本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[山梨県] [2008年度 第3回認定]
富士山系湧水栽培クレソンの未利用部位を用いた漬物の商品化

連携体 中小企業者:(株)みしな食品(食料品製造業)
農林漁業者:大辻クレソン(農業)
連携参加者:
サポート機関等 山梨県中小企業団体中央会、地域活性化支援事務局

事業概要

クレソン漬物試作品

クレソン漬物試作品

連携の経緯

食に対する安全、安心、健康志向から、県内で漬物加工に高い技術を有する(株)みしな食品では、消費者嗜好の多様化から新しい商品開発を模索していたところ、クレソンの機能性に関する成果を知るに至った。そこで、山梨県道志村で長年にわたりクレソンを栽培している大辻クレソンを山梨県中小企業団体中央会から紹介され、連携するに至った。


野菜類のポリフェノール含量

野菜類のポリフェノール含量

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

市場では、食の安全・安心志向、健康志向が高まる中で、ポリフェノール含有量が多いクレソンの漬物は、高級漬物ブランドとして位置づけられものと期待できる。
 山梨県工業技術センターにおける試験研究によると、クレソンは、人の健康における抗酸化、高血圧予防および抗アレルギー性効果を有するポリフェノール含量が高いことが明らかになっており、本事業では、これらの機能性効果を充分活用した日本初のクレソン漬物数種を開発することで新たな需要開拓が大いに期待できる。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高:2,542万円(平成25年度)
  • 規格外品4トンの解消(平成25年度)
  • 所得1千万円農家1戸の創出
  • クレソンの安定栽培技術
  • 永続的地域営農の確立

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社みしな食品
所在地:
山梨県甲府市国母6-6-3
電話番号:
055-233-8253
FAX番号:
055-233-3076

認定日:2009年3月19日



このページの先頭へ