本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[東京都] [2008年度 第1回認定]
錦鯉用証明書発行システムの開発販売と新潟県産錦鯉の販路拡充

連携体 中小企業者:(株)ナバ(ITシステム設計・開発)
農林漁業者:丸重養鯉場(養鯉業)
連携参加者:国際錦鯉普及センター、全日本錦鯉振興会、(株)シマノ科研、日本コンピュータ・ダイナミクス(株)
サポート機関等 地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

新潟産錦鯉は約200年に渡り、中越地方の鯉師(錦鯉生産者)の手によって産出されてきた。日本を代表する輸出産品としてその約7割が世界20ヶ国以上に輸出されている。
 一方、2004年10月に発生した中越地震によって最も大きな被害を受けた産業である。その間、国内外の他地域における養鯉業者に対する原産地としてのブランド構築作業が立ち遅れた。養鯉産業振興のため、本事業によるシステムが不可欠である。そのため、世界に通じるブランド構築に必要な養鯉技術をもつ丸重養鯉場と(株)ナバの連携体が構築された。

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

広く国内外の愛鯉家および鯉ディーラーに対して新潟産錦鯉の証明書の形で生産者自身が必要に応じて誰でも簡単に発行できるシステムを開発するものである。これにより原産地証明、生産者証明等錦鯉個体の品質証明を行うことで、他地域産の錦鯉との差別化を図り、国際的ブランドを構築する。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 山古志及び周辺地域の経済活性化
  • システムの売上見込…4,800万円(平成22年10月期)
  • 養鯉技術向上、技術承継等による雇用維持・促進
  • 錦鯉流通の適正化による関係機関の経営改善
  • 新潟産錦鯉の世界最高ブランドへの確立

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社ナバ
所在地:
東京都品川区西五反田4-32-1
電話番号:
03-5435-5240
FAX番号:
03-5435-5244

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ