本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[東京都] [2008年度 第2回認定]
新規性の桑「創輝」の育成及び商品開発と販売

連携体 中小企業者:創輝(株)(茶類卸売業)
農林漁業者:谷津農園(農業)
連携参加者:学校法人創価大学、ユメックスGL(株)、(株)山田園、(株)富士フーズ、(株)サニーフーズ
サポート機関等 多摩信用金庫、地域活性化支援事務局

事業概要

従来品種との比較(左が創輝)

従来品種との比較(左が創輝)

連携の経緯

谷津農園では、創価大学の協力のもとに新品種の桑「創輝」開発に成功し、八王子市の特産品として商品化の機会を模索していた。八王子市で優れたお茶加工の知識・経験などを持つ創輝株式会社は、自社のノウハウを活かせる谷津農園と連携体を組むことで、八王子市を中心とした栽培・刈り取りから販売迄の一気通貫の仕組みづくりを行い、桑茶をはじめとして付加価値の高い新商品を開発することが可能となった。


桑茶試作品

桑茶試作品

新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

桑茶商品だけでなく、抹茶に近い特徴と甘味・旨味を活かして健康弁当セット用桑パウダー茶や大学生協中心の桑紙パック茶、食品配合用等の商品開発を進め、従来以外の新市場でも桑需要を創出する。また、桑商品市場(60億)は少しずつ増加傾向にあり、「創輝」は臭みが少なく、甘味・旨味が強いなど既存品種と異なる優位性を持つことから「美味しくて健康的な桑食材」としての差別化が期待できる。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品の売上高・・・約1.5億円(平成24年度)
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数・・・5名(平成24年度連携体全体)
  • 桑生産農家の復活から八王子特産品開発販売までの一気通貫による地域活性化

代表企業等の連絡先

代表者:
創輝株式会社
所在地:
東京都八王子市石川町2956-6
電話番号:
042-631-9111
FAX番号:
042-631-9110

認定日:2008年12月16日



このページの先頭へ