本文へジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 事業を広げる > 農商工連携パーク

農商工連携パーク

農商工連携認定計画

国の認定を受けた「農商工等連携事業計画」および「農商工等連携支援事業計画」の概要を都道府県別にご紹介します。

事業計画の検索

支援事業計画も合わせて検索する

[静岡県] [2008年度 第3回認定]
無農薬・無化学肥料米を特殊加工した99%玄米の生産及び新たな玄米酒の開発

連携体 中小企業者:川島米穀店(米穀類小売業)、関谷醸造(株)(清酒製造業)
農林漁業者:(株)農健(米作農業)
連携参加者:(有)浜名湖ファーム
サポート機関等 磐田信用金庫、静岡県商工会連合会、静岡県西部農林事務所、静岡県中遠農林事務所、地域活性化支援事務局

事業概要

連携の経緯

川島米穀店は、炊きやすくて食べやすい玄米を商品化する中で、付加価値を高めるため、取引先の稲作農家の(株)農健と原料の栽培を無農薬・無化学肥料化することについて協力、連携を開始した。
 川島米穀店は、当玄米の特殊加工が発酵にも有益であることに着目し、新商品を原料に玄米酒を開発するため親交のあった関谷醸造(株)に依頼し、賛同を得たので、連携を組むこととなった。


新商品または新役務の内容とその市場性・競争力

(株)農健は、川島米穀店の米ぬかと(有)浜名湖ファームのうずらの鶏糞で作った発酵堆肥を使用し無農薬・無化学肥料による米栽培を行い、安定した原料を供給する。
 川島米穀店は、特殊精米技術により、市販の炊飯器で美味しく炊くことができる玄米商品を開発する。
 関谷醸造(株)は、高品質な酒造りを主体にブランド化した醸造技術で、雑味のない玄米酒造りを実現。健康指向層や玄米や日本酒が苦手な層での市場開拓を行う。


連携体の構成と活用する経営資源

期待される地域経済への効果等

  • 新商品売上高:2,100万円(平成24年度)
  • 玄米商品「玄氣」のブランド確立
  • うるち米の用途拡大

代表企業等の連絡先

代表者:
川島米穀店
所在地:
静岡県浜松市天竜区二俣町二俣446
電話番号:
053-925-2057
FAX番号:
053-925-2085

認定日:2009年3月19日



このページの先頭へ