HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

認定事業計画の事例紹介

農商工等連帯促進法に基づき、国の認定を受けた事業計画申請事業者の活気ある声をお届けします。

愛知県

愛知県産の完熟イチジクを使用したコンポート

農業商業
中小企業者 株式会社若菜
農林漁業者 伊藤欣杳

果物の漬物を若い世代にアピール

愛知県産の完熟イチジクを使用した「甘露無花果」。素材の甘さが生きている。

愛知県産の完熟イチジクを使用した「甘露無花果」。素材の甘さが生きている。

日本一のイチジク産地である愛知県の手土産に−。100年以上続く老舗漬物屋とイチジク農家が協力したユニークな取り組みが着実に実を結びつつある。漬物を製造販売する若菜(愛知県蟹江町)では2010年から愛知県産のイチジクを使用したコンポート「甘露無花果」を販売する。
 同社の信念は「漬物は家庭の食卓の味。だから旬の野菜を使い添加物は極力避ける」(山田謹一社長)ことだ。材料の多くは品質にこだわり契約農家から仕入れ、作業も大半を手作業で行う。このこだわりの漬物は東京の路面店のほか、百貨店や高級スーパーでも販売している。

しかし、漬物市場は縮小傾向にあり、購買層の高齢化で先細りも懸念される。このため若い世代にも漬物を手軽に食べてほしいという思いから、12年前から果物を使った漬物とコンポートの製造を始めた。「これら商品の販売は好調で、主力製品になりつつある」(同)といい、同社は果物を使った商品の拡充を模索していた。

地元農家と町おこし

イチジクは収穫前に完熟させて甘さを引き出す。

イチジクは収穫前に完熟させて甘さを引き出す。

その過程で、かつては蟹江町の名産であったイチジクに着目。イチジクを使った製品を販売すれば、蟹江町の町おこしにもつながると考えた。そして以前から同社と取引があったイチジク農家の伊藤欣杳氏に相談をもちかけた。ちょうどイチジクの消費を盛り上げたいと考えていた伊藤氏と狙いが一致し、連携して取り組むことになった。

傷みやすく雨に弱いイチジクの栽培は想像以上の繊細さが必要だ。伊藤氏は収穫前に完熟状態にし、極限まで甘さを引き出したイチジクのみを若菜に提供している。完熟イチジクは輸送時につぶれやすく、スーパーへの出荷が難しいが「味の良さは群を抜いている」(伊藤氏)という。
 収穫したイチジクは即日若菜に運び込まれる。そして皮付きのまま、わずか25個しか入らない小型の鍋でグラニュー糖と知多産の日本酒と水で煮詰める。通常コンポートにはワインが使用されるが、日本酒を使用することでイチジクの香りと色が際立つという。 一般的なコンポートの糖度は50度近いが、同製品の糖度は37度。「イチジクの甘さを生かすには、この糖度が最適」(山田社長)と、試作を重ねてたどり着いた数字だ。こうしてできたコンポートは柔らかな食感と自然な甘みが自慢だ。

砂糖と愛知県知多半島産の日本酒、水を加えて煮詰めていく。

砂糖と愛知県知多半島産の日本酒、水を加えて煮詰めていく。

11年はイチジクの収穫最盛期の9月に台風が来襲したため収穫量が減り、約8000個の販売と当初見込みほど販売できなかったが、「愛知の土産物として定着させたい」(同)と意気込む。12年は中部国際空港店など名古屋地区の同社直営店を中心に11年比2倍の1万6000個の販売を目指す。
 販売増にむけ、製造コストを削減することで製品価格を下げたい考えだ。同社の通常製品の製品ロス率は約2%だが、同製品のロス率は約10%。「当面は半減が目標」(同)と改善を進める考え。さらに「栽培時に出てくる規格外のものをカットコンポートとして製品化したい」(同)と製品も拡充する。

農商工連携については当初は認定を受けるのは難しいだろうと思い、勉強のつもりで応募したという。「認定を受けられたのは農政局の支援があったからこそ」(同)と語る。さらに「マスコミにも取り上げられ、良いPRになった。普段は接点のない他の認定企業と交流できたことも良かった」(同)と振り返る。「東京と名古屋地区でパッケージも替えていきたい」(同)と今後も同製品を大切に育てる考えだ。

コメント

今後も新発想で新製品を

若菜・山田謹一社長

若菜・山田謹一社長

大根と柿の漬物「なごり柿」が秋には当社月間人気ランキングの首位になるなどフルーツ漬物も若い人を中心に浸透してきた。11年からは「トマトの柚ジュレ」も始めた。イチジクのコンポートのように今後も新しい発想で新製品を開発したい。塩こうじが健康ブームで話題になるなど漬物も発酵食品の視点でとらえると健康食品として市場も拡大できるはずだ。ただそれにはしっかりした製品を作るのが大前提。従来から品質にはこだわってきたが、3月に体制強化で商品開発室内にあった品質管理機能を品質管理室として分離した。今後もモノづくりにこだわり続けたい。

連携体代表者の連絡先

会社名:株式会社若菜
住所:愛知県蟹江町蟹江本町ヤノ割46
電話:0567-95-3111