HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

認定事業計画の事例紹介

農商工等連帯促進法に基づき、国の認定を受けた事業計画申請事業者の活気ある声をお届けします。

千葉県

誰でも簡単に栽培可能な状態をシステムで支援

農業商業
中小企業者 東海物産株式会社
農林漁業者 株式会社にしばら葉彩

農業の担い手としての思い

タブレット端末で、工場の湿度や温度、その他必要な情報を即時的に知ることができる

タブレット端末で、工場の湿度や温度、その他必要な情報を即時的に知ることができる

「誰でも簡単に作物を作れるように、植物工場は変わらなければいけない」。にしばら葉彩の鈴木剛取締役は、植物工場が日本農業の生き残りに担う役割は大きいと考えており、その上で課題を口にする。同社が東海物産(三重県四日市市)と共同で開発した「施設栽培の生産管理・支援システム」はその課題解決の一手段であり、開発に携わった鈴木氏の思いが含まれている。

にしばら葉彩は、千葉県南房総地域で農産物づくりを手がける「カズサの愛彩グループ」の一員。2003年に創業し、南房総の君津市から生食用のベビーリーフを出荷している。
 ベビーリーフはルッコラやミズナなど八つの葉菜の若葉で構成し、水耕栽培している。内部の湿度や気温などを観測して集め続け、データ量は数年間におよぶ。だが、データを基にどの時機で種をまいて収穫するかという適期を見極めるものの、最終的には従業員の農業経験に頼っている。また、包装機はベビーリーフ30グラムを自動計量して袋に詰めるため、重さが唯一の判断基準。茎が伸びすぎた葉菜を詰めて袋からはみ出してしまい、袋がロスになることもしばしばあったという。
 「従業員も人間である以上完璧ではなく、適期を見誤ることがまれにあった。だが、後工程でロスが出るリスクを減らすために、的確な見極めは絶対だった」(鈴木氏)。さらに、データの活用や生産物の経路を追跡可能にして、消費者に安心感を与えるトレーサビリティーを徹底するためにも、鈴木氏は一層の自動化に考えが行き着いた。

かゆいところに手が届く設計

製造するベビーリーフ若葉

製造するベビーリーフ若葉

構想を具現化しようと、鈴木氏は取引のあった水耕栽培関連装置やシステムのメーカー、東海物産に話を持ちかけた。システムの機能拡大を望む東海物産と、栽培面積を約3000平方メートル拡大して生産増強に取り組み始めたにしばら葉彩の思惑が一致した。
 システムは、2011年秋に試験採用し、今年本格運用を始めた。まいた種子の量や種植え日、肥料を散布する日と量を入力すると、工場内環境のデータなどから出荷適期を自動計算。出荷に必要となる梱包材の量や、出荷工程に必要な作業員数も割り出す。ウェブ経由でホストコンピューターにアクセスできるため、入力はタブレット端末(次世代情報端末)でも可能だ。

システムの製造を担当するシステムエンジニアは農業未経験者。「ただ収穫の時機を計算すればいいのではなく、作業者の行動パターンなどを踏まえた収穫の勘所を外せば、システムは力不足になる。10回以上は開発者と膝を突き合わせた」(鈴木氏)という。そのため、出来上がったシステムは「農業従事者が必要とするデータをしっかりと割り出す、かゆいところに手が届く設計にした」と自信をみせる。以前は11人いた工場従業員は、熟練の従業員1人が異動で欠員となっても生産量を維持でき、ロスは10%以下に低減してきているという。

13年に750万円の売り上げ増を目標として、08年に連携を開始した。現状で推移すれば、13年には800万円以上の売り上げ増が期待できるという。今年から、カズサの愛彩グループに所属する7農場でも試験運用を始め、同時に東海物産がシステムの販売を手がけ始めた。今年開催の「施設園芸・植物工場展」でも顧客からの関心を集めた。「ある程度規模があり、数カ所で農場を運営するような企業にシステムが入っていけばうれしい」と鈴木氏は今後の展開を見込む。

コメント

日本農業の防衛手段に

にしばら葉彩・鈴木剛取締役

にしばら葉彩・鈴木剛取締役

環太平洋連携協定で海外農産物の輸入が取り沙汰されるなど、日本の農業を取り巻く環境は日に日に厳しさを増してきている。海外産の大量流入が現実味を帯びてきた中で存在感を示すには「農作物を工業製品と同じように捉えて、損失をできる限り減らして、着実に供給できる体制を整える」必要がある。この生産管理・支援システムは、その体制を実現するために開発したもの。まだシステム自体が完全ではないので、改良を加えていく。海外農産物がいつ襲ってくるか不明だからこそ、日本農業の防衛手段の一つとしてシステム開発に今後も力を入れたい。

連携体代表者の連絡先

会社名:株式会社にしばら葉彩
住所:千葉県君津市西原138
電話:0439-35-4800
URL:http://nishibara-yousai.net/