本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

地域産業資源活用事業計画の認定

福井県

[鯖江市]

一体生産による歪みのない高品質偏光ガラスサングラス「DEEC」の企画、開発、販売

一体生産による歪みのない高品質偏光ガラスサングラス「DEEC」の企画、開発、販売 地域産業資源眼鏡(枠を含む)、レンズの特徴を生かし、偏光ガラスレンズサングラス「DEEC」を企画、製造、販売する。日本では従来ほとんどのサングラスにプラスチックレンズが使用されているが、「DEEC」は光学特性に優れたガラスレンズを使用し、さらに眼鏡フレームとレンズの一体生産により「歪み」を極力減らす。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 眼鏡(枠含む)、レンズ【鉱工業品】
申請事業者 株式会社シューユウ

(認定日:2016年2月 3日)

[福井市]

曲面対応可能であるポリウレタン製導光板の企画・製造・販売

曲面対応可能であるポリウレタン製導光板の企画・製造・販売 プラスチックの一種であるポリウレタン素材に、切断、仕上げ加工、鏡面仕上げ、レーザー加工等を施して、従来のアクリル製に比べて、加工しやすく、軽く、安価な「ポリウレタン製導光板」を企画・製造・販売する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 プラスチック樹脂製品【鉱工業品】
申請事業者 株式会社ライティングアース、富士プラスチック株式会社、日野電子株式会社、株式会社グリーン・ライティング販売

(認定日:2016年2月 3日)

[福井市]

福井県産米粉100%を使用した温度によって食感が変化する冷凍カステラの開発・販路開拓

福井県産米粉100%を使用した温度によって食感が変化する冷凍カステラの開発・販路開拓 地域産業資源「福井米」の特徴である粘りと食味がそのまま活きる米粉として活用するため、粉砕方法を工夫しパサつき感のないカステラに仕上げられた。さらに冷凍することにより、懸念される保水性を向上させていくことで、米の風味が活きた米粉カステラで賞味期限が長く設定できる商品化につなげられた。「米粉カステラ」というテーマでブランド化していくことで、地域産業資源福井米の認知度が高まり、地域の他の米粉加工業者や稲作農家への波及効果が期待される。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 福井米【農林水産物】
申請事業者 竹内菓子舗

(認定日:2015年10月21日)

[全域]

速醸技術を活用した魚醤油をはじめとする調味料の開発・製造および販売

速醸技術を活用した魚醤油をはじめとする調味料の開発・製造および販売 福井県立大学が開発した速醸技術を活用して、サバの内臓から短期間で魚醤油を製造する。旨味が深く、減塩・低塩であり、アルコールゼロ(ハラール対応)などの特徴を活かし、関連製品も含め、試作・開発を行い、国内外での販売を目指す。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 醤油【鉱工業品】
申請事業者 株式会社室次

(認定日:2015年2月 2日)

[福井市]

福井県産そば粉を活用したガレット用そば粉の開発・製造および販路開拓

福井県産そば粉を活用したガレット用そば粉の開発・製造および販路開拓 福井県産在来種の玄そばから、石臼挽きで丁寧に生産したガレット粉は、強い香りを保ち、薄くきれいに伸びやすく、モチモチ感のある(赤ラベル)、サラッとパリパリ感のある(青ラベル)ガレット粉として販売し、新しいそば活用食材としてのガレット文化を作り上げていけるものと期待している。ガレットは新しい商材で、先行している当社は価格競争に巻き込まれず収益性は高い。この収益性の高いそば粉商品を拡販して行く事によって、そばにかかわる生産地(生産者)、飲食業界、製麺業界などに波及効果を与えられるように事業を進めていきたい。福井県においては、越前おろしそばとならび越前ガレットをブランド化することによって、そば産地としての(香りを売りにしている産地として)PRを積極的に行っていく。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 そば【農林水産物】
申請事業者 株式会社カガセイフン

(認定日:2014年10月15日)

[福井市]

福井産米を活用した各種酒類製品の企画・製造・販売事業

福井産米を活用した各種酒類製品の企画・製造・販売事業 ・「RICE WINE」(以下ライスワイン)は、福井県が生んだ日本を代表する食用米として広く普及しているコシヒカリ(精米歩合90%)とワイン酵母を純米酒の原料として活用し、甘く酸味のある白ワインのような味覚の純米酒を企画開発した。当社の後継者が大学時代から実験に実験を重ねて当社独自の技術として作り上げたものである。
・開発したリキュールは、ライスワインをベースに福井市木田地区伝統野菜「木田ちそ」のさわやかな風味・酸味と芳醇な旨みのある商品である。今後は福井梅でコクを醸し出した商品や甘酒を活用した商品を試作開発予定である。
・2007年度を最後にみりん製造業者が途絶えている福井県であるが、当社は2012年6月、福井市で生産されたもち米を使用することを前提とした「地場産使用みりん免許」を取得した。地産地消商品として製造し、飲んでおいしい高品質みりんとして販売する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 福井米、日本酒(清酒)【鉱工業品】
申請事業者 田嶋酒造株式会社

(認定日:2014年7月 7日)

[福井市]

「特殊繊維からなる細幅織物を活用した滑り止め商品」等の開発および販路開拓事業

「特殊繊維からなる細幅織物を活用した滑り止め商品」等の開発および販路開拓事業 ・長年培ってきた独自の糸加工技術により、かさ高性を増した糸と特殊加工した天然ゴムを組み合わせ、防滑性のある細幅織物を開発した。・その特性を活かし、氷・雪道での滑り止めの「靴底用」を製品化し、インターネット等を通じ販売してきた。また、車椅子利用者の雨天や雪の日の外出をサポートし、フローリングの室内でも防滑性を発揮する「車椅子用」も開発した。
・本事業では、これらの製品の販路開拓を行うとともに、鮎釣りなどの川での藻に対する防滑性を高めた川釣り用製品等の開発
・商品化も行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 細幅織物製品【鉱工業品】
申請事業者 有限会社内田撚糸

(認定日:2013年10月16日)

[鯖江市]

プレス加工による薄型積層プラスチックフレームの開発・販売

プレス加工による薄型積層プラスチックフレームの開発・販売 近年プラスチックフレーム人気もあり、鯖江産地におけるプラスチックフレームの出荷額も増加している。そこで当社は数年前より、プラスチックフレームの製造にとりかかり、その中で、多品種小ロット対応が可能な製造手法を開発した。平成21年には、福井県の「ふくいの逸品創造ファンド事業」を活用して自社ブランド「G.ARROWS」を開発し、当該商品が好評だったことと製造ノウハウを確立できたことから、さらに市場で要請の多い薄い、軽いフレームへの取り組みを開始している。本事業では、これまでの取り組みを踏まえて、今後5年間に亘り、主として金属の芯を樹脂で挟み込む三層構造のフレームや3mm以下にも対応できるフレームを開発生産することで、眼鏡フレームには欠かせないデザイン性を追求し、ニーズの把握に努めながら製品の改善、機械化、均一化、販売チャネルの見直しなどを通じて、販路を開拓していく。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 眼鏡(枠を含む)【鉱工業品】
申請事業者 浜本テクニカル株式会社

(認定日:2012年6月20日)

[鯖江市]

歪みや衝撃に耐えうる弾性・強度を実現させた「カーボン繊維眼鏡フレーム」の開発・製造・販売

歪みや衝撃に耐えうる弾性・強度を実現させた「カーボン繊維眼鏡フレーム」の開発・製造・販売 ・地域資源である「眼鏡」の加工技術のひとつであるプラスチック加工成型技術を活かして、カラーバリエーション豊かな多種多様なテンプルのデザイン実現などで独自の技術を確立し事業展開している。
・本事業では、平成21年に販売したカーボン繊維シートをアセテート樹脂の生地に挟み込んだテンプルの眼鏡フレーム「OVO(ウォーヴォ)」の好評な結果と製造ノウハウを踏まえて、眼鏡フレーム前枠部にも本技法などを用い、歪みや衝撃に耐えうる弾性と強度を実現させた、最適なフィット感が持続できるカーボン繊維眼鏡フレームの開発を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 眼鏡(枠を含む)【鉱工業品】
申請事業者 株式会社長井

(認定日:2010年6月15日)

[小浜市]

UV樹脂を用いたファッションアイテムとしての若狭塗箸及び関連商品の開発・製造・販売

UV樹脂を用いたファッションアイテムとしての若狭塗箸及び関連商品の開発・製造・販売 ・当社では、小浜市の地域資源である若狭塗箸の技術を活用し、消費者の新デザイン需要に対応するため、若狭塗箸の代表技術の1つである加飾技術(箸に装飾を施すこと)を使った商品開発を行ってきた。従来、塗装には合成樹脂塗料を使用しており、長時間の乾燥が必要なため、木地に反りやねじれが発生し、不良率を上げる原因となっていた。
・本事業では、UV樹脂を使用しコーティングすることにより不良率の低下を図り、デザイ ン性・利便性の高い次の3つの箸及び関連商品(箸ケース、箸置き等)を開発し製造・販売する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 若狭塗・若狭塗箸【鉱工業品】
申請事業者 株式会社マツ勘

(認定日:2010年2月16日)

[越前市]

越前和紙の技術を用い、河川環境保全に優れたヨシを原料にした環境配慮型のヨシ紙の製造及び販売

越前和紙の技術を用い、河川環境保全に優れたヨシを原料にした環境配慮型のヨシ紙の製造及び販売湿地帯に生えるヨシは、水質悪化の原因となる窒素やリンを吸収して成長し、刈り取ることでそれらを除去できることがわかり、ヨシ紙が河川環境保全に優れた環境配慮型商品になることが判明した。
本事業では、越前和紙の技術を用いて、琵琶湖淀川水系に自生するヨシをパルプに加工し、ヨシパルプを10%から100%配合した、非木材グリーン協会認定の「ヨシ紙」を事業として大量に抄造し、販売するものである。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 越前和紙【鉱工業品】
申請事業者 山田兄弟製紙株式会社

(認定日:2008年7月 7日)

[永平寺町]

ごまどうふの製造技術を使った"業界初"の「惣菜とうふ」の開発及び販売

ごまどうふの製造技術を使った永平寺町は、750年の歴史のある曹洞宗総本山永平寺があり、禅の修行道場として精進料理・ごまどうふが全国的に有名である。
本事業では、ごまどうふの製造技術を活かし、ごま以外の食材(梅、枝豆、きびなど)を使った「惣菜とうふ(すぐ食べられる準備済みとうふ)」を開発・販売する 。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 ごまどうふ【鉱工業品】
申請事業者 有限会社幸伸食品

(認定日:2008年7月 7日)

[鯖江市]

男性用漆塗り高級アトマイザーの開発・販売

男性用漆塗り高級アトマイザーの開発・販売 越前地域の漆器づくりは1500年に及ぶ歴史を有し、国の伝統的工芸品産地の指定を受けるとともに、業務用漆器では、全国の80%のシェアを占める我が国屈指の漆器産地である。本事業では、新たなマーケットニーズが期待される「男性用アトマイザー」を開発する。具体的なデザインとしては、男性らしさをイメージする「角」のあるデザインを施すため角物の漆塗り職人技術を活かす。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 越前漆器【鉱工業品・技術】
申請事業者 山久漆工株式会社

(認定日:2007年12月14日)

[大野市]

福井米を用いた、業界初の健康志向米菓シリーズの、開発・新チャネル網での域外販売事業

福井米を用いた、業界初の健康志向米菓シリーズの、開発・新チャネル網での域外販売事業 福井県は、コシヒカリ発祥の地であり、全国有数の米どころの1つである。その福井県の中でも生産高、農業人口ともに奥越地域が上位を占めている。産地が見えるように「福井米100%」と原料を限定、福井米の特徴である「粘りと甘み」を活かし、健康志向の「発芽玄米おかきギャバプラス」と新しい製品(チョコおかき・雑穀あられ)の開発・販売を行う。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 福井米【農林水産物】
申請事業者 株式会社吉村甘露堂

(認定日:2007年12月14日)

[吉田郡永平寺町]

3次元多層構造織物の用途展開による商品開発と販路開拓

3次元多層構造織物の用途展開による商品開発と販路開拓 永平寺サイジングは、2001年より多層構造織物の事業に着手し、技術革新を繰り返しながら新商品開発を進めてきた。本事業では、新しい機能を持った多層構造織物を高機能分野でのウレタン代替商品として販路開拓を強化し、機能面の様々な優位性を活かして「オンリーワン商品」として確立する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 絹・人絹織物【鉱工業品・技術】
申請事業者 永平寺サイジング株式会社

(認定日:2007年10月12日)

[勝山市]

清浄度と快適性が業界初の機能を有するクリーンルーム用防塵衣クロスの製造販売

清浄度と快適性が業界初の機能を有するクリーンルーム用防塵衣クロスの製造販売 本事業は、地域資源である絹・人絹織物製造技術の特徴を活かし、従来品にない高清浄度と高快適性という機能を付与した高機能のクリーンルーム向け防塵衣クロスの開発に着手した。今後、ブランド構築を優先し、捕集効率(人体から発生する塵埃を捕集する率)、発塵量(防塵衣クロス自体から発生する塵埃の量)におけるより一層の高度化を目指し、外部指導者や大学との連携も視野にいれて、2年以内に商品化を目指す。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 絹・人絹織物【鉱工業品・技術】
申請事業者 ケイテー株式会社

(認定日:2007年10月12日)

[鯖江市]

マグネシウムの射出成形による高デザイン性を有する眼鏡フレーム等の企画・開発・販売

マグネシウムの射出成形による高デザイン性を有する眼鏡フレーム等の企画・開発・販売 福井県は、眼鏡フレームの国内生産95%以上を誇る一大眼鏡産地である。福井めがね工業は、産地が長年培ってきたチタン合金、金合金、プラスチック素材による眼鏡製造技術を駆使し、21世紀のマテリアルと言われるマグネシウムを活用した眼鏡フレームを射出成型法にて作成する業界初の新手法を用いることで、既存商品との差別化、高付加価値化を図る。
[ 紹介記事| [ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 眼鏡(枠を含む)【鉱工業品・技術】
申請事業者 福井めがね工業株式会社

(認定日:2007年10月12日)

[鯖江市]

越前漆器の外食産業用食器、和食器、洋食器、インテリア製品、ギフト用品等の「ナチュラルウッド」製品の開発、製造、販売

越前漆器の外食産業用食器、和食器、洋食器、インテリア製品、ギフト用品等の「ナチュラルウッド」製品の開発、製造、販売 鯖江市は約1500年の歴史と伝統を持つ日本最古の漆器「越前漆器」の産地である。飯椀の郷は、越前漆器の優れた技術である角物木地作りと塗装技術を活用し、天然木の木目の美しさを引き出した上で、更に強度を兼ね備えた従来にない実用的な製品を、インテリア、食器等へのあらゆるシーンへ展開する。
[ 計画の概要(PDF) ]

地域資源名【三類型】 越前漆器【鉱工業品・技術】
申請事業者 (有)飯椀の郷

(認定日:2007年10月12日)

このページの先頭へ