本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[山口県] [2008年度 第2回認定]
「山口県産黒ごま」を原料として、昔ながらの製法で製造したこだわりの「国産黒ごま油」及び「国産黒ごま関連商品」の開発・製造・販路拡大事業

連携体 中小企業者:(株)クレアツーワン(製造業)
農林漁業者:農事組合法人あさグリーン優とぴあ(農業)
連携参加者:山口中央農業協同組合
サポート機関等 山口県商工会連合会、(財)やまぐち産業振興財団、中小企業基盤整備機構、中国地域活性化支援事務局

事業概要

黒ごま畑

黒ごま畑

連携の経緯

(有)クレアツーワンは、昔ながらの製法でこだわりの「ごま油」や「ごま関連商品」を製造しており、首都圏等の有名百貨店や高級食材店頭で高い評価を得て販路を確立している。「国産ゴマ」商品については、これまで卸問屋から仕入れた他県産「ゴマ」を原料として製造していたが、取引先からの「山形県産ごま」を原料とした商品への要望の高まりや、生産者の顔が見える形での安心・安全な原料の安定確保の観点から、山口での「黒ごま」生産が必要となった。
 こうしたことから信頼できる生産者を探していたところ、(農)あさグリーン優とぴあや山口中央農業協同組合との連携が実現し、本事業を開始したものである。


(左)国産ごま油 (右)国産錬り黒ごま

(左)国産ごま油     (右)国産錬り黒ごま

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

当社の「国産黒ごま油」は、高熱処理や薬品処理を一切行わず、昔ながらの製法(低温焙煎、玉締め低圧搾、自然沈澱、ろ過4回)で1ヵ月〜1ヵ月半をかけて製造するこだわりの商品であり、「ごま油」本来の味を引き出している。
  市場性については、当社商品はすでに関東・関西の百貨店や高級食材店頭で高い評価を得て販路を確立しており、マスメディアにも広く紹介されるなど、富裕層顧客を中心に支持を得ている。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 「山口県産黒ごま」および「山口県産黒ごま商品」のブランド力向上。
  • 黒ごま栽培農家の拡大、および高品質黒ごまの栽培による黒ごまの一大産地化。
  • こだわりの製法による高付加価値商品の首都圏での販路開拓のモデル事例。

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社クレアツーワン
所在地:
山口市小郡下郷3380-1
電話番号:
083-974-2850
FAX番号:
083-974-2851

認定日:2008年11月10日



このページの先頭へ