本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[栃木県] [2008年度 第2回認定]
粘弾性を最大限に引き出す農法と製粉の工夫による「もちもち感」のある小麦粉の製造販売

連携体 中小企業者:笠原産業(株)(小麦粉製造)
農林漁業者:早乙女正司、渡辺正行(農業)
連携参加者:JA下野、麦わらぼうしの会
サポート機関等 (財)栃木県農業振興公社、(財)栃木県産業振興センター、地域活性化支援事務局

事業概要

もちもち感のある小麦粉の製造

連携の経緯

笠原産業(株)は2次加工業者や消費者から、生産者の顔が見える(生産履歴)高付加価値(粘弾性等)の商品(小麦粉)開発と、安心・安全素材の提供を希求されていることから、早乙女・渡辺の両生産農家と生産連携することで、安心・安全な高品位の製品を供給できる体制を計画。さらにトレーサビリティを2次加工品(麺類:生産委託)にまでマネジメントすることで、食への不信や不安を払拭できる連携体事業に取り組むこととなった。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

でんぷん量を増やすことで粘弾性のある小麦粉を得るべく、施肥量調整や麦踏みの工夫等をこらして生産した小麦を原材料とし、製粉技術に改良を加えて、麺類素材として最適・最高の『もちもち感』のある高品位の麺用小麦粉を製造する。しかも当該商品は、これまで困難とされてきた小麦の生産履歴を明確に把握できるシステムを構築し、食の安心安全を求める多くの顧客に提供する(小麦市場初のトレーサビリティの確立)。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品売上高9000万円を目標(平成24年度)
  • 小麦農家のブランド化
  • 栃木県小麦生産へのモチベーションアップ
  • 小麦市場へのトレーサビリティシステムの確立
  • 国産小麦市場の活性化

代表企業等の連絡先

代表者:
笠原産業株式会社
所在地:
栃木県足利市福居町819
電話番号:
0284-71-3181
FAX番号:
0284-72-5641

認定日:2008年12月16日



このページの先頭へ