本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[山口県] [2008年度 第2回認定]
柳井産の自然薯や米粉を活用した「自然薯麺」「自然薯スナック菓子」等の開発および販路拡大

連携体 中小企業者:エムテックス(有)(製造業)
農林漁業者:農事組合法人やまぐち自然薯生産組合(農業)
連携参加者:農事組合法人おおさこ(農業)
サポート機関等 山口県商工会連合会、(財)やまぐち産業振興財団、中小機構中国地域活性化支援事務局

事業概要

自然薯栽培農園

自然薯栽培農園

連携の経緯

エムテックス(有)は、小麦粉を一切使わず米粉と蒟蒻を原料に独自の製法で麺を製造する技術を確立し、「蒟蒻入り米らーめん」や「蒟蒻入り冷麺」を製造してきた。一方、(農)やまぐち自然薯生産組合は、自然薯栽培において独自の栽培方法を確立し、農家の所得改善を図るため全国への普及活動に努めてきた。当組合で生産する自然薯の規格外品については従来は廃棄していたが、この有効活用についてエムテックス(有)に打診し開発を行った結果、独特の食感と味を有する「自然薯麺」を商品化することができた。また、従来他県から調達していた「米粉」も、安心・安全の観点から地元の(農)おおさこから調達することとし、三者の連携による本事業への取組みとなったものである。


自然薯麺

  自然薯麺

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

本事業で製造する「自然薯麺」は、ヘルシー食品である蒟蒻を入れながら米粉やでんぷんを加えることにより蒟蒻独自の臭いを消し、柳井地域の特産品である自然薯を加えた最高の食材である。自然薯は古来より精のつく滋養強壮食として珍重されている。本商品は独特の食感と味を有しており、健康志向の食品市場はもとより、幅広い市場をターゲットとする。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 柳井産の「自然薯」および「自然薯麺」等のブランド力向上
  • 米粉と蒟蒻を原料に特殊麺を製造する独自製法・技術をもとに、自然薯の規格外品を有効利用し付加価値を高める新しいビジネスモデルの確立
  • 小麦粉を一切使わない新たな麺市場開拓のモデル事例

代表企業等の連絡先

代表者:
エムテックス有限会社
所在地:
山口県柳井市新市2-32
電話番号:
0820-22-0654
FAX番号:
0820-22-0677

認定日:2008年12月25日



このページの先頭へ