本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[東京都] [2009年度 第2回認定]
新品種大豆を利用した生てんぺ(特定乳酸菌を含む)の開発とテンペ加工品 の開発・販売

テンペ菌と乳酸菌とのダブル醗酵により食味を改良し付加価値の高い商品の提供を行う。

連携体

農林漁業者 佐藤農園(農業)

テンペに適した大豆の品種を播種し併せて土壌改良を行う。これにより収穫時の裂莢による収穫ロスの改善と病害抵抗性の向上による農薬の使用量低減化を図る。買い手との共同開発による安定経営を実現させる。
中小企業者 (株)登喜和食品(食料品製造業)

ダブル醗酵技術による新たな「生てんぺ」の開発とテンペクッキーバー、テンペスムージーなど加工食品の製造、販売を行う。
連携参加者 (株)ポランオーガニックフーズデリバリ(無店舗小売業)

農産加工品に対する商品管理技術や消費者に対する宅配ネットワークのノウハウを提供する。
サポート機関等 多摩信用金庫、地域活性化支援事務局

連携の経緯

(株)登喜和食品で理想の納豆原料となる大豆を探していた際に、大豆の畑作生産にて高品質大豆を提供する佐藤農園と出会う。今回の乳酸菌生テンペの開発においても新品種への取組み、土壌改良など協働するに当たり理想の大豆供給者として継続し連携した。

連携に当たっての課題や工夫

課題は最終製品のテンペクッキーバー、テンペスムージーの市場ニーズに応じた大豆生産量をどれだけ確保できるかにある。取組みとして佐藤農園が勉強会や説明会等により近隣農家への生産技術の水平的な普及を行い生産量を確保することにより、機会損失を極力排除し、事業拡大を図る。


連携による効果

農林漁業者 3年で300万円の売上高増加、新品種による収穫ロスの低減

新品種の大豆による生産効率の向上、土壌改良による有機循環型農業モデルの構築に貢献することが期待される。
中小企業者 3年で3,000万円の売上高増加、菓子市場開拓による顧客層の拡大

新商品開発による新たな市場の開拓、技術開発による企業のコアの確立が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社登喜和食品
所在地:
東京都府中市白糸台1-66-1
電話番号:
042-361-3171
FAX番号:
042-361-3481

認定日:2009年11月20日



このページの先頭へ