HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

認定事業計画の事例紹介

農商工等連帯促進法に基づき、国の認定を受けた事業計画申請事業者の活気ある声をお届けします。

佐賀県

規格外のイチゴ活用しリキュール製造

農業工業
中小企業者 大和酒造株式会社
農林漁業者 古川苺園、高取農園

日本酒離れに危機感

いちごのお酒「さがほのか」

いちごのお酒「さがほのか」

大和酒造(佐賀市、北島恭一社長、0952-62-3535)は、佐賀県産のブランドイチゴ「さがほのか」を使った清酒リキュール「いちごのお酒 さがほのか」を製造する。イチゴを漬け込む日本酒にも県内産の米を使う「佐賀の酒」だ。5月に全国で発売した。「出だしは好調。手ごたえがある」と北島社長は自信を持つ。

開発に着手したのは2008年末。食生活の変化や焼酎ブームの影響で減退する日本酒市場を背景に、新製品開発に乗り出した。都市部で若者を中心にリキュール人気が高いことに着目し、需要取り込みを狙った。国産リキュールは梅酒のイメージが強いが、目玉となる新素材を模索。加えて県内生産物の利用を検討していたところ、佐賀県ブランドのイチゴに白羽の矢が立った。

イチゴの生産期は12−5月。3月までは青果としての販売が主だが、4−5月は気温上昇で傷みやすく青果販売は難しい。生産量の約2割に規格外品が発生し、ジャムに利用するなど農家は供給先を求めていた。完熟イチゴはリキュールに適し、かつ仕入れ値は1級品の半値以下。安定供給も見込めるため古川苺園(同)、高取農園(同)と連携体を組み、イチゴリキュールづくりに取り掛かった。

多様な飲用シーンでニーズ取り込む

本社外観。稼働率向上もメリット

本社外観。稼働率向上もメリット

リキュールを漬けるベースの酒は焼酎が一般的。大和酒造でも焼酎ベースと日本酒ベースの2種類を試作した。結果としてイチゴの穏やかな甘みと酸味を生かせると判断し清酒を選んだ。初年度は4000本を製造、09年7月に県内で試験販売した。イチゴのリキュールは珍しく話題性はあったものの、県内ではリキュールが生活に浸透していなかった。そこで飲み方の研究から始め、さまざまな飲み方やシーンを提案。食前酒や食事と一緒に飲む食中酒のほか、デザートやステーキソースなどの料理にも使えることをアピールした。「多様な飲み方に対応できる味づくり」(北島社長)が製造のポイントだった。本格販売する10年は1万本を生産。イチゴのフレッシュさを残し、変色を防ぐなど味や品質を改良、パッケージや保管方法にも工夫を施した。

今後の課題はさらなるマーケティング施策だ。従来のスーパーマーケットやディスカウントストアに加え、業務用酒販店にも販路を拡大。東京や大阪の百貨店など全国で発売した。「どこでどう売れているかをつかむことが必要」と北島社長は力を込めた。

コメント

味に自信、目指すは完売

大和酒造・北島恭一社長

大和酒造・北島恭一社長

日本酒売上高のピークは十数年前で、日本人の清酒離れが起きている。原因は食事の西洋化に加えて、住宅も変化したこと。生活が従来の日本酒を楽しむ環境ではなくなったことがある。そのため現代の生活に合わせた商品として、新素材を使ったリキュールの開発に取りかかった。佐賀県産の米とイチゴを使っており、佐賀の県産品としても差別化して売り込んでいきたい。結婚式場などでもヒアリングを行っており、赤いパッケージを生かした引き出物などお祝い品の分野も深耕する。リキュールの仕込み時期は清酒の製造と重ならないため、設備の稼働率を向上できる利点もある。まずは今年分の完売を目指す。今後は毎年完売し、季節商品として限定感を出して販売できる商品にまで育てたい。味には自信がある。

連携体代表者の連絡先

会社名:大和酒造株式会社
住所:佐賀県佐賀市大和町大字尼寺2620
電話:0952-62-3535
URL:http://www.sake-yamato.co.jp/