本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[和歌山県] [2009年度 第1回認定]
和歌山県・紀ノ川「香り鮎(吉宗献上鮎)」を活用した鮎の加工食品の開発と販売

和歌山県(紀ノ川)産の鮎を電磁波冷凍技術を使い、「棒寿司専門店の独自技術」・「独自開発した漁獲方法並びに鮮度維持ノウハウ」を活用して鮎棒寿司を開発し、全国販売を視野に事業規模拡大を図る。

連携体

農林漁業者 TOMO TOMO(漁業)

独自に開発した漁獲方法により水産物「香り鮎(吉宗献上鮎)」を漁獲して提供する。
中小企業者 有限会社可吉(食料品製造業)

鮎の棒寿司を開発、電磁波冷凍技術を活用して全国展開をする。
連携参加者 紀ノ川仲良し会(漁業)

「TOMOTOMO」の要求に応じて一時雇用形態をとり、鮎を漁獲して提供する。
サポート機関等 財団法人食品分析センター、近畿大学水産研究所

連携の経緯

(有)可吉は、現在棒寿司の製造を行う中で、水産物「香り鮎(吉宗献上鮎)」を活用することで、知名度を上げ、更なる高付加価値化商品づくりを計画。以前より取引のあった生産者(TOMO TOMO)と当事業について協力・連携を開始、今までにない“鮎の棒寿司”を開発し連携双方の経営の改善・向上を目的として新事業を立ち上げる事とした。

連携に当たっての課題や工夫

原料となる鮎は、吉宗献上の香り鮎と名乗れるほどの味と歴史があるが市場においては知名度が低い為販路開拓と知名度の確立が必要TOMO TOMOの代表者は紀ノ川仲良し会の会長を兼ねており、独自で開発した鮮度維持のノウハウを用いて、本物の鮎を提供する。(有)可吉は電磁波冷凍技術を導入し、地域活性化に繋がる昔ながらの“本物の味と歴史”を持った原料鮎を活用し、今までにない“香り鮎の棒寿司”の市場開拓を実施する。


連携による効果

農林漁業者 5年で609万円の売上高増加、雇用増加を目指す

鮎漁業が江戸時代からの営みがあり、巻網も使用可能なため、高い収益性が期待される。
中小企業者 5年で8,000万円の売上高増加、吉宗献上の香り鮎の知名度確立

電磁波冷凍技術を用い、鮎本来の味が楽しめる商品群を順次開発、市場開拓、差別化できる商品力強化が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
有限会社可吉
所在地:
和歌山県有田市初島町浜1番地
電話番号:
0737-82-2444
FAX番号:
0737-82-2444

認定日:2009年7月 6日



このページの先頭へ