HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

認定事業計画の事例紹介

農商工等連帯促進法に基づき、国の認定を受けた事業計画申請事業者の活気ある声をお届けします。

東京

豚肉のおいしさ検出へ 光学的瞬時測定のワザ磨く

農業工業
中小企業者 株式会社相馬光学
農林漁業者 神明畜産株式会社
豚肉のおいしさを簡単に数値化できる脂質測定装置を相馬光学が開発。同装置を活用し、神明畜産は自社ブランド「黄金豚」の差別化につなげる。

豚肉のおいしさを簡単に数値化できる脂質測定装置を相馬光学が開発。同装置を活用し、神明畜産は自社ブランド「黄金豚」の差別化につなげる。

東京都日の出町の光学機器メーカー・相馬光学が開発している「豚肉脂質測定装置」は、豚肉を傷つけることなくオレイン酸の含有量を数秒で測定できる画期的な製品だ。オレイン酸とは脂肪酸の一種で、一般的に多く含まれるほどうまみが向上するとされるが、豚肉の流通段階で使える測定装置は存在しない。検査員が触感や味などで判断するのが主流となっている。同社の装置は、豚肉のおいしさの客観評価につながると期待される。高い精度をもつ装置誕生の背景には、光学機器メーカーの高い技術と国内最大の食肉加工業 者との出会いが隠されていた。

分光測定技術を食肉分野に応用

相馬光学は分光測定技術を強みに、光学機器や分析機器などの製造販売を手掛けている。2001 年、大阪府立農林技術センターにて食肉の非破壊検査・測定に携わっていた入江正和氏(現・宮崎大学農学部教授)が、同社の高い測定技術に着目。果物の糖度計開発な 光を当てることで簡単に「おいしさ」を調べられる。サイズも手頃だどで培ったノウハウをもとに共同研究に乗り出した。

装置の仕組みは、枝肉に近赤外波長の光を照射し、得られる波長のパターンにより オレイン酸含有量など食肉の組成成分を測定するというものだ。実はオレイン酸を正確に測定するには、理化学評価法として高い分析精度を誇るガスクロマトグラフィがある。しかし装置自体が高価で、測定に時間を要するため、食肉生産現場では使えない。ガスクロ マトグラフィと同等の精度で、簡単に測定できる装置が求められていた。

開発当初はガスクロマトグラフィとの相関係数が0.6と低く、精度は安定しなかった。相馬光学が主に手掛けてきたのは半導体などの工業製品であり、コントロールが難しく個体差も大きい生物のサンプルデータ取得は困難を極めたからだ。精度を高め、製品化するためには100頭程度の豚枝肉のデータが必要であり、多様なサンプルを提供してもらえる規模の大きい牧畜業者を探すことにした。

精度向上をめざし生産量日本一の食肉加工業者と連携

光を当てることで簡単に「おいしさ」を調べられる。サイズも手頃だ

光を当てることで簡単に「おいしさ」を調べられる。サイズも手頃だ

連携のきっかけは何気ない雑談だった。同社HPのリニューアルについて首都圏産業活性化協会のコーディネーターに相談した際、同製品開発の話をしたところ、神明畜産を紹介された。

神明畜産は東京都東久留米市に本社を置き、栃木県や青森県など全国に牧場をもつ食肉加工業者。畜産から食肉の加工・販売までを一貫して手掛けており、牛肉・豚肉ともに日本一の生産量を誇る。同社のブランド豚である「黄金豚(こがねとん)」は、2005 食肉産業展の「銘柄ポーク好感度コンテスト」で最優秀賞に選ばれるなど、高い評価を得ている。同社の枝肉を「豚肉脂質測定装置」とガスクロマトグラフィとで測定し、相関データを収集。改良を重ねた結果、相関係数を0.8〜0.9に高めることに成功した。

すでに約60頭のサンプルを取得したものの、温度や測定時期によって同じサンプルであっても数値が変動するため使用条件を固める必要があるなど、課題はまだある。農商工連携による補助金をもとに、一段の精度向上に取り組む。全国の畜産試験場で試作機を使 ってもらい、性能向上につなげる考えだ。

マグロや牛への応用も

神明畜産では、豚の飼育から加工・販売まで一貫して手掛けている

神明畜産では、豚の飼育から加工・販売まで一貫して手掛けている

相馬光学は、3年以内に同装置を製品化し、全国の畜産試験場や商社などの需要を開拓する考えだ。同社の事業の柱の1つに育てたいと浦信夫社長は意気込む。神明畜産では生産加工技術と直販ルートを活用し、「黄金豚」のうち同装置の測定値を用いて、おいしさお墨付きの「光黄金豚」を開発・販売する予定だ。加えて入江教授の学術論文を通じ、オレイン酸がおいしさの指標である点を訴求する。マグロなどの海産物や霜降り牛などへの応用も計画中だ。

コメント

消費者が納得して肉を購入するための指標を作りたい

相馬光学・浦信夫社長

相馬光学・浦信夫社長

入江教授のアイデアを形にできたのは、当社が小回りの利く企業規模だったからではないか。現場で簡易に得られる客観的な格付けによって、日本の農作物が安価な輸入品に対抗し、品質向上に真摯に取り組んでいる生産者が報われる状況を作りたい。消費者が納得しておいしい肉を購入する助けにもなる。

連携体代表者の連絡先

会社名:株式会社相馬光学
住所:東京都西多摩郡日の出町平井23-6
電話:042-597-3256
URL:http://www.somaopt.co.jp/