本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[山形県] [2011年度 第1回認定]
山形県庄内産地魚を活用した“やまがた天然地魚漬け“の開発とブランド化事業

山形県庄内浜で水揚げされた天然旬魚と、内陸地方で古くから伝承されてきた熟成文化(発酵文化)を融合させた水産物漬物(純米酒粕漬け)の商品化。

連携体

農林漁業者 JFやまがた(漁業協同組合)

漁獲時期や漁獲量等の情報提供と、船上活〆等による原料魚の鮮度と品質の管理を担う。
中小企業者 (有)しぶや(その他の水産食料品製造業)

山形県内陸部で伝統的に重用されている魚介の漬け込み・熟成文化に由来する地魚漬けの商品開発を担う。
連携参加者 (株)山形丸魚(生鮮魚介卸売業)、塩工房やまいち(塩製造業)鯉川酒造(株)、羽根田酒造(株)、(資)髙橋酒造店(以上、清酒製造業)

やまがた天然地魚漬けの原料となる、こだわりの「魚、純米酒粕、庄内浜天然塩」の安定的な供給を担う。
サポート機関等 (財)山形県企業振興公社、(独)中小機構東北

連携の経緯

JFやまがたでは、高付加価値商品の開発を模索するとともに、県外への販路拡大と県産魚ブランドの確立を企画していた。一方、(有)しぶやは、庄内産地魚を使った季節料理を首都圏等の消費者にも味わってもらうための商品企画・販売を構想中であった。県産地魚を水産加工品として高付加価値化し、通年流通、販路拡大を図る点で思惑が一致し、連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

山形県庄内浜で水揚げされた一定規格の鮮魚のみを原料に使用し、トレーサビリティーを明確化。原材料の選定から加工までの工程を"しぶや基準"というこだわりの生産方式により行う。指定添加物や化学調味料を一切使用せず、安全・安心を確保。このように、連携参加者も含め漁獲、原料、製造全てにおいてこだわった商品を開発しブランド化を目指す。


連携による効果

農林漁業者 4年で8百万円の売上高増加、地魚加工品の通年流通や高付加価値化の実現

鮮魚流通だけでなく、水産加工品としての通年流通が可能で、かつ高付加価値化された新商品が開発される。
中小企業者 4年で2千万円の売上高増加、地域を越えた新たな事業展開の確立

高品質で安全・安心な食品を求める消費者や通業者等の支持を得ることにより、新たな事業展開が期待できる。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社しぶや
所在地:
山形県東根市本町1-2
電話番号:
0237-53-0603
FAX番号:
0237-53-0607

認定日:2011年9月30日



このページの先頭へ