本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

中書企業の海外展開入門トップに戻る

ステップ3

調査情報を分類・分析

1. 情報収集・整理・分析

まず、チームのメンバーで、セミナーや関連機関などを通じて情報を収集します。
収集した情報は多岐にわたりますので、手分けして分野ごとに必要情報の整理・分析を行います。
これらの情報は以下の項目に分類できます。

a. 税務、財務情報
b. 法人設立の手順
c. 法的な規制環境
d. 部品、原材料の調達状況
e. 道路・港湾の整備状況
f. 現地調達可能な整備、機械、備品
g. 現地法人の取引内容
h. 現地の安全性
i. 現地人材の確保と待遇
j. 現地の工場建設基準
k. 製品の市場性(現地メーカーの状況)
l. 日本との製品比較(原価比較、品質比較等)
m. 競合他社の進出動向
n. その他

2. 現地訪問調査

調査チームによる外部情報の収集・整理の後は、担当者による現地訪問調査を行います。
その内容は以下のようになります。

1. 整理した外部情報の検証
2. 現地市場の確認
(特にローカル企業の見学は必須です。
将来的には競合になります)
3. 進出ユーザーまたはユーザー候補の動向
4. その他

<林 隆男 ライジングコンサルタンツ(株)代表取締役 中小企業診断士・ITコーディネータ/飯野恵美 中小企業診断士>

NEXT

このページの先頭へ