本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[山口県] [2010年度 第2回認定]
山口県のオリジナル柑橘である「長門ゆずきち」を活用した商品開発及び販路開拓

従来は廃棄していた、「長門ゆずきち」の黄化した果実等を活用して、加工商品を開発し販路開拓を行う。

連携体

農林漁業者 JA長門大津(協同組合)

生産部会である「長門ゆずきちの会」が「長門ゆずきち」を栽培・収穫し、安定供給を行う。
中小企業者 (有)たけなか(食料品製造業)

「長門ゆずきち」の黄化した果実等を主原料に、加工商品の開発を行い、自社の持つ販路を活用するなどして販路開拓を図る。
連携参加者 山口県長門農林事務所(地方公務)

山口県のオリジナル柑橘である「長門ゆずきち」の栽培指導を行う。
サポート機関等 山口県中小企業団体中央会、(独)中小機構中国

連携の経緯

萩市で柑橘類の加工を手がける(有)たけなかは、「長門ゆずきち」の商品開発を進める中で、原料の仕入れ先として、山口県中小企業団体中央会から「長門ゆずきちの会」の紹介を受けた。「長門ゆずきち」は従来生産量の1/3程度を廃棄しており、この廃棄していた果実を活用すれば生産農家の経営改善にも繋がるとの考えから、「長門ゆずきちの会」を傘下にもつJA長門大津との連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

「長門ゆずきち」は、これまで青い果実を商品として出荷・加工していたが、本事業では熟成し黄化した果実(従来は廃棄)を活用し、特徴である果汁が多い、酸味がまろやか、果皮が柔らかい、種がほとんどないこと等を活かして商品化を行う。


連携による効果

農林漁業者 5年で220万円の売上高増加、ブランド力向上

従来は廃棄していた黄化果実等の活用による農業者の収入向上と、ブランドの確立・向上が図られると期待される。
中小企業者 5年で2,111万円の売上高増加、商品力の強化

既存の夏みかん等事業に加え、「長門ゆずきち」を活用した新商品の開発により、新たな事業の展開が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社たけなか
所在地:
山口県萩市椿東梶ヶ原2234-3
電話番号:
0838-26-0066
FAX番号:
0838-25-1561

認定日:2010年9月30日



このページの先頭へ