HOME > 事業を広げる > 技術開発を支援する!SBIR[中小企業技術革新制度]

技術開発を支援する!SBIR[中小企業技術革新制度]

再検索する

フルイドウェアテクノロジーズ株式会社

埼玉県

マイクロ流体チップ搭載新バイオセンサに関する研究開発[製造業 精密機器]

事業情報

マイクロ流体チップ搭載新バイオセンサに関する研究開発

1.マイクロ流体デバイス(チップ)の製造販売
 シリコーン樹脂(PDMS)で早く安くカスタムオーダーチップの製造販売を行い、約300社、約2,500種類のチップを納入させて頂き、日本の研究開発に貢献しています。

2.マイクロ流体デバイスを使用するシステム(装置)の設計、製作、販売
 フロー系を用いて検出するシステムの設計、製造を得意とし、委託開発を受けています。
 自社製品として次の2点を製品化予定。

(1)光圧力小型セルソータ
 6種の細胞を種分けする装置で、試作実験機を産総研のご支援で完成しました。実験・評価後さらに小型・軽量化装置を作製し上市します。
 協業企業を募集中です。

(2)新バイオハザード迅速検出システム
 小型・軽量(W20×D20×H26cm、10kg以下)の検出器で、1台で多種類の毒素、菌を高感度で同時に検出するシステムを開発中です。
 現有機で、10の4乗cfu/mL、測定時間10分と従来の市販の検出キットと比較し約100倍の早さと1,000倍の感度で検出することを実証(産総研、科警研と)。
 小型・軽量化の試作機も作成し、小型・軽量化の可能性を実証した。

事業進捗状況

研究開発中

事業計画

1.マイクロ流体デバイス(チップ)の製造販売
 カスタムオーダーチップを2週間以内で作製・納品
2.マイクロ流体デバイスを使用するシステムの製造販売
 フロー系を用いて検出するオーダーメイドの受注はいつでも対応します。

自社開発製品
1.光圧力小型セルソーター
 1)6種類細胞の検出実証(試作実験機)
  24年7月〜24年12月
 2)改良小型セルソーター
  25年1月〜25年12月作製
  評価26年1月〜26年3月

2.新バイオハザード迅速検出システム
 1)小型・軽量2サンプル実験機作製
  24年7月〜11月
 2)4サンプル同時測定機作製
  24年12月〜27年12月
 3)感度向上策
  特異糖鎖・抗体の開発
  24年7月〜28年8月

補助金基本情報

  • 予算区分(採択年度):平成22年補正
  • 補助金名:SBIR技術革新事業に係る委託費
  • 採択テーマ:マイクロ流体チップ搭載新バイオセンサに関する研究開発
  • 研究開発分野:センサ分野
  • 交付機関:(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(関係省名:経済産業省)
  • 問い合わせ先:技術開発推進部 044-520-5170
[2012年01月30日 更新]

企業概要

  • 所在地:埼玉県春日部市粕壁東1丁目21-7 OM21ビル301号室
  • 電話番号:048-720-8901
  • 代表者名:吉田 敏雄
  • 代表的な保有設備:
  • 代表的な保有特許:
  • 代表的な取引先実績:
  • URL:http://www.fluidware-technologies.com
  • 資本金:5400万円
  • 設立年月日:2002年07月30日
  • 従業員数:8人
  • その他自由記入欄: