本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[鳥取県] [2008年度 第3回認定]
地域の山から品質の優れた材木を直接仕入れ、その木をふんだんに使い、木の魅力を実感できる木造住宅の提供

連携体 中小企業者:有限会社音田工務店(建設業)
農林漁業者:樋口林業有限会社(林業)
連携参加者:
サポート機関等 米子商工会議所、中小機構中国地域活性化支援事務局

事業概要

「鳥取県の木の住まいづくりコンクール」17年度優秀賞受賞和風モデル

「鳥取県の木の住まいづくりコンクール」
17年度優秀賞受賞和風モデル

連携の経緯

木造住宅は地域の材木を使って建築することが、気候風土に適しているので、住む人が「木の温もりと香り」をより体感でき、魅力を実感できる。
 これを実現するにあたり、(有)音田工務店が樋口林業(有)から、市場を通さずに原木を直接仕入れることで、流通コストを押さえつつ地域の良質な材を安定的に供給できる『山(産)直住宅』システムを構築するため連携に至った。


18年度最優秀賞受賞洋風モデル

18年度最優秀賞受賞洋風モデル

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

樋口林業(有)が選定した良質な木材を、(有)音田工務店が市場を通さずに直接仕入れることにより流通コストを下げ、他社と同程度の単価で高品質な住宅を提供する『山(産)直住宅』の仕組みを構築する。
 また、この山(産)直住宅の提供にあたっては、施主が材料選びから完成までの工程に参加し、建築業者は施主に対して工事履歴を写真に記録して報告するといったサービスを提供する施主参加型住宅として市場開拓を行う。
 なお、建築する住宅は、和風・洋風および和モダンの3種類を基本モデルに、設計に自由度を持たせて住む人のニーズに合わせて設計する。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 地域の木材を使うこと(地産地消)で、中小企業者だけでなく林業者の経営の向上につながる。
  • 地元産の木材を使った住宅の良さが見直され、林業の復活が期待でき、地域の活性化につながる。
  • 事業の拡大により、森林の復活にも貢献できる。

代表企業等の連絡先

代表者:
有限会社音田工務店
所在地:
鳥取県米子市米原8丁目10番39号
電話番号:
0859-34-7743
FAX番号:
0859-34-7752

認定日:2009年3月26日



このページの先頭へ