本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[富山県] [2008年度 第1回認定]
高機能ハトムギエキスを加えた新しい「はとむぎ茶ゴールド(仮称)」の製造・販売

連携体 中小企業者:(株)JAアグリひみ(製造業)、(株)CRD(サービス業)
農林漁業者:氷見市農業協同組合
連携参加者:(株)ベルブリッジ、NPO法人代替医療科学研究センター、ニットービバレッジ(株)
サポート機関等 地域活性化支援事務局

事業概要

(左)ハトムギ、(右)ハトムギの実

(左)ハトムギ、(右)ハトムギの実

連携の経緯

(株)JAアグリひみは、氷見市農協とともに、同農協が米作転作物としてハトムギ栽培を推奨している中、地域産のハトムギを用いたハトムギ製品の開発に取り組んできた。地域農業の更なる発展のためには高付加価値のハトムギ製品の開発が急務との考えにより、医学的にも証明された安全で健康に良いハトムギエキスに着目し、ハトムギの研究に強みをもつ金沢大学発ベンチャーの(株)CRDと連携し、本事業に取り組むこととなった。


新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

従来製品の「はとむぎ茶」は、平成20年には100万本超の販売見通しであり、確実な成長を遂げている。焙煎技術の向上によりハトムギの食味を大幅アップさせるとともにハトムギエキスならびに葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12の添加により、薬効が相乗的に向上した健康飲料としてのブランド化を図り、連携体が持つ販売チャネルを有効に活用して販売力を強化する。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・1.1億円(平成23年度)
  • 地域の特産としてのハトムギのブランド力を高める
  • 地域のハトムギ生産の増大に貢献
  • ハトムギの機能性の認知度を拡大

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社JAアグリひみ
所在地:
富山県氷見市加納840-1
電話番号:
0766-74-8735
FAX番号:
0766-74-8736

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ