HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

認定事業計画の事例紹介

農商工等連帯促進法に基づき、国の認定を受けた事業計画申請事業者の活気ある声をお届けします。

 香川

海苔の色落ち問題解決へ 島の素材で新佃煮を生み出す

漁業工業
中小企業者 島乃香株式会社
農林漁業者 四海漁業協同組合
新製品「生のり」。これまでのなめらかな食感に対して、スサビノリの歯触りが新鮮。生海苔の風味やオリーブ果汁のまろやかさが食欲をそそる。

新製品「生のり」。これまでのなめらかな食感に対して、スサビノリの歯触りが新鮮。生海苔の風味やオリーブ果汁のまろやかさが食欲をそそる。

戦後の食糧難の時代に、芋のツルを醤油で煮たことから始まった小豆島の佃煮作り。その後、佃煮は島を代表する特産物として、全国でトップシェアを占めるまでになった。佃煮産業が安定する一方で、近年、プランクトンの大量発生による、海苔の色落ちの問題が浮上してきた。色落ちした海苔は廃棄せざるを得なく、島の海苔の生産高は激減した。この問題を解決するため佃煮製造会社の島乃香は、漁協組合や冷凍倉庫会社と連携して、島の生海苔を活用した佃煮の開発に乗り出した。

廃棄していた生海苔を活用

島乃香は昭和21年(1946年)より、佃煮の生産に取り組んできた。海草や貝類などの海産物を素材に、小豆島特産のまろやかな醤油で煮上げた佃煮は、多くの人たちに親しまれてきた。なかでも素朴で風味の良い海苔の佃煮は、昔から広く好まれている。

一般的に海苔佃煮の原料となるのはあおさ海苔で、主に三重県で採取される。一方、瀬戸内に生息するのは、スサビノリ。繊維質が長く板海苔の原料として利用される。同社でも海苔佃煮の材料は、これまで伊勢で採れたあおさ海苔を使用していた。

海苔摘みの様子。日が昇る前の暗いうちに採取を行う

海苔摘みの様子。日が昇る前の暗いうちに採取を行う

近年、プランクトンの異常発生による、海苔の色落ちが全国的に問題となっているが、ここ小豆島でも同様の被害を受けていた。色落ちして食用に適さない海苔は、廃棄せざるを得ない。

この問題を何とか解決できないかと、島乃香を中心に冷凍倉庫業のテルシタと、海苔養殖業の四海漁業協同組合が手を結んだ。本来、あおさ海苔を原料にしていた佃煮を、地元のスサビノリで作ってみようというのだ。これまで繊維質の長いスサビノリは佃煮に不向きとされていたが、でき上がった佃煮は意外にも好評だった。

また、生海苔から作った佃煮は、乾燥海苔で作ったものより風味が良い。さらにアミノ酸の含有量が高い島の醤油が、佃煮をまろやかな味に仕上げる。新しい食感の生海苔の佃煮は、多くの人たちに受け入れられるだろうと確信した。

難しい保存方法を研究

佃煮を煮る設備。一度に300s以上の佃煮を作ることができる

佃煮を煮る設備。一度に300s以上の佃煮を作ることができる

生海苔の佃煮作りで最も難しいのは、原料の保存だ。プランクトンが大量発生する前に採取し、鮮度や風味を損なわないよう、冷凍・保存・解凍しなければならない。

古くから付き合いのあるテルシタに協力を仰ぎ、保存方法を研究した。手順や温度管理などで、品質に大きな差が生じるので、最適な温度やタイミングの見極めが求められる。特に解凍技術は難しく、その日の気候によっても左右される。また、冷凍した原料は乾燥したものより重量がある。輸送の負荷を軽減するため、減量方法についても検討している。

かつて海苔の養殖が盛んだった四海漁業協同組合は、最盛期には年間約6億円の生産高を誇っていたが、今では5分の1に激減した。海苔の冷凍保存技術が導入されれば、再び生産高を伸ばすことができる。

販促にもひと工夫

地元の特産物を活かして、さらに付加価値を高めたい。島乃香は、海産物や果物、オリーブなど小豆島ならではの食材を加えて、さまざまな試作品を作った。試行錯誤の結果、オリーブ果汁入りシロップを加えて、まろやかな風味と甘みが増した佃煮が完成した。

佃煮の新しい利用方法も提案している。「佃煮は調味料」とうたって、料理研究家の監修のもと、佃煮を使ったレシピを考案。そのまま食べることが多い佃煮を、煮物や炒め物、サラダなどさまざまな料理の調味料として活用できることをアピール。ほかの調味料を使わず、佃煮だけで手早く簡単に調理できることから、主婦を中心に評判が良い。

また、量販店などでマネキンによる試食販売なども展開。炊き込みご飯や総菜などの試食を通して、佃煮の新しい楽しみ方を広めている。

コメント

知恵を出し合い新規取り組みへ

島乃香・木下英太社長

島乃香・木下英太社長

不況に強いと言われる佃煮業界だが、近年、食文化の変化から、売上げにかげりが見え始めている。こうした状況を打開し、佃煮をもう一度見直してもらうためには、新しい製品の開発や調理法の提案など、新規の取り組みが必要だと考える。また新しい取り組みには、他業種との協力が欠かせない。連携企業・団体だけでなく、サポート機関の助言や支援もなくてはならない。知恵を出し合うことで、これまで見えなかった可能性も見えてくる。
 新しい製品をより多くの人に知ってもらうために、展示会への出展や量販店での販促などを積極的に行っていきたい。

連携体代表者の連絡先

会社名:島乃香株式会社
住所:香川県小豆郡小豆島町馬木甲182
電話:0879-82-2262
URL:http://www.simanoca.co.jp/