HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

認定事業計画の事例紹介

農商工等連帯促進法に基づき、国の認定を受けた事業計画申請事業者の活気ある声をお届けします。

茨城県

鮮度・品質にこだわった国産パプリカで生産者と消費者を結びつける

農業工業
中小企業者 株式会社オーピーシートレーディング
農林漁業者 株式会社Tedy

温室でパプリカを通年栽培

色鮮やかなパプリカ。鮮度は輸入物と比べものにならない

色鮮やかなパプリカ。鮮度は輸入物と比べものにならない

茨城県水戸市のTedyは、温室によるパプリカの通年栽培を行う農業生産法人。平成12年からパプリカに特化して生産、販売を行っている。代表取締役の林俊秀社長は、日本国内のパプリカ市場の約9割が輸入品という現状から、国産パプリカの栽培に取り組み始めた。現在、輸入パプリカの約6割が韓国産。残り4割がオランダとニュージーランドという状況だ。

「食卓に並ぶパプリカのほとんどが輸入によるもの。収穫から店頭に並ぶまでオランダ産だと1週間。韓国産でも4〜5日はかかる。鮮度の高い国産品を供給したくてパプリカの生産を始めた」と林社長。国産パプリカは鮮度が高いだけでなく、完熟なので甘みが強く、安全性も高い。一方、輸入ものは残留農薬のリスクが高いものもあり、安全性が疑問視されているという。

同社は設立時から食の安全に力を入れており、JGAP認証やエコファーマー認定を取得している。これらは農作物の安全や環境への配慮、持続性の高い農業経営などが認められたもので、同社は「国産だから安全・安心というのではなく、確かな裏付けをもって安全・安心な栽培に取り組む」という姿勢を貫いている。

温室内にたわわに実るパプリカ。見学に訪れる関係者も多い

温室内にたわわに実るパプリカ。見学に訪れる関係者も多い

今回、連携事業として認定を受けたのは、この国産パプリカを使ったペースト商品。きっかけはパプリカを納めている京成ホテルのレストランから、ペースト加工の依頼を受けたことに始まる。冷凍ペーストを商品化すれば、家庭や飲食店で使いたいときにいつでも手軽に調理することができるし、収穫後すぐに加工するので、鮮度・栄養価が高い。

また、収穫や出荷の量に合わせて、収穫過剰の際に加工できるという利点がある。さらにパプリカとして納品できない規格外のものを活用できる。味や栄養価が変わらなくても、大きさや色など見た目の悪さから規格外としていたパプリカも、加工品にすることで有効に活かすことできる。

コスト削減が当面の課題

こうした利点の多いペースト製品だが、問題は加工に手間が掛かり、コストがかさんでしまうこと。ペーストの加工行程は、黒焼きにして皮をむき擦りつぶすのだが、皮の破片がペーストに混じったり、水分量やなめらかさに差が出たり、加工は難しく手間がかかる。そこで市内の食品加工会社、オーピーシートレーディングと連携して、栄養価や鮮やかな色を損なうことなく、口当たりの良いなめらかなペーストを実現した。

いつでも新鮮なパプリカが味わえる冷凍ピューレ

いつでも新鮮なパプリカが味わえる冷凍ピューレ

今後は、加熱方法の改善などを図りながら、加工工程の効率を向上しコストを下げるのが課題。現在、100g当たり400円ほどだか、250円を目標にしている。またペーストを使った2次加工品への新用途も開発中だ。京成ホテルのレストランでは、パプリカのパスタやリゾット、スープ、テリーヌなど数々のメニューを開発し、近く試食会を開催する。アイスクリームに関しては、すでにメニューに取り入れており、市販に向けてパッケージデザインを検討しているところだ。

時代は健康志向を踏まえた野菜ブーム。野菜専門のスイーツショップなども注目を集めている。同社はパプリカのペーストの認知度を高めるために、まず展示会への出展を予定している。

コメント

パプリカの新しい楽しみ方に期待

Tedy・林俊秀代表取締役社長

Tedy・林俊秀代表取締役社長

新鮮で安全な国産パプリカの栽培に取り組んできたが、色や形が原因で出荷できない規格外品の対処に困っていた。そんなとき、京成ホテルの総料理長からペースト加工の話をもちかけられ、加工会社のオーピーシートレーディングの協力のもと、ペーストの商品化の計画が進行した。安全で美味しく、いつでも手軽に調理が可能。これまで対処に困っていた規格外品や収穫のだぶつきも解消できる。家庭でペーストを作るのはなかなか面倒だが、この冷凍ペーストを使って、手軽においしいパプリカを楽しんでもらえればと思う。野菜スイーツのブームもあって、アイスクリームの反響も徐々に聞こえてきている。パプリカの新しい味わい方が、今後も広がっていくのが楽しみだ。

連携体代表者の連絡先

会社名:株式会社Tedy
住所:茨城県水戸市小吹町236-1
電話:029-350-1747
URL:http://www.tedy.jp/