本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[徳島県] [2009年度 第2回認定]
徳島県佐那河内村産の農産物を活用した和菓子加工商品の開発・製造・ 販売

徳島県産鱧を用いて解凍後も作りたてと変わらない食感の鱧冷凍加工商品の開発と販路開拓を行う。

連携体

農林漁業者 小谷洋二(農業)

キチン・キトサン農法※とできるだけ農薬や化学肥料を使わない農法により付加価値を付けた農産物を提供する。
※キチン質(甲殻類の外骨格の主成分)を土中に加えることで、作物の抵抗力を高め肥料や農薬の使用を抑制できる農法
中小企業者 (株)岡萬商店(食料品製造業)

大量生産、工場生産では対応できない原材料にこだわった和菓子の商品開発を行う。
サポート機関等 地域活性化支援事務局・徳島県中小企業団体中央会

連携の経緯

市場に対してより競争力の高い商品の開発を検討していた(株)岡萬商店は、以前から取引のあったキチン・キトサン農法による農産物を販売していた小谷洋二と共にソラマメを使用した「お多福饅頭」の試作品を開発。平成21年7月に実施した首都圏でのモニタリング調査で高評価を得たことから、連携して新たな和菓子加工商品の開発等に取り組むこととなった。

連携に当たっての課題や工夫

消費者の多様化するニーズと食に対する安全意識の高まりに対応するため、小谷洋二はキチン・キトサン農法を拡大し農産物を生産する。(株)岡萬商店は、素材の酸化を防ぐ独自の加工技術を用いることにより、風味を活かしたこだわりの安全な和菓子を開発・製造する。また、両者が協力して商品に産地のイメージを紹介することで、付加価値向上を図りながら、県内と首都圏・関西圏の百貨店に販路開拓する。


連携による効果

農林漁業者 4年で450万円の売上高増加、地域情報発信による付加価値向上

キチン・キトサン農法の作付規模拡大により、自らの農業経営の改善と、地域情報の発信による付加価値向上を目指す。
中小企業者 4年で1,000万円の売上高増加、収益性の改善

大量生産では対応できない「こだわり」のある和菓子商品の販売により、売上の増加と収益性の改善が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社岡萬商店
所在地:
徳島県名西郡石井町石井444-2
電話番号:
088-674-0038
FAX番号:
088-674-7828

認定日:2010年1月 8日



このページの先頭へ