹及び麹加工食品の開発及び販路開拓

古式麹蓋製法による熊本県産発芽玄米を使用した麹及び麹加工食品の開発及び販路開拓 ・熊本県の地域資源である米については、平成24年度の米食味ランキングにおいてトップに輝くなど、今後全国への需要が見込める。
・本事業では、熊本県産の無農薬玄米を使用した発芽玄米の特性を活かし、当社明治20年より続く古式麹蓋製法により発芽玄米麹を製造し、類似する商品のない甘酒等の加工品を開発後、全国への販路を拡大する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 米【農林水産物】
申請事業者 有限会社原田食品製造所

(認定日:2013年7月 8日)

[山都町]

九州中央山地国定公園(九州脊梁<せきりょう>山地)等を活用した“健康と環境と学び”の専門ガイド・インストラクター付き滞在型エコツーリズムプログラムの開発と販路開拓

九州中央山地国定公園(九州脊梁<せきりょう>山地)等を活用した“健康と環境と学び”の専門ガイド・インストラクター付き滞在型エコツーリズムプログラムの開発と販路開拓 「通潤山荘」が、九州中央山地国定公園の登山・トレッキングや有機農業体験等のエコツーリズム商品と宿泊をセットにした、今までにない新たな滞在型エコツーリズムプログラム(5つの宿泊プラン)を開発し、参加者に同行・案内・指導する登山ガイドや有機農業体験インストラクター等を自ら養成し、事前学習会の実施などで付加価値を高める。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 九州中央山地国定公園、矢部周辺県立自然公園、通潤橋、清和文楽、日向往還【観光資源】
申請事業者 有限会社虹の通潤館

(認定日:2013年2月 4日)

[阿蘇市、大津市、嘉島町、菊陽町、玉東町、熊本市、高森町、玉名市、和泉町、山鹿市]

熊本県産大豆を丸ごと微粉末にした無臭全粒大豆粉を活用した商品の開発及び販路開拓

熊本県産大豆を丸ごと微粉末にした無臭全粒大豆粉を活用した商品の開発及び販路開拓 ・山鹿市の地域資源である大豆を昔ながらの味噌や豆腐など「和」の食べ方だけでなく、無臭化し微粉末にする事で現代の食生活にあった「洋」の食べ方の提案をする事が可能になった。
・食品の市場の中で伸びており現在は大豆を丸ごとの微粉末にした大豆粉で作った製品がないホットケーキミックスやレトルトスープ等の加工品の開発を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 大豆【農林水産物】
申請事業者 株式会社れんげ・カンパニー

(認定日:2013年2月 4日)

[八代市]

八代産完熟トマトと植物性乳酸菌を活用した商品の開発・販路開拓

八代産完熟トマトと植物性乳酸菌を活用した商品の開発・販路開拓 当地域(八代市)は冬春トマトの日本一の産地であるが年間800tもの規格外トマトが出ており、このトマトの有効活用として独自の製法と植物性乳酸菌を付加した商品の開発及び販路開拓を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 トマト【農林水産物】
申請事業者 株式会社蒲公英

(認定日:2012年10月 1日)

[阿蘇市]

“血糖コントロール理論”に基づく、阿蘇の標高差を活用した“全国初”「阿蘇高原滞在型ダイエットプログラム」の開発と販路開拓

“血糖コントロール理論”に基づく、阿蘇の標高差を活用した“全国初”「阿蘇高原滞在型ダイエットプログラム」の開発と販路開拓 阿蘇の標高差と泉質を活かして、各種運動プログラム、温泉療法及び(社)日本ダイエット協会提唱の、“血糖コントロール理論”に基づく食事を組み合わせた、短期間で体質改善ができる新たなダイエットプログラムを開発し、プログラム参加者を強力にサポートする“健康コーディネーター”“健康インストラクター”“ダイエット食を提供できる調理師”の養成を行い付加価値を高める。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 阿蘇くじゅう国立公園、内牧温泉、阿蘇神社、一の宮門前町の水基【観光資源】
申請事業者 阿蘇温泉観光旅館協同組合

(認定日:2012年6月20日)

[天草市]

竹炭の成型化による環境対応型インテリアグリーン等の開発・販売

竹炭の成型化による環境対応型インテリアグリーン等の開発・販売  粒状化させた竹炭を独自の技術で成型したポットに観葉植物を植付けたインテリアグリーン等、土を使わず室内で清潔に緑を楽しめるインテリア性の高い商品等の開発、販売を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 竹炭【鉱工業品】
申請事業者 株式会社エコ・アース

(認定日:2011年2月 2日)

[氷川町]

未利用晩白柚を活用した商品の開発・販路開拓

未利用晩白柚を活用した商品の開発・販路開拓 柑橘類で最も大きい晩白柚の、外皮・中綿・果肉に至るまで加工できる特徴を活かし、それぞれの特性を活かしたスイーツや菓子原料を製品化することで、晩白柚の認知度向上とブランド構築に努めると共に市場を拡大させる。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 晩白柚【農林水産物】
申請事業者 有限会社氷川町まちづくり振興会

(認定日:2010年3月15日)

[天草市]

"専任ガイド付きイルカウォッチング"及び"化石発掘とイルカウォッチングをセットした体験プログラム"の開発と販路開拓

イルカウォッチングと化石発掘体験の専任ガイドを養成し、「専任ガイド付きイルカウォッチング」及び御所浦化石発掘体験とイルカウォッチングをセットにした「専任ガイド付き天草エコ&ジオツーリズム体験」等の新たな体験プログラムを開発し、販路開拓を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 イルカの生息地、恐竜化石の発掘地【観光資源】
申請事業者 有限会社入江商店

(認定日:2010年3月15日)

[水俣市]

和紙製造技術を用いたイグサ等を原料とするゼロエミッション高機能壁紙及び襖等の開発、販路開拓事業

和紙製造技術を用いたイグサ等を原料とするゼロエミッション高機能壁紙及び襖等の開発、販路開拓事業 和紙工芸品の技術とい草の特性を活かし、製造時に廃棄物を出さない(ゼロエミッション)技術により製造したい草壁紙の販売を行うと共に、竹や生姜等の他の素材を活用した和紙や和紙を活用したインテリア商品の開発を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 和紙工芸品【鉱工業品】
申請事業者 株式会社水俣浮浪雲工房

(認定日:2010年1月29日)

[八代市]

熊本県産素材を活用した「煮しめ饅頭」の開発・販売

熊本県産素材を活用した「煮しめ饅頭」の開発・販売 「煮しめ」の特徴である、熊本県内の農林水産物のうまみを引き出した、健康志向の高い製品である点を活かして、身近で手軽に食べることができ、若者に好まれる「煮しめ饅頭」の改良や新製品開発等を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 煮しめ【鉱工業品及びその生産技術】
申請事業者 株式会社平家屋

(認定日:2009年10月22日)

[玉名市]

スイカを原料にしたノンカフェインの健康茶の商品開発・販売

スイカを原料にしたノンカフェインの健康茶の商品開発・販売 スイカを濃縮する過程で生ずる種・皮・実等の残渣に注目し、これらに含まれるシトルリン等を有効活用するために、美味しく健康にも良い、スイカのお茶の商品開発を進める。
 また、ノンカフェイン茶としての製品価値向上や機能性評価、製品改良等に取り組む。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 すいか【農林水産物】
申請事業者 株式会社サン・コア西瓜糖本店

(認定日:2009年10月22日)

[人吉市]

球磨焼酎をベースにした紫蘇リキュールの開発・販売

球磨焼酎をベースにした紫蘇リキュールの開発・販売 球磨焼酎の特性と赤紫蘇の健康食材としての特性を合わせ持ち、女性向けにアルコール度数を低く抑えた紫蘇リキュールの開発・改良及び販売、ニーズ把握やアフターサービスシステムの構築に取り組む。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 球磨焼酎【鉱工業品及びその生産技術】
申請事業者 繊月酒造株式会社

(認定日:2009年6月29日)

[熊本市]

海苔を活用した機能性食品の開発・販売

海苔を活用した機能性食品の開発・販売 乾燥条件下でも殺菌できる技術を開発し、工業的に乾燥した殺菌済み海苔微粉末を生産することが可能になり、これまで廃棄されていた色落海苔や端材等の未利用海苔に機能性を付加した機能性食品の開発販売を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 海苔【鉱工業品及びその生産技術】
申請事業者 通宝海苔株式会社

(認定日:2009年2月20日)

[八代市]

非日常的空間を演出する八代産イグサとLED照明を融合させた光畳の開発と販路拡大事業

非日常的空間を演出する八代産イグサとLED照明を融合させた光畳の開発と販路拡大事業 畳やゴザ等のい草工芸品の製造技術を活かし、八代産のい草が従来持つ肌触り、強度、香りとLED照明の融合により、非日常的な空間を演出し、「和」にとらわれない和洋様々な空間で利用できる「光畳」を開発し、その普及を目指す。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 いぐさ【農林水産物】、いぐさ工芸品【鉱工業品及びその生産技術】
申請事業者 村上産業株式会社

(認定日:2009年2月20日)

[湯前町]

球磨焼酎の魅力を引き出すため、球磨地方の米・水・造りにこだわった"アルコール度数19度"の米焼酎の開発と新しい飲酒スタイルの提供

球磨焼酎の魅力を引き出すため、球磨地方の米・水・造りにこだわった 球磨で作った米と球磨の地下水のみを使用し、常圧蒸留、古酒とのブレンド、ろ過の回数を減らした製法を用いた、甘み、コク、まろやかさを持った19度のストレート飲用酒の製造と年間を通していつもで美味しく飲むための容器等飲酒スタイルの提供を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 米、球磨焼酎【農林水産物】 地下水【鉱工業品】
申請事業者 合名会社豊永酒造

(認定日:2008年12月15日)

[人吉市]

キクラゲ還元レトルト加工食品の開発及び販売

キクラゲ還元レトルト加工食品の開発及び販売 消費期限が4〜5日と短い生キクラゲを独自の還元レトルト加工技術によって、加熱殺菌時の酸化反応を抑え、ビタミン等の機能性成分の破壊を防止するなど、成分的な高品質化と長期保存が可能なレトルト商品を開発し、販路開拓を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 キクラゲ【農林水産物】
申請事業者 株式会社くまもと創健

(認定日:2008年12月15日)

[天草市]

天草産のタコを使った高付加価値加工と販路開拓

天草産のタコを使った高付加価値加工と販路開拓良質な天草産のタコを活用し、独自の加工技術を用いたタコ本来の旨み(ゼラチン状のコラーゲン)を残した口当たりのよい蒸しタコの加工食品を開発し、販路開拓を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 タコ【農林水産物】
申請事業者 有限会社畑山水産

(認定日:2008年9月30日)

[上益城郡御船町]

馬肉の部位を活用した機能性化粧品及び関連商品の開発と販路拡大

馬肉の部位を活用した機能性化粧品及び関連商品の開発と販路拡大馬油製造技術の改善と馬油の機能性の研究を進め、馬のスジやアキレス部位等からコラーゲン等の栄養成分を抽出・配合した天然コラーゲン配合馬油等の化粧品、自然食品、ペット用品としての商品化と販路開拓を行う。
[ 紹介記事計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 馬肉【農林水産物】
申請事業者 肌美和株式会社

(認定日:2008年7月31日)

[合志市]

紫蘇の特性を活かした各種食品メーカー向け機能性素材の開発と提供

紫蘇の特性を活かした各種食品メーカー向け機能性素材の開発と提供青紫蘇を主原料としたドリンク、素麵、茶等の開発を行うとともに、紫蘇が有する機能・有効成分を追求したオイル等機能性の高い食品原料等の提供を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 紫蘇【農林水産物】
申請事業者 青紫蘇農場株式会社

(認定日:2008年7月31日)

[阿蘇郡小国町]

地域資源である小国杉と地熱を活用した低コストの地熱乾燥材並びに不燃材の供給事業

地域資源である小国杉と地熱を活用した低コストの地熱乾燥材並びに不燃材の供給事業 強い素材である「小国杉」から「温泉地熱」を活用して低コストで良質の乾燥材と不燃材を開発し、量産体制の構築、販路拡大を目指す。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 小国杉【農林水産物】
申請事業者 小国ウッディ協同組合

(認定日:2008年2月22日)

[山鹿市]

産地アイスを活用した商品開発と販路拡大

産地アイスを活用した商品開発と販路拡大 イチゴやメロンなどの地域農産物を主原料にした「産地アイス」の製造技術を活用した健康アイス等やシャーベット(牛乳を使用しない氷菓)のソフトクリーム形体アイスを開発し、販路拡大を目指す。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 アイス【鉱工業品・技術】
申請事業者 株式会社パストラル

(認定日:2008年2月22日)

[水俣市]

未利用資源である熊本産甘夏果皮を有効利用したドレッシングの開発

未利用資源である熊本産甘夏果皮を有効利用したドレッシングの開発 当地域を含む熊本県は甘夏の収穫量日本一であるが、減少の一途をたどっている。特に果皮部分は一部菓子原料等で使用されるだけで、産業廃棄物として処理されている現状であり、付加価値をつけた商品の開発に着手してきた。
 甘夏の果皮にはポリフェノール類などの有効成分が多く含まれていることを見出し、機能性データという付加価値をつけ、甘夏果皮を使用した天然素材健康食品の販売を進めている。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 甘夏、トマト、みかん【農林水産物】
申請事業者 株式会社果実堂

(認定日:2007年11月16日)

[小国町(阿蘇市、高森町)]

阿蘇カルデラツーリズムを活用した地域密着型旅行商品の創出

阿蘇カルデラツーリズムを活用した地域密着型旅行商品の創出 これまでの観光スポットを中心にした観光から、阿蘇神社とその周辺の商店街や黒川温泉などの温泉街を活用した散策コース、阿蘇くじゅう国立公園の阿蘇の火口丘、草原、渓流、原生林及び白川水源の湧水などを活用した散策・トレッキングコースや農産物に係る農業体験、あか牛などに代表される農産品や阿蘇たかな漬け、高森田楽などを活用した食事メニューなどを作成し、これらを複合的に提供する観光商品を開発する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 あか牛【農林水産物】、阿蘇たかな漬【鉱工業品・技術】、阿蘇くじゅう国立公園、阿蘇神社 他【文化財・観光資源】
申請事業者 有限会社九州トラベルサービス
共同認定事業者:株式会社スタートラベル、南阿蘇鉄道株式会社

(認定日:2007年11月16日)

[山都町]

ブルーベリー、トマト、イチゴ等地元の野菜果物を使った日本酒ベースリキュールの開発・販路拡大

ブルーベリー、トマト、イチゴ等地元の野菜果物を使った日本酒ベースリキュールの開発・販路拡大 日本酒をベースとしたリキュールで、地元産の果物を丸ごと漬け込む製法は果汁だけを使う従来の商品と違い独自性がある。また販売価格を抑えるため、地元農家・農協との連携をしながら規格外品の野菜果物を確保し、商品を開発する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 いちご、トマト、ブルーベリー【農林水産物】清酒【鉱工業品・技術】
申請事業者 通潤酒造株式会社

(認定日:2007年10月12日)

このページの先頭へ