HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

認定事業計画の事例紹介

農商工等連帯促進法に基づき、国の認定を受けた事業計画申請事業者の活気ある声をお届けします。

大阪府

大分県産の唐辛子でオリジナル商品開発

農業商業工業
中小企業者 有限会社エス・エフ・スピリッツ
農林漁業者 有限会社清川ふるさと物産館夢市場
海外品が国内市場を席巻するなか、国産唐辛子の販売にこだわる

海外品が国内市場を席巻するなか、国産唐辛子の販売にこだわる

日本における唐辛子の年間消費量は、全体の98%が輸入品と言われる。中国産など海外品が国内市場を席巻するに伴い、国内製品は後退を余儀なくされているのが実情だ。その状況に警鐘を鳴らしているのが、食品企画から製造販売を手がけるエス・エフ・スピリッツ。同社はあえて国産唐辛子の販売にこだわり、一時は市場から姿を消していた唐辛子「香川本鷹」を半世紀ぶりに復活させ、七味の形で商品化に成功している。

国産品重視の経営方針に基づき、エス・エフ・スピリッツでは自前の農場を持つ清川ふるさと物産館夢市場(大分県豊後大野市)と協力関係を構築。清川の農場で生産した唐辛子を原料としたオリジナル食品を市場投入している。唐辛子以外にも大分県産のゴマを使った商品も併せて展開するなど地域性を重視し、09年には農商工連携事業として認定された。

強い辛みを武器に

大分県産のゴマを使った商品も展開する

大分県産のゴマを使った商品も展開する

連携事業では、国内で最も多く使用される唐辛子の代表品種「鷹の爪」を清川の農場で栽培。エス・エフ・スピリッツが考案した調味料を、連携事業に協力する複数企業の支援を得て商品化する。考案した商品は鷹の爪の実を原料に酢を配合した液体タイプの調味料など。国内販売をはじめ道の駅や海外といった新規市場の開拓を通じて顧客の獲得に努めている。

特に清川の農場は大分県の中でも山間部に位置しており、年間を通じての温度差が大きい。唐辛子は清川のように寒暖の差が激しい場所で栽培すると辛みが増す。連携事業を通じて開発した商品についても、通常の七味を用いた加工品に比べて強い辛みや香りを味わえる特徴を前面に押し出すことで、他社品との違いをアピールしている。

連携事業は国産品唐辛子の支援に加え、地域の農業活性化にも役立つ。例えば唐辛子は他の農作物に比べて軽量で、収穫時の作業負担が軽微で済む。猿や鹿などによる獣害も、辛みの強い唐辛子は食い荒らされる心配がない。そのため収穫時の負担軽減と合わせて、高齢化が進む農家でも簡単に事業参加が可能な仕組み作りとなっている。

新たな購買層獲得へ

エス・エフ・スピリッツは、地域の伝統的な食材を見直す“SLOW・FOOD(スロー・フード)”と呼ばれる考え方を事業コンセプトに掲げて2002年に発足した。社名もスローフードの名称から一部引用し、「地域が持つオリジナルの食物を守る」(兼本浩史エス・エフ・スピリッツ社長)との方針で事業を展開。これまでにも、江戸時代に製造されていたという松葉から排出される二酸化炭素(CO2)で作ったサイダーの復活にも成功している。

清川ふるさと物産館夢市場とも、兼本社長が地域野菜など郷土食材を全国で探す過程で出会った。国内をめぐっているうちに、多くの自然が手つかずに残っている大分県に着目。頻繁に通っているうちに親交を深め、地域性重視の考え方が一致して意気投合した。その後は国産唐辛子の復権を狙って共同事業をスタートし、現在に至っている。

努力のかいあって、国内における唐辛子の年間消費量も辛い食材を求める指向が強まり、20年前の8000トンに対し、現在は1万トンと拡大基調にある。そこでエス・エフ・スピリッツは、今後も清川産をはじめ他県産の唐辛子を原料に使用した商品開発に注力する方針。販売も自社ブランド「堺・鷹雅堂(さかい・ようがどう)」の展開を通じて販促に取り組む。国産品を使った調味料の小売価格は輸入品の7−8倍と依然高いが、地域産品を求める一定の購買層をターゲットに売り上げ拡大を目指す。

コメント

課題は低価格化

エス・エフ・スピリッツ 兼本浩史社長

エス・エフ・スピリッツ 兼本浩史社長

これからの日本における食料自給のあり方を考えた場合、農家の活性化が不可欠となる。しかし、高齢化の進む農家が売り上げ拡大のために販路を新たに見いだすのは難しい。そこで、今回のような国産・伝統野菜に着目した連携事業の推進を通じて、農家が直販できる機会をつくることが重要と考えた。  ただ、国産にこだわりすぎて売り上げが伸びなければ農家支援に結びつかない。そこで、(まとまった需要が期待できる)飲食店など業務用分野をターゲットに売り込む。一方で、輸入品と比べて価格が高い点は克服すべき課題だ。将来の取り組みとして、低価格化を実現したいと考えている。

連携体代表者の連絡先

会社名:有限会社エス・エフ・スピリッツ
住所:大阪府堺市南区原山台1の14の12
電話:072-296-3202