本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[静岡県] [2011年度 第3回認定]
食品循環資源を活用したオーダーメイド飼料の開発と普及

静岡県内で排出される食品残さを使用したオーダーメイドの混合飼料を開発し、養豚に使用することで普及させていく。

連携体

農林漁業者 (有)ピンクストックマン(農業)

当開発飼料を使い抗生剤等の薬剤を極力使用しない安心・安全で、脂身の旨みを特徴とした高品質の豚肉を普及する。
中小企業者 (株)ゲネシス(廃棄物処理業)

静岡県内の食品業者から回収した茶殻、三方原のじゃがいも、えび芋等の食品残さを乾燥し飼料化するとともに、その飼料を原料とした、安価で栄養価の整った混合飼料を開発する。
連携参加者 三倉飼料畜産(株)(その他の卸売業)

混合飼料の情報、配合ノウハウを提供するとともに、製造面での技術指導を行っていく。
サポート機関等 静岡銀行、富士市産業支援センター、吉田町商工会、静岡県商工会連合会、(独)中小機構関東

連携の経緯

食品残さ飼料の高付加価値化と販路拡大を目指し、自社で新たな混合飼料の開発に取り組む連携先を探していた(株)ゲネシスと、養豚業を営み、飼料代の低減と豚肉の高付加価値化を狙っていた(有)ピンクストックマンの思惑が合致し、連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

(株)ゲネシスは茶殻、三方原じゃがいもなど静岡県の特産品で、ビタミンCやでんぷんなどの栄養素が豊富な食品残さを原料とした栄養バランスの高い混合飼料を開発する。(有)ピンクストックマンは健康的で美味しい豚を飼育するための飼料のベストミックスを研究し、給仕や飼養方法を確立していく。メーカーの配合飼料よりも低価格な飼料を使用し、他の銘柄豚よりも低価格かつ健康的な豚肉を提供する。


連携による効果

農林漁業者 4年で8,712万円の売上、収益性の改善

飼料・薬品代の軽減と豚肉の高付加価値化により、採算面の改善が図られ、農業者の経営安定に寄与する。
中小企業者 4年で7,900万円の売上高増加、新たな収益源の確保

養豚に適した栄養バランスの高い混合飼料を開発することで、食品残さ飼料の地位を確立し、安定的な販売が可能となる。

代表企業等の連絡先

企業等名:
株式会社ゲネシス
所在地:
静岡県榛原郡吉田町大幡2022-2
電話番号:
0548-28-7850
FAX番号:
0538-38-3194

認定日:2012年2月 3日



このページの先頭へ