本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[富山県] [2008年度 第2回認定]
地元産大麦を使った麦芽と日本有数の清流・黒部川の名水を使用した「モルト麦茶(仮称)」の開発・販売

連携体 中小企業者:宇奈月ビール(株)
農林漁業者:黒部市ビール麦生産組合
連携参加者:黒部まちづくり協議会、黒部農業協同組合
サポート機関等 黒部市、富山県商工会連合会

事業概要

連携の経緯

宇奈月ビール(株)は、地元産原材料を用いた地ビールの製造で培ってきた麦芽製造技術をビール以外の新たな商品開発に活用する道を模索する中で、麦芽を加えた麦茶の試作に取り組んだところ、味や香りに高い評価を得ることができた。
 そこで、麦茶にふさわしい麦芽用の麦の生産を黒部市ビール麦生産組合へ依頼した。同組合では二条麦の品種選定をはじめとした栽培手法等を検討し、双方が連携してモルト麦茶(仮称)を製造することとなった。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

本事業では、地元産の二条大麦とその麦芽及び黒部川の名水(伏流水)を使用して、国産材料100%の豊かな香ばしさと甘みのある麦芽入り麦茶を開発し、販売する。
 黒部まちづくり協議会等の協力のもと、各種イベントでの普及・拡販や黒部峡谷・宇奈月温泉を訪れる観光客への商品PRを行い、黒部のブランド力の向上、地産地消及び地域活性化を推進する。
 さらに、量販店への販路開拓にも努め、大麦の特徴を活かした健康市場への参入も目指すものである。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・13,440千円(平成25年度)
  • 地域ブランド「モルト麦茶(仮)」の確立
  • 黒部ブランドの向上

代表企業等の連絡先

代表者:
宇奈月ビール(株)
所在地:
黒部市宇奈月町下立687
電話番号:
0765-65-2277
FAX番号:
0765-65-2255

認定日:2008年12月22日



このページの先頭へ