本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[東京都] [2008年度 第3回認定]
パセリ、レタス、ハーブ等の無農薬・周年栽培および量販店での売場創りと販売

連携体 中小企業者:(株)創風土(野菜卸売業)
農林漁業者:(有)矢澤園芸(野菜作農業)
連携参加者:川合肥料(株)(肥料・飼料卸売業)、出光興産(株)(化学工業)、食品研究所、(株)消費経済研究所、日本大学生物資源科学部食品生命学科、日本生態系農業協会JEFA
サポート機関等 地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

(株)創風土代表の前職が大葉無農薬栽培の企画会社であり、その実践生産者が(有)矢澤園芸であった。両者は互いに協力し、大葉に関して優れた無農薬栽培農法を確立し、商品として出荷するまでに至った。一方、大葉無農薬栽培の技術・ノウハウは、大葉以外の多くの野菜に対して適用可能な農法・技術であるため、大葉以外の野菜に対してもその農法を拡大適用することを目指し、ダイエーOB人脈((株)創風土会長)の支援を受け販路開拓が実現することとなった。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

農薬を使わずに栽培した・安心で味・香りの良い日持ちする高付加価値作物を消費者に提供する。無農薬栽培が困難と言われる作物を無農薬にて周年で栽培することにほかの栽培商品との差別化があり、昨今の嫌農薬志向の強い消費者に対して非常に強い訴求力を有している。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高:6.5億円(平成24年度)
  • 付加価値の高い青果物生産者への販路提供
  • 拡大再生産可能な農業ビジネスモデル
  • 若い人の農業参入促進

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社創風土
所在地:
東京都中央区築地2-10-6BPSスクウェア10F
電話番号:
050-8882-3490
FAX番号:
03-3547-6455

認定日:2009年3月19日



このページの先頭へ