本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[鳥取県] [2009年度 第2回認定]
『熟成黒にんにく』を活用し開発した健康食品及び調味原料の販路開拓

鳥取県産の契約栽培による熟成黒にんにくを加工し、健康食品・調味原料として商品化し、国内はネット通販会社、食品製造会社製薬会社をターゲットに海外は中国、台湾を中心に販路開拓を行う。

連携体

農林漁業者 コーワ建設(有)(農業・建設業)

耕作放棄地を活用して糖度の高いにんにくを栽培するとともに、熟成・発酵させた黒にんにくを生産する。
中小企業者 (株)エムコ(食品製造業)

熟成黒にんにくをペースト等に加工した商品を開発し、健康食品や調味原料等として販路の拡大を図る。
連携参加者
サポート機関等 米子商工会議所、境港商工会議所、(財)鳥取県産業振興機構、地域活性化支援事務局

連携の経緯

(左)ペースト(右)エキス

(左)ペースト(右)エキス

(株)エムコは健康食品として人気がある「黒にんにく」を使い、美味しく、簡単に、抵抗なく賞味できる健康食品と、様々な用途に利用できる調味原料を開発した。商品化にむけ、良質の「成熟にんにく」を、安定的に供給してくれる連携相手を探していたところ、(財)鳥取県産業振興機構によって、コーワ建設(有)を紹介され、連携事業を開始した。

連携に当たっての課題や工夫

(左)パウダー(右)お茶

(左)パウダー(右)お茶

『黒にんにく』の人気高騰による消費拡大、連作障害の影響等で原料不足が顕著になっており最近では中国産のにんにくを使っている業者もある。
 コーワ建設(有)にとっては、市場では規格外品となる「にんにく」であっても成熟させることで『熟成黒にんにく』の原料として供給することができる。
 (株)エムコにとっては、良質な原料を安定的に確保でき、それを加工することで付加価値が高まり、本事業を収益源として確立できる。
 また、コーワ建設(有)は、耕作放棄地の有効活用をするため農業参入したもので、「にんにく」をブランド化することで、農業活性化、経営改善につながる。


連携による効果

農林漁業者 5年で1,200万円の売上高増加、規格外品の有効活用

契約栽培による安定的な収入が期待されるとともに、規格外品の有効活用が可能となる。
中小企業者 5年で5,250万円の売上高増加、商品の差別化

様々な企業ニーズに対応した商品の開発を行うことで、差別化が出来、収益向上が期待できる。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社エムコ
所在地:
鳥取県米子市両三柳277
電話番号:
0859-24-5844
FAX番号:
0859-24-5858

認定日:2009年9月30日



このページの先頭へ