本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[静岡県] [2010年度 第3回認定]
低臭化にんにくを使ったシリアルバー等のアスリート向け栄養調整食品の開 発、販売

青森県産にんにくを用い、スタミナ補給の機能性食品としてアスリート向けシリアルバーの開発と販路拡大を行う。

連携体

農林漁業者 (有)柏崎青果(農業)

規格外品のにんにくを新たなカット・乾燥技術で一次加工し、本商品に適した形状のにんにくを安定的に提供する。
中小企業者 齋藤食品工業(株)(食料品製造業)

低臭化技術を向上させ、スタミナ補給ができる機能性食品としてのシリアルバーを開発、全国のアスリート層などに販路拡大する。
サポート機関等 富士市産業支援センター、静岡県商工会連合会、静岡銀行、(独)中小機構関東

連携の経緯

一般食品としてにんにくを普及させていくため、にんにくの低臭化技術の向上と機能性食品開発を図る中で、一次加工(乾燥及びスライス)設備及び技術を有する調達先を探していた齋藤食品工業(株)と、年によっては生産量の1/3に上る規格外品の有効活用や安定供給先を求めていた(有)柏崎青果の意向が合致し、連携に至った。

連携に当たっての課題や工夫

効成分を保持することが求められる。そのためには、その前提となる一次加工が重要であり、(有)柏崎青果は本開発品に最適な材料を供給するため、齋藤食品工業(株)が求める加工要求レベルを満たすスライス、乾燥等の加工を行う。齋藤食品工業(株)は従来の研究成果とスポーツ栄養士の協力を得て機能性食品を開発し、収益性の高い新事業分野に参入する。


連携による効果

農林漁業者 4年で1,640万円の売上高増加、規格外品の有効利用

規格外品の有効利用による農業経営の安定と、新商品による販路拡大・売上の増加に貢献すると期待される。
中小企業者 4年で4,000万円の売上高増加、新事業分野への参入

スタミナ補給目的の機能性食品を開発することで、売上の増加と新事業分野への参入が期待される。

代表企業等の連絡先

企業等名:
齋藤食品工業株式会社
所在地:
静岡県富士市五貫島155-1
電話番号:
0545-61-1139
FAX番号:
0545-61-5508

認定日:2011年2月 8日



このページの先頭へ