本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[山形県] [2011年度 第1回認定]
山形県庄内地方の「最上紅花若菜」を使った粉末健康飲料の開発・製造の事業化

最上紅花の若菜を主原料にした、飲みやすく、美味しく、機能性豊かな、新しいコンセプトの粉末健康飲料を開発する。

連携体

農林漁業者 菅原賢信(工芸農作物農業)

長年の間培った有機栽培技術、ノウハウを活かし、機能性豊かな紅花若菜の生産・供給を担う。
中小企業者 有限会社グローバルアイ(他に分類されない食料品製造業)

粉末化の製造技術と食味の調整ノウハウを活かした粉末健康飲料の開発と、商品の販路開拓を担う。
連携参加者 学校法人東北公益文科大学(高等教育機関大学)、増坂賢一、阿彦美奈子、加賀山典子、小野寺喜作、阿部正一、乙坂光洋(以上、工芸農作物農業)

「紅の花ふる里再生協議会」等の活動を通じ、原料生産や販路開拓等を支援する。
サポート機関等 (財)山形県企業振興公社、(独)中小機構東北

連携の経緯

自社ブランドでの差別化商品による収益性の改善を目指す(有)グローバルアイと、栽培品種の多様化や加工品向け販売チャネルの開拓で、経営の安定化を目指していた農業者の菅原賢信が、東北公益文科大学が主催する「紅の花ふる里再生協議会(庄内地区で紅花の生産拡大・産地形成を目指す)」への参加をきかっけに互いの課題を共有し、解決のために連携するに至った。

連携に当たっての課題や工夫

紅花の抗酸化作用やアンチエイジング機能に着目し、(有)グローバルアイが既存の青汁と差別化された粉末健康飲料の開発を行う。また、菅原賢信と連携参加農業者らは「紅の花ふる里再生協議会」活動への参加で培った紅花栽培技術やノウハウを活用し、安定した高品質の原料供給を行う。さらに東北公益文化大学に「紅花プロジェクト」を組織し、マーケティング調査や販路開拓を推進する。


連携による効果

農林漁業者 5年で388万円の売上高増加、安定的な収益確保による農業経営の改善

原料供給により安定的な収益確保が図られるなど、農業経営の改善が期待される。
中小企業者 5年で4,074万円の売上高増加、経営の向上

新商品の開発・販売による売上の増加と経営の向上が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社グローバルアイ
所在地:
山形県鶴岡市大西町26-30
電話番号:
0235-25-4141
FAX番号:
0235-25-6364

認定日:2011年9月30日



このページの先頭へ