HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

認定事業計画の事例紹介

農商工等連帯促進法に基づき、国の認定を受けた事業計画申請事業者の活気ある声をお届けします。

新潟県

地元伝統野菜で商品開発

農業商業工業
中小企業者 合同会社からいすけ本舗
農林漁業者 農事組合法人滝の又農産
湯沢の伝統野菜を用いて開発した「からいすけ」

湯沢の伝統野菜を用いて開発した「からいすけ」

新潟県湯沢町は、新幹線で首都圏と直結した観光地で、冬場には多くのスキー客でにぎわう。旅行・観光といえばその土地ならではの名物を味わうのも楽しみの一つだ。しかし、湯沢ではコメや日本酒を除いてこれといった名物料理がなかった。そこで飲食店などの地元有志らが、地元産品を使った新たな名物を作り、町を活性化しようと動きだした。それが地元の伝統野菜、カグラナンバンを用いた商品の開発だ。

カグラナンバンは、新潟県中越地域の山間地で昔から栽培されており、一般的なトウガラシに比べ形が大きく、実も厚くピーマンに似た形状をしている。湯沢では農家などで自家消費用として栽培されていた。一部飲食店でも用いられ、地元のソバ店では、刻んだカグラナンバンとみそを練り込んだ、カグラナンバンみそを料理に使ったり、客へのおみやげにするなど好評を得ていた。

以前から湯沢の食の名物となるものを探していた地元の飲食店、旅館の店主たちは、このカグラナンバンみそなら湯沢名物として売り出せるのではと考えて動きだし、カグラナンバンみそを加工製造する会社、からいすけ本舗(新潟県湯沢町)を設立した。湯沢ではカグラナンバンを大規模に生産しているところはなかったため、地元の農業法人と連携し、生産委託した。

無添加にこだわり

カグラナンバン畑

カグラナンバン畑

「名物とするからには、本当においしいものでないといけない」(田村代表)との思いから、保存料などは無添加で、みそも自家製と、とことんこだわって作った。「プロの料理人が作るものだから妥協はできない」というプライドもある。自家製みそとカグラナンバンを刻んだものを合わせ、加熱と冷却を繰り返して練り上げ完成させる。作り始めた当初は、全て手作業で作っていた。ただ、手作業でやるのは大変で生産量も限界があるため、練り機を導入した。また、無添加の自然食品を使うことにこだわっているため、当初は保存するには要冷蔵だった。ただ、それでは使い勝手が悪いので、容器内を密閉して真空状態にすることで常温保存を可能にした。ただ、開封後は冷蔵庫での保存が必要で、早めに食べ切ることを勧めている。

商品は赤タイプと緑タイプの2種類を用意。赤は完熟したカグラナンバンを使用したもので、じわりと来る辛さが特徴。緑は完熟前のものを用い、まろやかな辛味が特徴だ。商品名である「からいすけ」は、地元の方言で「辛いからね」などという意味だ。

新商品の開発も

からいすけは、実際に湯沢に足を運んで食べて貰いたいとの考えから、地元飲食店で調味料としての使用と、観光客のおみやげ用の二つを軸に展開している。2009年度の商品完成以来、じわりじわりと浸透し扱う店も増えた。現在、湯沢の飲食店と旅館合わせて十数店舗で、からいすけを使った鍋やソバ、ピザなどの料理が提供されている。また、同社ホームページ上ではからいすけを使ったレシピも公開している。

からいすけ本舗では、カグラナンバンの食文化をさらに湯沢で広げようと、新たにカグラナンバンを使ったジャムも完成させ、販売を始めた。ジャム以外にも、新商品の開発には積極的に取り組んでおり、現在はドレッシングとふりかけを試作している段階だ。「湯沢に来た方々に是非食べてもらい、ファンを増やしていきたい」と、同社では地域の新名物確立に向け意気込んでいる。

コメント

雪国の食文化を発信

からいすけ本舗・田村恵司代表社員

からいすけ本舗・田村恵司代表社員

新潟県魚沼地方で、昔から自家用野菜として栽培されていた伝統野菜のカグラナンバンを使用し、プロの料理人が製造する「かぐら南蛮みそ」「かぐら南蛮ジャム」などの加工品や、カグラナンバンを使用した料理が、地域の飲食店やホテル・旅館からも高い評価を得ています。これらを地域ブランドに育てることを目標に「地産地消」の販売を行ない、カグラナンバン料理や食材を普及させ地域の活性化を図っていきます。

スローフードとして原材料を厳選し、無添加・手作りにこだわり、「からいすけ料理」のレシピ集普及による商品提供を行ない、プロの料理人たちと観光客や、地域住民たちの評価により食を豊かにする、雪国食文化発信型のサービス提供商品を目指しております。

連携体代表者の連絡先

団体名:合同会社からいすけ本舗
住所:新潟県魚沼郡湯沢町湯沢488-1
電話:025-775-7601
URL:http://www.karaisuke.com/kaisya.html