本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[東京都] [2009年度 第1回認定]
複層林を育てる産地直送「総ひのき木造住宅」販売システム開発

間伐B・C材、葉、皮を住宅用資材に開発、「総ひのき住宅は高い」を払拭して売上拡大!

連携体

農林漁業者 加子母森林組合(協同組合)

間伐B材C材、枝葉の住宅使用材を開発することで、歩留まり向上を実現。外材や集成材よりずっと安く住宅材に使用できることを実証。ひのきを売って儲けるということではなく、森を守り育てていくための“複層林整備”を推進する。
中小企業者 (株)丸二(建設業)

住宅アカデミーによる「森林ツアー」を企画。間伐、製材、プレカット、現場直送・施工、引渡し検査、アフターサービスを実施。第2のふるさととなりうる、山村交流等により、循環型の販売システムを構築、付加価値向上を目指す。
連携参加者 名古屋大学、岐阜県森林文化アカデミー、かしもひのき建築協同組合(協同組合)、(株)オルタナ(印刷関連業)、今泉建築設計事務所、(株)クレア、(株)新、(株)オークジャパン(以上、技術サービス業)
サポート機関等 地域活性化支援事務局、多摩信用金庫

連携の経緯

RC(鉄筋コンクリート)から、セミナー・コミュニティづくりのノウハウを活かして木造住宅進出をする(株)丸二が、商品開発型増益を求めていた加子母森林組合の「まるごと総ひのき」開発で、連携新事業を開始。

連携に当たっての課題や工夫

他社との優位性をいかに市場に告知するかが課題。従来の背広営業マン豪華なパンフレット展示場を廃し教育されたリフォーム現場員と、会員化手法を営業の強みとする。加子母の資産、ふるさとの良さを訴求、新メディア開発、フォーラムも積極的に。価格透明性も実証。


連携による効果

農林漁業者 売上高:0円(平成20年) →1,500万円(平成23年目標)

◆間伐材1本500円を800円以上に
◆複層林整備に森林技術職員5名増
◆全国産直住宅のビジネスモデル確立
中小企業者 売上高:0円(平成20年) → 17,000万円(平成23年目標)

◆新規事業・新ブランド「総ひのき健康住宅」の確立
◆森林ツアー・山村交流実施
◆低炭素社会づくりに貢献

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社丸二
所在地:
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-35-1
電話番号:
0422-21-3211
FAX番号:
0422-22-6611

認定日:2009年6月29日



このページの先頭へ