HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

認定事業計画の事例紹介

農商工等連帯促進法に基づき、国の認定を受けた事業計画申請事業者の活気ある声をお届けします。

奈良県

奈良県産の金ゴマ・こんにゃく芋を用いた加工食品の開発・販売

農業商業工業
中小企業者 市民生活協同組合ならコープ
農林漁業者 JAならけん

ブランド確立へ30年目の挑戦

金ごま入りこんにゃく

金ごま入りこんにゃく

市民生活協同組合ならコープ(奈良市、森宏之理事長、0742-34-8731)は、JAならけん(以下JA、奈良市)や食品加工メーカーと連携し、奈良県産のこんにゃく芋と金ごまを使った加工食品の開発を始めた。県内の有休農地で栽培したこんにゃく芋と金ごまを使い、こんにゃくやごまドレッシングに加工。コープの販路を通じて販売する計画だ。農商工連携事業にコープが参加するのは初めて。コープのブランドと販路を生かし、連携事業がどのような成果を上げるのか、関係者から熱い視線が寄せられている。

コープは、設立から30周年を迎えた2004年に、地元の農産物と農産加工物を使った「食べる“なら”大和」というブランドを立ち上げた。設立30周年という節目の年を新ブランド立ち上げに選んだのは「企業30年説が説かれていることもあり、コープとして新しい事業に挑戦しようと考えたから」(ならコープ・山中教義執行役員)だ。ブランドの成功には「組合員に地元の良い食材を知ってもらうのが一番」と考え、ジャムや米粉パン、コロッケなど地域の農産物を使った多数の加工食品を開発・販売した。

また、コープは08年にJAと「地産地消をすすめる会」を設立、有休農地の解消と県内農産物の消費拡大を進めてきた。協力関係を続けるうちに、有休農地解消のため新規農産物の導入を促進したいJAと、地元の農産物を使って商品開発したいコープの思惑が合致、今回の事業がスタートした。

金ごま畑

金ごま畑

両社は、かつて奈良県の特産品だったこんにゃく芋や国内に生産者が少ない金ごまに着目し、これらを使った加工食品の開発を始めた。製造は、こんにゃく製造のオーカワ(奈良県下市町)、調味料製造のユーサイド(京都府宇治市)、金ごま焙煎(ばいせん)の山田製油(京都市西京区)、和菓子製造のゲイコー(熊本市)などコープとつながりのあった加工メーカーが担当。既にサンプル商品として金ごまを入れたこんにゃくを開発しており、一部をテスト販売して組合員から好評を得た。11年9月には農商工連携事業の認定も取得。今後は、ごまドレッシングや刺し身こんにゃく、ごま豆腐、ごま菓子など商品ラインアップを拡充し、12年3月から本格的に販売する予定だ。販売に当たっては組合員向けの商品学習会や生産現場見学会を開催し、商品の安全性や高品質をPRする方針。

生産、加工、流通一体で

同事業の特徴は、農業生産者と加工業者だけでなく、流通販売を担うコープが主体となって参加していることだ。従来の農商工連携事業においては、商品の開発に成功しても、販路の構築に失敗し事業化に至らないケースもあった。だが、24万世帯の組合員組織と県内10カ所に実店舗を構えるコープの販路を駆使すれば、販売促進は比較的容易だろう。農商工連携事業の申請に当たり、JAは「5年間で523万円の売上高増加と有休農地など150ヘクタールの有効活用」を、コープは「5年間で6128万円の売上高増加と『食べる“なら”大和ブランド』の向上」を目標に掲げた。同事業が販売目標を達成できるかは、今後の農商工連携事業を考える上で大きな参考となる。事業の中心である山中教義執行役員は「有休農地で栽培したジャガイモやサツマイモ、奈良県の伝統野菜である大和野菜を使った漬物など『食べる“なら”大和ブランド』としての開発アイデアはまだある。連携事業者らと協力し、消費者に受け入れられる商品開発をしていきたい」と力を込める。

コメント

他地域コープへの販売も

市民生活協同組合ならコープ・山中教義執行役員

市民生活協同組合ならコープ・山中教義執行役員

農業県とのイメージを持たれがちですが、奈良県は県域の大半を山林に覆われており、耕地面積は全国の都道府県と比べてもかなり少ないです。しかし、『大和まな』など戦前から栽培されている「大和野菜」や、柿やイチゴなど特産品は決して少なくありません。これらを素材として使えば、他の地域に無い加工食品が製造できるでしょう。今後は、農商工連携事業の認定を広告塔として使わせてもらうことで、普段見落としがちな地元産品の良さを消費者にアピール。現在は奈良県内の販売にとどまっていますが、将来は大阪や京都など、他地域のコープにも製品を販売したいと考えています。

連携体代表者の連絡先

団体名:市民生活協同組合ならコープ
住所:奈良市恋の窪1-2-2
電話:0742-34-8731
URL:http://www.naracoop.or.jp/