本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[和歌山県] [2010年度 第2回認定]
紀州特産である柿の規格外品を利用した新商品「柿っ娘」及び「柿っ娘」関連商品の開発・製造・販売

小粒、スリやキズ、変形等で規格外品となり廃棄される柿の有効利用を図り、新たな柿加工食品の開発・製造・販売を行う。

連携体

農林漁業者 松本祥明、西富司(以上、農業)

柿の生産と柿の規格外品の選別、柿っ娘の一次加工を行う。また中小企業者と協力して「柿っ娘」の試作を行う。
中小企業者 (株)ふみこ農園(食品製造販売業)

「柿っ娘」及び「柿っ娘」関連商品の企画・開発、製造・品質管理、販売・販路開拓を行う。
連携参加者 森下宗泰、田中秀幸(以上、農業)、和歌山県工業技術センター

農業者は柿の生産と柿の規格外品の選別、柿っ娘の一次加工を行う。和歌山県工業技術センターは商品の栄養分析や品質検査、品質管理・商品改良等について指導する。
サポート機関等 紀州有田商工会議所

連携の経緯

(左)「柿っ娘」 (右)柿農場

(左)「柿っ娘」 (右)柿農場

今まで廃棄していた規格外の柿を有効利用して経営改善を図りたい農業者の松本祥明、西富司と、厳しい経営環境の中でも、商品の企画開発力と農業者の持つ柿加工のノウハウを取り入れ、今までにない特徴を持つ柿加工食品を開発・製造・販売したい(株)ふみこ農園の思いが合致して、今回の連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

「柿っ娘」関連商品

「柿っ娘」関連商品

(株)ふみこ農園が下記の商品コンセプトの企画開発を提案し農業者と協力して柿加工のノウハウを取り入れながら試行錯誤の末、試作を繰り返し、商品の開発と効率よい生産方式の確立を行った。(1)食べやすい一口サイズで手軽に食べられる。(2)ジューシーで歯応えがあり柿本来の甘味が味わえる。(3)品質を保持し、変色も防止できる。(4)規格外の柿を利用でき、効率よく生産できる。


連携による効果

農林漁業者 5年で400万円の売上高増加、柿の規格外品18.8トンの有効利用

柿の規格外品を有効利用できることで、廃棄費用の軽減と収入増が見込める。
中小企業者 5年で5,000万円の売上高増加、収益性の改善、地元雇用15名の増加

取引先の要望に応えることができ、売上向上が見込める。さらに新たな収益の柱を確立でき、経営改善につながる

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社ふみこ農園
所在地:
和歌山県有田郡有田川町野田594-1
電話番号:
0737-53-2350
FAX番号:
0737-53-2351

認定日:2010年9月30日



このページの先頭へ