本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[東京都] [2008年度 第1回認定]
簡易測定可能な豚肉脂質測定装置の開発と同装置の活用による「黄金豚」の開発・販売

連携体 中小企業者:(株)相馬光学(分析機器製造業)
農林漁業者:神明畜産(株)(養豚業)
連携参加者:宮崎大学農学部教授 入江正和
サポート機関等 西武信用金庫、(社)首都圏産業活性化協会、地域活性化支援事務局

事業概要

豚肉脂質測定装置プロトタイプ機

豚肉脂質測定装置プロトタイプ機

連携の経緯

(株)相馬光学は、過去7年間、宮崎大学入江教授の指導のもとに、食肉の脂質測定に関しての研究を踏まえて、脂肪酸(主にオレイン酸)を容易に測定できるプロトタイプ機を製作した。この測定装置の商品化に向け、使用者の視点から技術開発に協力してもらえる事業者を求めていた。一方、神明畜産(株)は、豚肉のブランド化による差別化を進める上で、定量的な指標を示すことが必須だと感じていた。


神明牧場

神明牧場

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

現状の理化学評価方法で困難な、豚肉脂質の簡易・非破壊・迅速測定が可能な近赤外分光による測定装置の開発・販売、及び、神明畜産(株)の現製品であるブランド豚(=黄金豚)を、本装置(光センサー)にて測定してオレイン酸等の脂肪酸組成値により選別した豚肉を「光黄金豚」として販売を行う。
 市場に対し、科学的根拠による「おいしさの指標・オレイン酸」にて選別することで、より高い需要が見込まれる。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 豚肉脂質測定装置の売上高・・・2億円
  • 本連携に伴う新規雇用創出者数・・・65名(連携体全体)
  • 新指標による豚肉ブランド化の確立
  • 新指標の定着による食への関心度の向上

代表企業等の連絡先

代表者:
株式会社相馬光学
所在地:
東京都西多摩郡日の出町平井23-6
電話番号:
042-597-3256
FAX番号:
042-597-3208

認定日:2008年9月19日



このページの先頭へ