本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[鳥取県] [2008年度 第1回認定]
日本海からの贈り物「ベニズワイガ二」中規格サイズ品を活用した大衆向け商品の開発とその販路拡大

連携体 中小企業者:(株)門永水産 (製造業)
農林漁業者:漁徳水産(有) (漁業)
連携参加者:
サポート機関等 (財)鳥取県産業振興機構、地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

境港のベニズワイガ二は水揚高日本一を誇るが、地元では加工原料としてのイメージが強く、ズワイガ二(松葉ガニ)と比べて、食材として扱われる事が圧倒的に少ない。その中でも特に価格が安い中規格サイズ品の付加価値を高める事が加工・水産両事業社にとって大きな課題であった。本事業ではカニ加工会社の(株)門永水産と、ベニズワイガ二漁業者の漁徳水産(有)が連携して商品開発・販路の拡大を進める事によりベニズワイガ二特に中規格サイズ品の付加価値の向上を目指す。


新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

カニ鍋料理の代名詞ズワイガ二(松葉ガニ)に対してベニズワイガ二は筋肉中の水分含有率が高いのと、筋肉を構成する筋繊維が細いのが特徴であり、深海性の海老類と同様甘味が強い。
 筋肉が粗く太いズワイガ二のボリューム感には及ばないものの、みずみずしさと甘味においてはべ二ズワイガ二が勝る。そして、決定的に違うのが価格であり、ズワイガ二のグラム単価約半分の価格でしゃぶしゃぶ等「カニ鍋」料理を家庭で日常的にたっぷり味わうことができる。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 従来の業務用途から一般家庭向け食材としての新たな販路提案による、知名度向上
  • 既存の「ズワイガニ」に並ぶブランド確立による、漁業関係者の経営力向上

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社門永水産
所在地:
鳥取県境港市昭和町12-27
電話番号:
0859-44-3011
FAX番号:
0859-42-6778

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ